FC2ブログ
アクセスランキング

可憐な美人シングルマザーの母性本能をくすぐったらしい・・

可憐で綺麗なシングルマザーに僕は筆下ろししてもらいました。


同じ職場のパートさんで童貞な僕に優しくしてくれて、彼女がいたことがない、SEXもしたことがない、と話すと

私で良かったらエッチさせてあげようか?


と筆下ろししてくれる事になったんです。


しかし、その日はシンママなので子供がいるので遅くなれないというので会社の飲み会がある時、娘を両親に預けるので、その日に初体験させてくれるとのこと。


そして、初体験当日


会社の飲み会では酒と食事を控えめにして、美人なシングルマザーとホテルへいきました。


部屋に入ってからは暫くソファーに座って緊張している僕に美人シングルマザーがキスをしてきて


「おっぱい触って」

というのでぎこちない手つきでシンママの豊乳おっぱいを揉ませて頂きました!




暫くそんな風にキスしたりとイチャイチャしながらシンママの中途半端に服を脱がせていくと、ピンクの花柄の可愛いブラジャーがあらわれた。


若干緊張もとけた僕の方からシングルマザーを促してバスルームへ鏡を前にして後から抱きしめ、首筋に舌を這わせたりブラのホックを外して生の豊乳おっぱいを揉みました。


「このまま一緒に入りたい」

「えぇー恥ずかしい」

「えー入ろうよ」

と言いながら指先で両方の乳首をつまんで、刺激する。


「あっ」

とシンママが喘ぎ声を漏らす。


「ねぇ、一緒に入ろうよ」

とパンティーの上から、彼女の敏感な部分を撫でる。


お湯が溜まるまでの間、鏡の前で体を弄られる美人なシングルマザー


前布が指で押しのけられ、彼女の割れ目に到着


既に膣奥までヌルヌルになっていて、これがおまんこ大洪水なのかと興奮してくる。


この辺りで、一緒に入ることを承諾したシングルマザーと残りの服を脱ぎ始める。


薄明かりの中で見る全裸の彼女は肌も白く乳首はまだピンク色で、とても出産経験があるとは思えない。

綺麗でゴージャスな体だった。


それを見て更に興奮


お互いに石鹸が付いた体を擦ったり密着イチャイチャしまくる。


バスタブに入ってからは後から抱きかかえておまんこのポーズにしてみたり、体中をソフトにマッサージしてあげた。


ベッドに移ってから、再びキスから始まって全身を嘗め回した。


耳、首、脇の下、乳房、乳首、お腹、割れ目、

彼女が感じるポイントを探る。


ここでちょっとした事件がおきた。

コンドームをうまく被せられないのだ。


練習したときには出来たのに暗くて状況がわからない。


亀頭からカリを越えた辺りで進まなくなってしまう。


萎えそうになった所でシングルマザーが言った。


「そのままでいいよ」


この言葉に触発されて彼女の手を取って自分の生ペニスに誘導する。


彼女の指が、初めはぎこちなく、少しずつ大胆にペニスを擦る。


すぐに回復したので彼女を押し倒し膝の裏を抱えて足を開き、硬くなったペニスを彼女に押し付ける。


割れ目に少し亀頭が侵入すると彼女のヌルヌルで楽に入って生ハメ挿入。


初めは意識してゆっくりペニスを出し入れし、彼女の反応を観察する。


生で感じる彼女のおまんこはとても熱くペニスに纏わり付くような感じがして、とても気持ちがいい。


正常位で突きながら、耳元でささやく。


「和美の中、凄く熱いよ。気持ちいいよ」

「ばか!」

「和美、気持ちいい?」

突きながら聞く。


「アアッアン」

突かれながら答える。


行きそうになるのを我慢するため体を起こしてペニスが彼女の中に抜き差しする様子を眺める。


振幅を大きくしたり突然強く突いたりしてみる。


彼女が声を上げる。


「アンアンアンアン」


急に突くのをやめて、彼女の耳元でささやく。


「気持ちいい?上になってくれる」


快感で答える余裕が無い美人シングルマザーの背中に手を回し抱き上げ、自分の足をうまく逃がして人生初の騎乗位をする。


下から見上げる美人な彼女は凄くいやらしい目をしている。


初めは自分のクリトリスを擦り付けるようにグラインドしてきて、それから腰を上下ピストンされて気持ちよすぎる上下ピストンに魅了されながら下からおっぱいを揉みまくり


そして美人でエロいシンママを無性に抱きしめたくなり、体を寄せギュっと抱きしめる。


彼女は腰を動かしながら僕に乳首を差し出す。


彼女の動きにあわせて下からペニスを突き入れる。


和美の感じる顔が堪らない。


すると途中でペニスが抜けてしまった。

タイミングがずれたみたい。


彼女は上を向いて待っているペニスをやさしくつかんで自分の割れ目に誘導し、ゆっくり腰を落とす。


「あーー」と言いながら。


それにしても、初体験で生で入れていて良くこんなに入っていられるものだ。


俺って遅漏か


また途中で動きを止めて、彼女の中にペニスを入れたまま正常位にもどる。


今度は彼女に密着したまま激しく腰を動かして、ラストスパートをかける。


彼女にも僕の動きで伝わっているみたい。


「そろそろ行くよ。いい?」


「アアアアアン アン」


そのあとは、腰を動かすことだけに集中し、激しくピストンする。


「これで限界、行く」


と思った瞬間に、抜こうとしたけど勢い余って2回くらい突いてしまって、最後に抜くときに彼女のオマンコに精液が少し流れ出るのを感じる。


次の突きの動作のときに彼女のお腹をめがけて発射


ちょっと中出し暴発してしまったのをバレないように、終わったあとは、ティッシュを取って彼女のおまんこを拭いてあげた。


そしたら彼女は僕のペニスを口マンコでキレイにお掃除フェラしてくれた。


何で僕みたいな冴えない男に美人シングルマザーがこんなによくしてくれるんだろうと、ピロートークしながら聞くと、本当かどうかしらないが僕は母性本能をくすぐるタイプらしい。ほっとけないらしい。


今まで同年代にはめっきりモテなくて辛い人生だったけど、こんな美人なシングルマザーに筆下ろしされたので自分の人生に希望が持てるようになった初体験でした。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


初体験 | 【2018-06-17(Sun) 17:10:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*