FC2ブログ
アクセスランキング

部長の奥さんに寝込みを襲われて我慢できずに膣内射精

独身 童貞 寮暮らし

という典型的な技術職のサラリーマンで、一応技術主任という役職を頂いています。


勉強の事なら自信があるが女性の事となるとからきし駄目な私が、ようやく初体験できたんです。


あれは土曜日でした。


あと1時間で仕事が終わるので、実験・研究室を出て、事務所に戻りました。


すると、技術部長の上司が

「君、今夜何か予定あるか?」

と聞いてきました。


「いいえ、何もありません」

というと上司は

「じゃあ今夜、家に遊びに来いよ」

と誘われました。




寮に一人で帰ってもする事なんて大してないのでお邪魔させてもらう事にしたんです。


仕事が終わり部長の車で、部長のお宅へ着くと直ぐに、上司の奧さんが


「先にお風呂を済ませてね」

というので、そのまま入浴


奧さんは、AV女優の三浦恵理子さんに似た可愛いさとエロさを兼ね備える美熟女なんです。


胸は、Dカップくらいかな


その日は、職場の事務員S子とちょっともめ事があったので、S子の事を考えているうちにムラムラしてきたので、上司の家のお風呂場で、ちょっとシコシコしていると・・


「Y君、ここにパジャマ置いておくので着替えてね」


と部長の奧さんの明るい声


直ぐに浴室のそばのランドリーを出て行くと思ったら、何やらゴソゴソ物音がしていた。


私が浴室を出ると、今度は部長が入浴


その間、居間で奧さんと二人きり


出身地や、会社でのこと、彼女はいるの?等と話をしていたが、


突然「Y君、童貞?」と聞かれた私は恥ずかしくなり、下を向いたまま「そうです」と答えた。


「どのような女性が好みなの?」


「付き合ってる人はいませんが、事務所のS子さんとか、

あっあのう、奧さんもタイプです。スミマセン」


こんな時にスミマセンは、意味不明だけど


そんな話をしていたら、部長が風呂から上がってきたので、ビールを飲みながら夕食をご馳走になった。


この時、部長の奧さんは胸の部分が少し大きめに開いている服装で、もち肌な美肌で触りたくなる体つきをしているんです。


三人であれこれ話し合っていたが、私の目は時々奧さんの胸元に行っていたと思う。


食事も終わり、私は用意された客間へ。

奧さんは後片付けをしてから入浴するようだった。


客間には、私の服がきちんとたたんで置かれていた。


ビールの酔いもあって、間もなく眠りに着いた。


深夜、何か気持ちが良い感じがして、ふっと目覚めると、私のマラをいじられて逆夜這いされているんです。


エッ!何っ!と思い、布団をはねのけると部長の奧さんがいる。


思わず声が出そうになってしまった。


その時、奧さんが手で私の口を押さえ


「主人は酔って寝てるから。でも声は出さないで」


という。私はただうなずいた。


「遠くから此処へ来て一人で寂しいでしょ、今夜Y君を筆下ろしして男にしてあげるわね」


と言うと、私の股間をまさぐって来た。


ああ、気持ちいいと思うと同時に、我がムスコもムクムク。


「大きくなったわね」


と言うと、痴女な部長の奧さんは、いきなりパクリとチンシャブしてきた。


他人にマラをいじられるのも、咥えられのも生まれて初めて。


「奧さん、そこ汚い所ですよ」

「いいのよ、このままでいいの」


そして唾液を少し垂らすと、マラをしごきだした。


マラは前にも増して、硬く大きくなった。


また口に咥えて、ジュボジュボ・ズルズルというエロい音を立てながらシャブリ続け、マラの先を舌で刺激したり、深く呑み込んだりしながら金玉袋もいじり回す。


初めてのフェラ


気持ち良すぎる。もう私のモノはカチカチ


「そろそろ良いわね。大人の女を教えてあげる」


と言うなり上に跨がり、マラを掴んで、ヌルッという感触と共に奧さんの中へ


私は小声で


「あっ、凄い。奧さんの中、凄く熱い、気持ちいい」


この世のものとは思えぬ気持ちよさに、思わず発射しそうになった。


部長の奧さんはそれを察知したのか


「まだまだ我慢するのよ」

と言いながら、今度は腰を動かしてくる。


私は眼を閉じたまま、必死に我慢していたが強力な射精感が襲ってくる。


「奧さんっ!ダメです。もう無理、ダメです」と言うと、ますます腰を激しく動かしてくる。


「ああ~良いわ、良いわよ

我慢出来なくなったら、このまま出して」


というので、奧さんの腰を手で掴み下から突き上げ


「出ます出ますっ!奥さんっ出ますっ!」


と思わず膣内射精して淫乱な上司の奥さんと寝取りエッチしてしまった。


奧さんも体をブルッと震わせ私の上に倒れ込んできた。


「奧さん、避妊してないけど、良いんですか?」


「今夜は大丈夫よ。安心して」


しばらくそのまま重なり合ったままの状態だった。


翌朝、何事も無かったかのように朝食。


私は奧さんが眩しく見え、まともに顔を合わせられなかったし


もちろん奥さんから襲われたとはいえ・・


寝取ってしまい・・


部長の顔をまっすぐ見ることが出来なかった。


その後、部長に送られて独身寮へ帰り、また部長の家に招待されたい・・


と思いつつ私の初体験は終わったんです。

[体験告白][人妻][筆おろし][初体験][フェラチオ][生ハメ][中出し][セックス]

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



【関連動画】

プラチナ級 素人清楚妻による一生思い出に残り続ける優しい童貞筆おろし 2
人妻
「おばさんが何回でも勃たせてあげる!!」素人熟女妻たちによる童貞筆下し3 ALL2連続生中出し 4組完全収録!
人妻

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2018-06-13(Wed) 12:19:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*