FC2ブログ
アクセスランキング

満喫で声を殺してしたエッチに大興奮!

コンパで知り合った子と、デートすることになったときのエッチな経験。

24歳のお洒落ブランドのアパレル販売員。

どちらも恋人もいなかったし、なんかタイミングが合ったような感じで、下心もあまり無かったのに新宿で待ち合わせして、軽くカフェにてラテとデザートを。

急に決まったので、どこ行こうって話になって、漫画が好きってことで漫画喫茶に。

デートで漫画喫茶ってあまり経験なかったけど。

フラットのカップルシート。

最初は普通にお互い本を読んでて、寒くなってきて毛布を借りてこようって。

なんか小さい毛布に一緒に入ることに。

なんかよからぬ想像が止まらなくなってくる。

本に集中できず、また下半身が大きくなってくる。

バレると恥ずかしいってことで体勢を変えてみたら、彼女の手に当たってしまって微妙な空気。

仰向けに寝てると、違和感あるところが膨らんでるしw




彼女が、「ごめんね」って。

「俺が悪いから」って小声で。

彼女の鼓動が伝わってくる。

無言でキス。

彼女のほうから舌を絡ませてくる。

舌を吸い込むようなディープ。

止まらなくなって、胸を服の上から触る。

意外と大きい。

ブラを外して、服に手を突っ込むと乳首が固くなっている。

余った手で、俺の下半身に彼女の手を持っていくと、ズボンの上から触り始める。

やさしい触り方で玉のほうまで触ってくる。

俺の下半身もパンパンに。

体勢を変える音さえも聞こえるような中で、俺も相手も声を出せないけど、彼女の息遣いは激しくなってきている。

彼女の手が、俺のパンツの中に入ってきて、先から出ている汁で先を優しく撫でる。

ホントにヤバい。

お返しに、俺もレギンスを脱がす。

毛布の中がエッチな匂いで充満する。

隣の人にも匂うのかなって考えたり。

下着を脱がさずに、彼女の下半身を触る。

秘部を避けて、お尻や太ももを優しく。

彼女の腰が動くたびに、マットが軋み、俺のを触っている動きが激しくなる。

下着を脱がさずに、下着の隙間から秘部に触れるとお尻まで垂れるように濡れている。

声を必死でこらえているのが可愛い。

指の挿入をせずに、クリと入り口をホントにゆっくりと撫で回す。

彼女の必死で声をこらえている。

いつの間にか、俺のを触っている手も止まっている。

ズボンをずらすと、薄明かりのなかでも、俺も汁が出まくっているのがわかる。

彼女の口に俺の下半身をもっていく。

先をペロペロして、一気に奥まで咥える。

奥に入れた状態で、裏を舐めてくるのでヤバい・・・。

それでも俺は指を入れずに、秘部の周囲を執拗に愛撫。

我慢できなくなってきて、彼女を四つん這いにしてミニスカートを捲り、パンツをずらして挿入。

俺の下半身の先が触れるだけで、ビクンと動く彼女。

毛布を口に当てて、声が漏れないようにしている。

ゆ~っくり挿入して、奥まで入れてグリグリする・・・。

「ん!!!!」

中がヒクヒクしている。

それだけでイってしまったみたい。

俺もイキそうなので、動かずに待つ。

そして音が出ないように、ゆっくりとピストン。

カリが引っ掛かるように。

座位で再度挿入し、スライドするように動かすと汁が溢れてくる。

座位はキスしながら、胸も触れて密着できるからいい。

最後に正常位で足を上げて、奥まで動かしてるとさすがに我慢の絶頂。

発射できないので、最後はお口でフィニッシュ。

最後のフェラしてもらってからイクまでホント1分くらいだったかも。

おしぼりに出してたけど、すんごい大量。

気づけば、どっちも汗だく。

ちょっと休んで、漫画喫茶を出ました。

あとから聞くと、エッチしたのはまだ一人としかなかったらしい。

しかも家で電気消してじゃないとしたことなかったとか・・・。

濡れやすいのは、元々らしかったのですがw

そして、イッたのは初めてとwww

緊張やらなんやらで、俺も凄く興奮しちゃいました。

そのまま、ウチに移動して2回戦で精一杯声出してヤリましたが。

しかも声が大きかったから、よっぽど我慢してたのかな??

あれから漫画喫茶に行くたびに思い出してしまうw

[体験告白][漫喫][アパレル販売員][セックス][絶頂][口内射精]

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2018-06-05(Tue) 17:10:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*