FC2ブログ
アクセスランキング

舌出しアクメ顔をする同じ団地の淫乱人妻に誘惑されて・・

一戸建てを購入する前、私達家族は集合団地に住んでいました。


丁度息子と同い年ぐらいの子供が同じ団地に住んでいて、すぐに家族ぐるみで仲良しになりました。


それで息子の友達のお母さんはアケミさんといって、三十路のスレンダーな人妻でした。


アケミさんの旦那さんは土日も仕事らしく、

私、妻、息子 そしてアケミさん、アケミさんの息子の5人で休日にお出かけしたり、お昼ご飯を食べに行っていたんですが、妻がトイレに行った時などアケミさんは私の事をチラチラと上目遣いで見つめてきて、まるで誘うような目つきをしてくるのが前から気になっていました。


押せば簡単にヤらせてくれそうなご近所の奥さん。


でも妻とも息子とも仲良しの奥さんであり、団地内不倫して、バレたら修羅場になる・・・


と私はそのいやらしい視線に気づかないようにしていたんです。


AVや官能小説だと団地妻って定番の設定ですが、現実世界でも団地内で人妻や旦那さんの不倫って珍しくないんですね。




少なくとも私が団地に住んでいた時は、数件そのような事をしている人がいて、トラブルになっているのを人伝に聞いた事があります。


だから、アケミさんに色目を使われて浮かれるってよりもヤバイって思いの方が強くて、この奥さんは危険だと警戒していまいた。


しかし、結局、人妻の色香に惑わされて不倫してしまった訳なんですけどね・・・・



あれは息子が小2の時の夏休みでした。


毎年田舎の実家に帰るのが恒例で、その年も息子と妻だけがお盆前に一足先に田舎の実家に遊びに行ったんです。


私は会社がお盆休みになったら合流する事になっていました。


もちろんその事を妻と仲が良いアケミさんは知っていて、妻と息子が実家に帰った翌日の土曜日でした。


久しぶりに一人の時間を味わえると冷房が効いた涼しい部屋で10時過ぎまで寝ていてました。


それでお腹が空いてご飯でも作ろうかと起き上がると玄関のチャイムが鳴りました。


誰かな?


と玄関に出るとワンピース姿のアケミさんが立っていました。


そして、アケミさんは


「今日からいないんでしょ?

ちゃんとご飯食べないと夏バテしちゃうわよ

私が何か作ってあげるから」


とまるで自分の家のようにズカズカと入ってくるんです。


「えっ・・・・でも・・あれ?アキラ君は?」


「アキラなら児〇館に遊びに行ってるから心配しないで」


と行ってキッチンに立つアケミさん。


無下に断るのも失礼だし、でも絶対このシチュエーションはヤバイって思いつつも、アケミさんがキッチンに立ってさっそく料理をしている後ろ姿に、私は勃起してしまった・・・


寝間着のような薄い生地のワンピースなようで、黒いショーツが思いっきり透けていたのだ。


時折、腰を屈めてお尻を突き出すような格好になり、ヒップラインがクッキリと浮かびあがっている。


透けたショーツ、そしてエロいヒップラインに、私は今にもお尻に顔うずめたくなりましたが必死に我慢しました。


でもペニスはギンギンに勃起していて

それをアケミさんにさとられないように椅子に座って待っていました。


アケミさんはサラダと目玉焼きとパンを用意してくれて、まるで夫婦のように向かいあって朝食を食べました。


「何かお世話になっちゃってすいません」


「いいんですよ、私の方こそいつもお世話になってるんだから

お休みの日とかうちの旦那いなくて力仕事とか全部任せちゃってるんだから」


「まぁ旦那さんも仕事ですからね、しょうがないですよ」


世間話をしながら朝食を食べ終えてコーヒーを飲んでまったりとしていると、アケミさんがじっと目を見つめてくる。


「羨ましいわ~私もユウジ(私)さんみたいな旦那さん欲しかったなぁ~」


と言ってくる。


「いやー自分なんか、そんなにイイもんじゃないですよ」


「だって土日ちゃんと休みだし、子供とも遊んでくれるし

素敵なパパさんじゃない。

カヨ(妻)さんが羨ましいわぁ~」


と上目遣いで見つめてきて


「ねぇ?ユウジさん?」

と甘えるような声を出しながら自分でワンピースを肩からずらして、あっという間に上半身下着姿になってしまった。


「あっアケミさん・・・」


「いや?私じゃ嫌?」


って猫のような目つきをしながら立ち上がり、ワンピースを完全に脱いで上下黒の下着姿になり、私の方ににじりよってくる。


「ユウジさん・・・ダメ?

私・・・ユウジさんの事好きになっちゃったかも・・・」


と座っている私の上に、対面座位するように跨りキスしてくる。


「アッアケミさん、ヤバイって・・」


「大丈夫・・絶対内緒にするからね?

ユウジさんだってこんなに大きくなってるじゃない」


って勃起したペニスを味わうように尻コキしてくるスケベな人妻のアケミさん。


ここまでされたら男として抵抗する事も出来ず、激しき唾液交換キスをしてしまいました。


アケミさんは物凄く舌が長くて、触手のように口の中を撫で回してくる。


私はアケミさんの背中に手を回してブラジャーを取ると、Cカップぐらいの美巨乳おっぱいがあらわれる。


そして乳房を揉み、乳首をコリコリってつまむとアケミさんは耳元で


「あっあっユウジさ~ん 

気持ちいぃ~」


って喘ぎながら耳舐めしてくる。


私は耳舐められるのが弱くて


「アッアッ」


って男のくせに喘ぎ声を漏らしてしまうと


「ここ弱いんだー可愛いユウジさん」


って長い舌で耳舐めしながらTシャツに手を入れて乳首を触ってくる小悪魔な痴女人妻


ヤバイぐらい気持ち良いW責めでチンコはフル勃起。


お互い激しく愛撫しあい、さっきまで寝ていた布団に転がりこみ、私も全裸になって69で性器を舐めあう。


薄い綺麗な陰毛をかきわけてビラビラを広げて勃起クリトリスを舐めると


「あっうっいやぁん」


と悶えながらも私のチンポをしゃぶり、丁寧にフェラチオしてくる淫乱人妻


「もう欲しい、我慢できない

ユウジさんの入れて・・お願いぃい」


とアヘ顔になっているアケミさんを仰向けに寝かせて正常位で挿入して

ついに団地内不倫SEXをしてしまった。


アケミさんはイキやすい体質らしく軽くピストンするだけで


「あっあっイク イク イッチャウぅうう」


と痙攣絶頂して、誰に教え込まれたがわからいけど、イク時に長い舌を出して超エロいアクメ顔になっている。


「凄いエロい顔だよ

アケミさん、凄くエロくて可愛いよぉー」


「嬉しいわぁ~あぁ~好き

ユウジさん好きよぉ~」


「アケミさんもっともっと舌出してー」


と舌出しアクメ顔をもっと見たくていうと

アケミさんは目をとろんとさせながらベロを突き出しながら痙攣しまくっている。


そのベロ出しアクメ顔に超萌えてしまい、私はアケミさんを抱きしめキスをしながら激しくピストンしてイきました。


射精する瞬間に膣から抜いてお腹に射精したんです。


とうとう、やっちまったという思いもありましたがエロくて可愛い人妻アケミさんの虜になってしまったんです。


アケミさんも


「心配しないで

絶対バレないようにするから

だからたまにでいいから抱いて・・・」


と私の胸にしだれかかってくる。


お互い既婚者で子供もいて同じ団地内というヤバイシチュですが、一度交わってしまえば単なる男と女になり、アケミさんとの大人のお付き合いが始まったんです。

[体験告白][人妻][W不倫][セックス][絶頂]

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


不倫・浮気 | 【2018-06-03(Sun) 21:10:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*