FC2ブログ
アクセスランキング

会社の後輩の女の子の恥ずかしい音【体験談】

中田です。会社の後輩、三里(ミサト)さん(20)の話です。

三里さんは、おとなしくてまじめで恥ずかしがり屋で、でも天然で鈍感で無防備で無頓着なので、その言動に萌えることがよくあります。


俺は彼女を口説く勇気がないヘタレなんで、回りくどく意地悪な発言してしまうんだけど、幸いにもどうやら彼女はそれをセクハラともストレスとも思ってないらしい。
その辺の本音はあとになって聞いたけど、その話はまたいつか別の機会に。


営業所の奥の廊下、給湯室の横がトイレ。
小さなオフィスだけどトイレは一応男女別々。

一服しようと給湯室(喫煙場所でもある)に行くと、女子トイレのドアが開いたままなのが見えた。

誰も入ってない時は、換気のために開けとくこともあるけど、三里さんのスリッパ(なぜか蛇柄)が置いてあるんだ。
三里さんが入ってるってこと。


女子トイレはドアを開けると一畳もないくらいのスペースと簡易な洗面台があって、奥側に個室が1つだけという小さな構造。
(いや別に女子トイレの構造知ってても変じゃないよね)




三里さんは個室のドアはもちろん閉めてるけど、入口ドアは開けっ放しでお〇っこしてたんだ。
おいおい聞こえたらどうすんの…。聞きたいけど!

近づいて聞き耳立てようかと一瞬考えてたら、三里さんが出てきた。

「三里さん、ドアは閉めた方がいいよ」
「え?あ、すみません!」

「聞こえちゃうよ?」

多分俺はこの一言が余計なんだな…。


「わー!恥ずかしい…。すみません、聞こえちゃいましたか…?」

無視するか流すかしてもいいのに…受け答えしてしまう三里さん。

恥じらい方がたまらなくかわいいので、やっぱり意地悪したくなった。

お〇っこの音、とか言わせてみたくて、
「何が?」と聞いてみた。

たまには三里さんも、もう!セクハラですよぉ!って怒るなり無視するなり、愛想笑いだけでやり過ごすこともあるんだけど、このときの答えは想定外だったよ。

「声…」

「え?え?…なんで声?」・・まさかこんな子が会社のトイレでオn
「がまんしてた後とか!あのー、お〇っこするとき、つい声出ちゃうんですよぅ」
「!!!」

うわー、多分恥ずかしくて早口で言い訳っぽくなっちゃったんだろうけど、余計恥ずかしいこと言ってるよ。

…言わせたの俺か。すまん、やりすぎたか…オロオロ。


「あ、ああ、そうなんだ」
「んふーとかって、声出ちゃうことないですか…?ないですよね…」

…やっぱ、やばいです。
恥ずかしそうにモジモジしながらうつむいて、んふぅって言うんだよ。
お〇っこって言葉には抵抗ないのか?

「オナニーしてたって言われるかと思ったよ」

て言いたいのは、もちろんこらえて、

「あ、ああ、うんまあ、でも、音も、聞こえたらあれだしね」
「あ、あ、そそそうですね、すみません気をつけますぅ…」

もう、下半身丸出しで眉間にしわ寄せて、口は半開き、お〇っこチョロチョロ出しながら、んふぅ…って切ない声をもらす三里さんの姿がリアルに想像できて、俺のちんちんはやばい状態に…。

で、無意識に足がモゾモゾ動いてしまった。
三里さんそれに気づいたわけじゃないだろうけど、

「あ、すみません、中田さんもお〇っこしに来たんですよね…」

お〇っこお〇っこ言うなー!
普段は恥ずかしがり屋で純情そうなキャラのくせに、こういうことは平気で言うんだよな。
じゃあ誘導して言わせたりするなよって話だけど。

ホントはタバコを吸いに来ただけなんだけど、この勢いでトイレで抜いちゃおうと思ったよ。結果的には抜けなかったけど。

「そうそう、俺もお〇っこ。声聞こえないように気をつけるよ~」
「あ!中田さんもやっぱり声出ちゃいますか!?」←なぜ嬉しそうに…?。

出さねーよ!いや出ない事もないか。
トイレでちんちん見たら、今の会話のせいでやっぱり濡れてた。


…しばらくの間妄想の中では大変なことになったけど、現実的には今回はここまで。
俺も彼女も、仕事は一応まじめにやってるので。

1回注意するとその後は確実に守る子なので、三里さんがトイレのドアを閉め忘れることは、もう二度となかった。

別に、残念とか思ってないよ。…思ってないよ。

彼女もこう見えて、仕事ではしっかりやってくれるから、ドジっ子じゃないよ。
とっても頼りになります。

こういうエピソードが、毎日起こるわけじゃないから!
仕事上の会話以外はナシって日の方が多いから!

ただ、こんなことがあるたびに晩ご飯の品数が増えます。

[体験告白]

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


職場・取引先など | 【2018-05-26(Sat) 17:10:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*