FC2ブログ
アクセスランキング

エロ臭が凄い子持ちのヤンママをナンパし、アナルSEX初体験

サボリーマンな俺は、そこそこに仕事を切り上げ、公園のベンチでリラクゼーションタイム

ボーっと春の陽気に酔いしれ、うつらうつらとしていると、イケテルヤンママあけみがベビーカーに1歳児を乗せ遊びにやってきた。

そして、隣のベンチに座り込んだ為、子持ちのヤンキーママをナンパしてみた。

「お子さんかわいいですね~」

「ありがとうございます」

とまずは世間話から

しばらくして、ベンチを移動して隣に座る。

話が弾み、そろそろ攻め時!

「こんなかわいいお子さんだと旦那さんもイケメンなんでしょ?」

「イケメンすぎて、女遊びが激しくて困ってるんでです」

「そっか、じゃああけみちゃんもしちゃえば?」

「なかなか相手がいないよ~」

「そんなにかわいいなら、ヤリタイオーラ出せばいけるよ」

「こんなかんじ」

とイキナリVネックの胸元を下げ、ブラ全開にするエロ臭が凄いヤンキーママ




「そんな挑発するとナンパしちゃうぞ~」

「されてもいいかも」

俺はスカサズあけみの胸元に手をいれ、
予想通りの授乳中爆乳を揉みしだいてやった。

あけみの乳首は、すぐにコリコリとなりいい感じ。

が、ここで子供がおお泣き

ママのおっぱいは私のもの!

って感じか

その場は近所の目もあるんでアドレス交換して別れることに

その晩、あけみから

「旦那今日は長距離で帰ってこないんで遊びに来ない?」

とメール。

遊びに行くと、市営団地の1階部屋

とりあえず乾杯して
あーだこーだ話し、子供も寝たところで一緒にお風呂。

狭い団地風呂だが、余りにも生活観が滲み出していて、素人フェチの俺は絶好調!

さすがはイケメン遊び人の嫁

今まで逃げられないように尽くしてきた為か、風呂場では男の感じる壺を知り尽くした洗体サービス、潜望鏡などなど、次から次にベテラン風俗嬢みたいな荒業がでてくる。

団地の風呂の窓は開いていてるのに、
よがり出すし、こっちが近所の心配してしまった。

風呂場では発射こそしないが、若いヤンキー人妻に生挿入。

ベットではなく、和室に布団をひいて、子供が寝てる横で本格プレイ開始

もう、カラダの穴という穴
頭の先から足の指先まで、
信じられないくらい舐めまわしてくれて、全身リップでご奉仕してくれる。

「たまんないっす、イケメンの妻!!」

その後、俺の並以下の疎チンで突き上げる。
最初は?でしたが、疎チンだが遅漏の俺は持ちが断然よい。

聞けば旦那は3分も持たない早漏君

早漏イケメン旦那では、滅多にイケないあけみは俺の疎チンで潮吹きまくり

授乳中爆乳タンクにしゃぶりつき、
子供のエサの横取り母乳プレイ

甘くておいしかったよ

もうメロメロのあけみ、
未開発のアナルに疎チン挿入(俺自身アナルSEX初体験)

疎チンなだけにスルリと肛門に挿入される。

「ああ、疎チンでよかった!」

と初めて思う。

完全にイケメン旦那を超え、
あけみを手に入れた気分で絶好調。

かれこれ、3時間以上ハメっぱなしの4回抜きでした。

2回目以降は中だし三昧。

「生まれてくる2人目は俺のDNAか?
イケメンパパにしては不細工な子が?」

そんな事は、征服者の俺の知ったことか

なんて思いつつあけみの甘く激しい時を過ごした。

あけみは100回イッたなんて可愛いこと言ってくれる。

「これで、俺もエロい母乳人妻寝取りができるイケテル男になったぜ」

なんていい気分。

深夜1時も過ぎたころ、布団の上で全裸2人でくつろいでいると、玄関の鍵がガチャガチャといい、なんと旦那が予定外の帰宅。

全裸で2人でオロオロ

修羅場ですよ

こっから死ぬかと思うほどの修羅場が発生したんです。

こんなときは、あせってパンツをはくので精一杯になるもんですね~

旦那はイケメンって言うか、
コワオモテヤンキーじゃないですかー!!

俺の心の中では、

「人生終わった」

「ボコボコでコンクリ詰め」(涙)

が、しかし!

ヤンキーママさんのが強い!

つか怖いw

女は怖いって実感したガチ修羅場

「あんたが、私の友達に強引にSEXしたの知ってんだから!
しかも、美佐子も、裕子も!スナックのひろ子さんまで!
全部聞いてんだから!!」

その上あけみはとうとう台所から包丁持ち出す始末・・・。

「チンコ切ったろか~」

俺の心では

「あ~明日のニュースに俺も載るか?」

「やめさせるべきか、逃げるべきか?」

包丁を持ったあけみの気迫に負け旦那は土下座

事実旦那が悪いが

俺はこのまま帰っていいものか、悩んでいると、

「K君帰っていいから今送るよ」

と言いつつ、包丁を旦那の目の前の床に突き刺す!

Vシネマで見たが、ほんとに刺さるもんですね。

目に涙を浮かべながら
土下座状態の旦那をおいて、車まで送ってくれた。

「さっきの包丁は演技だから。またメールするねっ」

だって

怖い

演技だとしても怖い

俺は、縮みあがった疎チンを揉まれながらキスをして家路についた。

翌日ニュースが気になって仕方なかった俺でした。

幸いニュースは流れなかったが、メールが流れてきた。

「今晩また来る?」

だって。

「忙しくて、ごめんね」

と、返信しているが、
あれからあの街には近づいてはない。

でも、もう2ヶ月にもなるのに、
まだメールが来る。

あの超絶エロテクニックはもう一度味わいたいが

だがしかし!

いつかこのヤンママの地雷を踏んで
旦那じゃなく、俺の方がチンコを切られるんじゃないか。

そう思うと、なかなか連絡する気が起きない。

[体験告白][人妻][不倫][フェラチオ][セックス][修羅場]

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


ナンパ | 【2018-05-26(Sat) 15:10:25】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*