FC2ブログ
アクセスランキング

自宅で妻と男二人が乱交していて・・初めての鬱勃起射精

初めて鬱勃起射精したんです。

自分の嫁さんに見事に裏切られました。


それも単なる裏切りじゃなく、ダブル、トリプルコンボの裏切り・・・


妻が浮気していたんですが・・・

それも我が家、自宅で浮気していて相手は一人じゃなく、二人の男と3p乱交SEXに励んでいました。


男二人は妻の勤め先の上司二人です。


でも嫁さんが二人の上司に寝取られている姿を目の当たりにして恥ずかしながら鬱勃起射精してしまった自分が情けなく思ってしまいます。


私の会社は小さな印刷会社で、たまたま暇だった土曜日に半日で終わっていい事になりました。


いつもは終わったら嫁さんに帰るコールをしてから帰宅するんですけど、この日は驚かせてやろうと、そのまま帰宅しました。




すると自宅の前に嫁さんの勤める老人福祉施設の車が止まっています。


今日は嫁さんは休みのはずやから施設の人が急用で来てるのかとおもい家に入りました。


「ただいまぁ」


自宅に入ってお客さんがいると思い、少し控え目に言ったのですが反応がありません。


リビングに入っても誰もいません?


すると二階から…

話し声が…


二階は寝室と空き部屋しかないので、お客さんを上げるとは考えにくいんです。


階段の下から聞き耳をたててると…


「美也ちゃん濡れてきてるやん、そんなに我慢してたんや」


って男の声が!


その一言で私は全てを悟りました。


嫁さんが現在進行系で浮気SEXの真っ最中だと


何故か私の体が震え始めています。

心臓の音がドクドクとリビング中に響いて、私は怒鳴り込んで行く勇気よりも、嫁さんがどんな事をされているのか気になってしまい

ソーッと階段を上がり吹き抜けの途中にある、はめ殺しのガラスから寝室の中を覗き込みました。


そこには福祉施設の制服を着た嫁さんが四つん這いになっていてスカートを捲りあげられ、パンティーの上からお尻や割れ目を一人の男に弄られていました。


驚いたのはもう一人男が居たのです。

その男は全裸で嫁さんにペニスをしゃぶらせてサンドイッチSEXしているんです。


「相変わらず美也ちゃんのお口は気持ちイイね、何回でもイキそうや」


相変わらずって事は浮気が今日が初めてではないって事です。


そのうちもう一人の男がパンティーをずらして嫁さんの秘部を曝しました。


なんと今まで私が見た事もない程に濡れて光っています。


「美也ちゃんのココ大洪水やで!溜まりまくってるんやろ」


エッチな言葉を浴びせるように楽しんでいます。


嫁さんは喘ぎながらペニスをしゃぶり、お尻をクネクネさせながら

「主任のチンチンちょうだい早くぅ」

なんて言っています。


私の位置から嫁さんのオマンコは主任の頭が邪魔になってよく見えなかったのですが、指を二本挿入して手マンしているようで


「美也ちゃんのオマンコくちゅくちゅとイヤらしい音がしてるよ、奥の方から熱いお汁が溢れ出してくるわ!」

「主任そんなに刺激されたらオ〇ッコしたくなっちゃう」

「それなら美也ちゃんのオ〇ッコ姿を課長と一緒に見ようかな」

「そんなの恥ずかしいから嫌ぁ」


するとフェラをさせているのが課長て言う事みたいで、その課長が


「まっちゃん!そろそろ交代してくれんか我慢できないわ」

そう言って主任と入れ替わり、美也子のバックに回り込みました。


フェラで激しく勃起したペニスをいきなり挿入したみたいで…


「んぁぁぁ!」


妻の背中が反り返り喘ぎ声を出します。


「美也ちゃんのオマンコ締まるなぁ、めちゃくちゃ気持ちええわ!」


そう言いながら腰使いを速めて寝取りピストンをしている妻の上司


美也子もそれに同調するかの様に喘ぎながら


「課長のチンチン気持ちイイよぉ!

オマンコが溶けちゃいそぅ…もっと奥まで突いてぇ」

「そうかそんなにいいならこうかこうか?」


激しい勢いで腰をぶつけます…


「あぁぁぁ!当たるぅ奥に課長のチンチンがぁ!」

「あかんもう我慢出来ひん!

美也ちゃん中に…中に出してもええやなぁ」


「いいの中に!中に課長の熱い精子いっぱい出してぇ」


その美也子の応えを聞くと同時に課長は一際強く腰を突き上げたたかと思うと


「ううっ!出る!」

と呻いて美也子の膣奥に熱い精子を撒き散らした。


「あぁぁ!課長ぉぉァ!イクぅぅ」


その時妻もガチイキ絶頂したようです。


課長が美也子から離れた時、膣から精液がドロッと流れ落ちました…


「課長どうです美也ちゃんのオマンコ気持ちイイでしょ?

私が虜になったのも分かるでしょ」


と言う事は美也子はずっと以前から主任とは不倫関係を持っていたと言う事である。


「本当に気持ちのええマンコやなぁ、私もそんな経験がある訳やないが家内なんかとは全然ちがうわ」


二人がそんな会話をしながら次は主任が美也子をバックから責め始めた。

一気に挿入したらしく美也子の悲鳴じみた声が…


「ひぃぃぃ!ダァめぇ!奥がぁ…壊れるぅ」

「いつもこれくらいやってるやん!美也ちゃんは激しいのが感じるやんか」


そう言いながら激しく腰を突き入れます。


「主任のチンチンイイよぉ!固くて気持ちイイ!」

「美也ちゃんどこがどんなに気持ちイイの?」

「オマンコぉ!オマンコが溶けちゃうよぉ

主任のいつもの精子ちょうだい!

美也子の子宮にちょうだい」


美也子が淫語を発しながら雌豚のように喘ぎまくっているんです。


妻が寝取られている姿を見て私は激しく嫉妬し、何度もその場で鬱勃起射精してしまったんです・・・

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻の浮気 | 【2018-05-22(Tue) 01:30:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*