FC2ブログ
アクセスランキング

パチンコが縁でそこそこ綺麗なおばさんと…【熟女体験談】

私は29才、彼女ありの営業職で、外回り担当です。
営業として数字がある程度安定すると、たまに仕事の間もパチンコをしてサボっていました。

ある日、フルスペックタイプのパチンコで27連ほどして、順調に連チャンしていたところ、会社の上司から「もう戻ってこい」と言われ、戻らざるを得なくなりました。

まだ出そうなので、負けてそうな女の子に譲ろうと思い、店をぐるっとまわりましたが、カップルとか出てる女の子ばかりでした。仕方なく、すぐ後ろにいた40才くらいのおばさんに声を掛けました。

「次の大当たりでやめなきゃいけないんですが、続き打ちます?」
「え?いいの?ありがとー!」

良く見ると、年齢の割には細くて、ちょっと昭和の香りがする感じでしたが、そこそこ綺麗な人でした。


特殊景品に交換し、余り玉をどうしようかと思ったのですが、私はタバコを吸わないので、お菓子やジュースにするしかないのですが、今から会社に戻らなければならないし、適当にお菓子とジュースにして、そのおばさんにあげました。

すると「お礼するから、ここに連絡して」と言って名刺を差し出しました。それは某大手保険会社のもので、いわゆる保険レディーでした。




私はそれまで、自分がロリコンというのもあって、年下としかセックスしたことがなく、下心全開でしたがメールしました。すぐに返事は来ませんでしたが、次の日にまた店に行くと、逆におばさんから声を掛けられました。

昨日の恰好より、なんとなくエッチな恰好でした。そのまま仕事終わりに会う約束をして、飲みに行きました。


バツイチ子持ち、子供は17歳でした。正直子供に興味が湧きましたが、とりあえず下ネタを振ってみると、

「私がアツシくんとしたら、食べられたことになるのかな?それとも食べたことになるのかな?」などと言ってきたので、隣に座っていたので、勢いでキスして「どっちでもいいからしよう」と言うと、「えーやだー」「うそー」「どうしよー」などと嫌がっていました。


私は、半ば強引にタクシーに押し込んで、「近くのラブホ」と言って強引に連れ込みました。シャワーを浴びさせ、私も浴びて出ると、真っ暗になっていました。恥ずかしいという理由で真っ暗にしたようです。

目が慣れたのを確認し、ベットに入り、キスをして身体中を舐め、ついにオマンコへ。

テロンテロンに濡れていました。舌先でオマンコの蜜をすくって、クリを吸うと、良い声で喘ぎます。私のチンポもそれに比例して大きくなります。
気付いたら、興奮でチンポがギンギンに。

私は、いきり立ったチンポを正常位で深々と挿入。久々のセックスとのことでしたが、荒々しく挿入しました。

「はあん!固い!」などと言って、はあはあしています。


私は構わずピストン開始。・・これは。。最高に気持ち良かったです。ねっとりとして、適度に締め付け、ピストンに合わせ肉が絡み付いてきます。

温かく湿った膣は、まさに肉を掻き分けていく感覚で背中の方からじーんと快感が脳天まで突き抜けます。お互い、夢中でした。私としても、10人くらいの経験の中で最高のオマンコでした。

出産を経験したオマンコだからでしょうか。緩めの締め付けの快感が私には良いようです。

おばさんは、バックは恥ずかしいと言ってさせてくれませんでした。正常位だけでしたが、存分に愉しめました。

チンポとオマンコの一体感をあんなに味わったセックスは初めてで、おばさんも「セックスってやっぱ気持ちイイね…何年ぶりかな?」と言っていました。結局、当たり前のように中出し。

しかも、久々にセックスすると出血するんですね。処女のように、血が出ていました。今はもう連絡を取っていませんが、またしたいです。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2018-05-21(Mon) 10:10:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*