FC2ブログ
アクセスランキング

清純な可愛い保健師さんの意外なセックス経験【エロ体験談】

仕事で市役所に行ったときの事、打ち合わせをしていたら図面で指を切って出血してしまった。

大したことないと言ったのに、市の担当者が急いで私を保健室へ連れて行ってくれた。

時が止まった。そこにはポニーテールの清純そうな可愛い保健師さんがいた。名札に”冬樹理紗”と書いてあった。


「消毒して絆創膏貼っておきます。そんなに傷は深くないですけど、今日はあまり刺激しないでくださいね。もし、もう一度出血するようでしたらこれをお使い下さい。」と言って絆創膏をもう一つくれた。

丁寧に礼を言って保健室を後にして打ち合わせの場所に戻り、「あんまり可愛い保健師さんで、ドキッとしちゃいましたよ。」と言ったら、市の担当者が、

「じゃあ、アタックしてみたら?意外とみんな遠慮しててフリーかもしれないよ。もし、上手くいったら保健室に連れてったキューピットの俺に報告義務があるから忘れないでね。ハハハ」と笑っていた。



それから一週間後、雪で交通網が麻痺して駅でタクシー待ちをして、後ろを振り返ったら理紗さんでした。




思わず、

「あっ!冬樹理紗さん!」
「え?ええ?」

驚かせてしまったので、一週間前の事をお話した。
あんまり可愛いから名前を覚えてたといったら、顔を真っ赤にして照れていた。益々可愛かった。

理沙さんの家をきいたら、俺の帰り道の途中だった。なので、相乗りして帰った。理沙さんが降りた時は2,300円だったので1,000円で良いと言ったのに2,000円置いて降りていった。
お気に入りの女の子に負担させて心が重かった。


そのまた一週間後、今度は駅前の信号待ちで会った。
こんな偶然はめったにないから思い切って声をかけた。

「先日、多めに頂いたので、何かご馳走させてください。」
そう言って、居酒屋へ入った。

理紗さん、可愛いからもっと若いと思ったら3歳年下の26歳だった。女子大生みたいに可愛い顔で、パクパク良く食べた。

酒の力を借りて交際を申し込んだら、

「あら、嬉しいわ。26歳はおばさんって言われますけどいいんですか?」
とアッサリと受け入れてくれて拍子抜けした。


付き合って3ヶ月、思い切ってホテルに誘ったら、

「私、こういうことするの凄く久し振りなんでちょっと緊張します。だから、灯りを落として…」
と言ってた理紗さんは裸も可愛かった。

理紗さんをクンニしたら、灯りを落としていたので良くは見えなかったが、舌先に感じたラビアが意外と伸びた感じで、クリもでかいような気がした。久し振りだからなのか、前戯に悶えてとてもいやらしい声で喘いだ。


可愛い顔してても上手なフェラで、挿入すれば淫猥な反応でヨガり狂った。こんなに清純そうな可愛い理紗さんが乱れる姿に、凄く久し振りだという昔に、理紗さんを淫乱に開発した男に嫉妬すら感じた。

理紗さんは、淫情に狂った様子を見られて、まるで観念したように、

「ごめんなさい。凄く久し振りなんて、ウソなんです。

私、居酒屋に誘われた10日前、彼と別れたんです。別れてすぐ、交際を申し込まれたから嬉しくて…ごめんなさい。」


理紗さんは、23歳から26歳までの3年間、バツイチの50歳の彼氏と付き合っていた。その彼氏にとことん感じる身体に調教されていた。その彼氏と元妻が復縁することになって、理沙さんが身を引いたそうだ。


明るい場所で理紗さんが股間を開いて見せてくれた。
伸びたラビアには凹んだ部分が多数あり、クリは赤く肥大化していた。

「アソコを洗濯バサミで伸ばされて、たくさんのピアスが通されていたの。責められて、腫れたクリトリスにもピアスが通されて、24時間剥けっぱなしで、いつも感じて濡れてた…これが淫乱な私の本当の姿。ごめんなさい。」

俺は、可愛い理沙さんを諦め切れなかった。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2018-05-20(Sun) 07:10:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*