FC2ブログ
アクセスランキング

長期出張中の休日の出来事 1【エロ体験談】

皆さんこんにちは、博多の久美子です。
長期出張中の休日、私は福岡へ戻らず出先で過ごす事にしました。

その休日『窓から見える風景』に正解した方と待ち合わせをしました。
今日は休日の出来事を書き込みます。

ホテルから最寄りの駅で迎えの車に乗った私は彼の案内で昼間から営業している少し大きめの居酒屋に入りました。
車内には運転手の他に二人の男性がいました。

店内の個室では既に二人の男性がいらっしゃいましたので私と男性五人の六名で飲むことになりました。
今回は正解者(広島市内)の知り合いの方四名(三原市、三次市、岩国市、広島市内)と会う機会を設けました。

男性は私と同年代で礼儀正しく接して頂き、お酒も楽しむ事が出来ました。お酒が入った事で私の緊張もほぐれました。

ここで皆さんの体験を聞き、それなりの方が揃っていたので話もそっち系で盛り上がり席替えをしながら、お触りで更に盛り上がりました。


まだ陽も高く客が全く入らない店内に入って時間も経ち、幹事さんの「そろそろ次に」を合い言葉に次の場所へと移動になりました。

六人は一台のワゴン車に乗り郊外にあるラブホテルに向かいます。
車に乗った時から少しずつ緊張が戻って来ていました。

車の中でいろいろと話していたのですが内容はほとんど覚えていません。それ程緊張していたのです。




ホテル入口の無人受付を手慣れた雰囲気で通り部屋に入ると部屋は広く複数で利用できるような大きなソファーに二つのベッドが置かれています。

男性の中の誰かが複数やスワップを愉しむためにいつも利用しているそうで、私がソファーに座り雑談をしていると

男「お風呂沸いたよ~」
男「久美子さん、お風呂入って来たら?」
と勧められました。

ラブホのお風呂はビジネスのユニットバスとは違い足を伸ばせて心地よい大きさです。
私が入っていると男性二人が「お湯加減はどうですか?」と入ってきました。

二人に身体を洗って貰いながら胸を揉まれ、あそこに指を入れられながら弄られ唇を重ねられた時には身体も心も全て任せていました。

男「久美子さん感じ易いの」
男「今日はよろしくお願いします」
などと言われながら体中にキスをされました。

お風呂が長くならないうちに最初の三人がお風呂から出ると入れ替わりで残りの三人もお風呂に入っていきました。

私はバスローブを羽織るとソファで横にくつろぎながらコンビニで買ってきたビールを手に雑談をしていました。

他の男性二人は何も纏わず私の両横に座り、お喋りを続けながらも手は私の胸を揉みあそこを弄りました。
(あぁこれからこの人達に輪されるんだ)

男性がチューブから何かゼリー状の物を出し私の身体に二人掛かりで塗り始めました。そのゼリーがあそこへ塗られた時、頭まで電気が走るよう衝撃を受けました。

男性の優しい愛撫、お酒、お風呂で火照った体、妖しいゼリーで私の身体は水に浮いたような感覚の中で快楽を感じ、それに私は何の抵抗も拒絶もできすただ行為を受け入れ、そして次第に嗚咽が漏れました。

ふと気が付くと私の身体を弄る手の数が増えていました。
お風呂にいたはずの二人が新たに増えていたのです。
彼らは私が気が付いた事には触れず休むこと無く四人の男性に愛撫を続けられ、全身の毛穴が開き、体毛全てが逆立ったような感覚を味わいました。

私は恥ずかしさより、快楽を感じる自分を抑えきれず、彼らに身体を任せ、手は自然と彼らのおちんちんを握っていました。
(これからAV女優みたいにされるんだぁ)

私は不安を感じながらもそれ以上の期待をしていました。
四人の愛撫を受けていると最後の一人がお風呂から出てきました。

男「もう始めてるのか」
そう言うと彼はおちんちんを私の口元へ持ってきました。
それを私は何の躊躇もなく大きく口を開け咥えるました。
 
ゆっくりとした腰の動きに合わせて私の口の中で彼のおちんちんが前後に動きます。呼吸が苦しく為ったのでしばらく動いていた彼の腰を私は止め、自分で彼のおちんちんを舐めながら口に含みました。

男「苦手って書いてたけどフェラチオできますね」
男「そろそろやろうか」

彼らの愛撫が止まり私は抱きかかえられてベッドへ運ばれました。
ベッドに座る私を五人の男性が囲みそれぞれの男性器を私の顔の傍に並べました。

男「ほらお口でして」

私は取り敢えず目の前にいる男性のおちんちんを手に取ると

男「手は使っちゃ駄目、口だけでして」
と言われました。
彼の膝の前に座り、顔を股間に埋めおちんちんを口に含みました。

おちんちんを口の奥へと導くように軽く吸い、顔を引いて戻ろうとすると、おちんちんの重さを舌の上で感じ、そのおちんちんを舌で支え、更に吸う様に口の奥へと・・・

男「もっと舌使って」
 「強く吸って」

彼から声が掛かります。口の中のおちんちんは徐々に大きくなります。
そして大きく固く元気になるとおちんちんは口から離れ、次の人へと変わります。

男「俺は手使って」
 「しっかり握ってしごいて」
また声が掛かります。

 「先の方を舐めて」「先を吸って」

五人の男性のおちんちんを口にする度に色々な注文を受けそれに従いました。

それでも五人のものを咥えた顎は疲れてきたので

久「もうきつくて無理です」
男「じゃあ、今度はお礼にしてあげるよ」

ベッドに寝かせられ五人から激しい攻めを受けました。
唇を奪われ舌が強引に入り絡められ、胸を揉まれ、乳首を吸われ、弄られ、耳の裏、うなじ、首、背中、腰、お尻、腿とありとあらゆる場所を五人の舌と指が襲ってきます。

全身を愛撫され攻め続けられるこの感覚は複数だからこそ味わえるものでしょう。
何人もの男性にAVの様に攻められる感覚、それが私の心の奥底で望んでいたこの状況に私の感度が高まります。この快楽がずっと続くのですから気が狂いそうでした。

そして最後に残されている女性の大事な部分に舌が触れ、舐められた時、あそこから頭の先へ電気が走ったような衝撃を感じ一瞬、大声を上げてしまいました。

それが舌が動く度に何度も何度も電流が流れ、背中を大きく仰け反らせ、口から悦びの声を発生させました。

その声は抑えようとしても身体が反応し脊髄反射のように大きな声を出させ止めることができませんでした。
しかし、彼らは私が逝きそうになると手を休め逝かせてくれないのです。


決して一対一のセックスでは得る事の出来ないこの感覚に、私の身体は麻痺し理性と羞恥心は無くなっていました。
俯せにされ、腰を持ち上げられました。お尻を突き出すような姿勢です。

(え?何?何してるの?)
そう思った瞬間、お尻の穴にも舌のザラリとした感触があり、肛門周辺を舌で愛撫されました。

男「久美子さん、こっちもOKでしょ」
久「そっちは止めてぇ」

身体をくねらせ、前へ前へと逃げようとする私を他の男性が両脇から押さえ、四つん這いにさせられると、顎を持ち上げられ、おちんちんを口にねじ込まれました。

男「もう逃げられないだろ」
 「声も出せないぞ」

頭を押さえられ、喉の奥までおちんちんを入れられ、それが前後に動き、お尻を掴まれ舌で肛門を責められます。

両脇からは乳房を掴まれ、誰の指かは解らないまま乳首を弄られ舌と指が身体中を這い回るのです。そして誰かの指が膣へと侵入し中を掻き回すように弄り回るのです。

久「う~~~ん」

声を出せない私の口から出せるのは精々この程度の呻き声です。
身体を捩り、くねらせ押し寄せる快感の波を身体中で受け止めるのです。
そして私の頭の中で理性という言葉が崩れ去りました。
(こんな凄いの初めて)

身体の穴だけでなく表面全てをレ〇〇とは違う形で男性に責められ好きな様に弄られることに悦びを感じ、それを受け入れている自分を意識しました。
その時、陰唇に男性器の先端が当たる感触がありました。
それは私の襞を掻き分け、膣内を切り裂きながらゆっくりと入ってきました。

(あぁ、貫かれてる)
私は口におちんちんを咥えたまま背中を仰け反らせて大きな呻き声を上げていました。
その男性器をより感じようと腰を突き上げ、そしてその塊をハッキリと感じました。

頭がぼ~としていましたが、私のお腹の中にいっぱいに入っているのはしっかりと解ります。

私はゆっくりと目線を上げて、前にいる男性に視線を送ります。
男性と目が合いました。彼がにっこりと微笑みました。

後ろから挿入した男性が私のお尻をしっかりと押さえ、私の中の襞を引きずり出すようにゆっくりとおちんちんを引き抜き始めます。
入り口近くまで引き抜かれた彼のおちんちんはそこで留まりました。
そして一気に膣道の中を奥まで突き上げてきます。

子宮の奥までおちんちんが突き抜けて来たような感覚に大きな呻き声を張り上げ、彼のものを根本まで受け止めます。

私を貫いたおちんちんは、太く固いまま私の膣の中を引っ掻きながら戻り、そして襞を掻き分けながら前進するのです。

その動きが繰り返される度に、背中を仰け反らせ、唸り、首を振り髪を振り乱しながら、牝としての悦びを感じるのです。

(もっともっとして)
厭らしい久美子が欲しがっているのです。
私は後ろから突いてくる彼の太い物を先端から根本までを全て感じ取ろうと必死であそこを締めあげました。
そうする事で彼の動きも形も息づかいまでも解るような気がしたのです。

暖房が入っている訳でもない室内で大粒の汗を流し、彼の動きに合わせるように背中を仰け反り、身体は跳ね上がりました。

彼から子宮の奥を突かれるごとに私の意識は厭らしい久美子に支配され、それは時間と共に大きく強くなるのです。

後ろから突き上げてくる彼と私の前にいる男性の息づかいが荒く大きくなり、その動きが速さを増しました。

後ろから大きく強く、私の奥を突いた瞬間、彼の身体は大きく震え、その動きを一瞬止めました。

前の彼もその動きに呼応するかのように口の中に熱い物を放出し、それが喉の奥を突き、口の中の味覚一杯に広がりました。
あそこと口の中へ同時に彼らはDNAを放ったのです。

おちんちんはホースの中を水が通るように脈を打ち、何度か口の中にその香りと何とも言えないどろどろとした食感を放ちます。

そのおちんちんを抜かれると、私は噎せ返り出された精液が口から零れます。手の平でどろりとする精液を拭い取ると

男「全部飲まなきゃいかんよぉ」
そう声がかかり口の中に残る精液を飲み込みました。

今日、彼らを受け入れ飼育される牝であることを実感しました。

<続く>

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2018-05-19(Sat) 00:30:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*