FC2ブログ
アクセスランキング

友人と友人の会社の事務員2人と飲みに行って…【エロ体験談】

俺(M♂28歳)と友人(S♂)Sの会社の事務員(R♀)(K♀)と飲みに行く機会がありました。Sは小学校からの同級生、RとKとはこの時が初顔合わせとなります。

急な誘いでしたが普段からそういう誘われ方もままありましたので、特に気にとめる事もなく酒を飲めればイイ!って事でOKしました。(後日聞きましたがRが男と別れた為の気晴らし会だったそうです)


ちなみにRのパーソナルデータとしましては身長160程度、体重46程度、年齢25、見た目、釈由美子似。スリーサイズは分かりませんが乳に関してはSよりDカップと聞いてましたが、実際はBないし多めに見積もってもCってトコです。

当日は仕事が終わってからの集合でしたので8時半位だったと思います。

大阪の繁華街(難波)に漏れが着いた時には既に残りのメンバーは一足先に居酒屋に入り宴会をスタートさせていました。(酒量の関係で安居酒屋です)

俺「ゴメンゴメン!ちょい仕事手間取って遅なったわ」
R.K「こんばんは~。初めまして~♪」
S「お疲れ!まぁとりあえず座って飲めや!」

ここでまず両方の♀を観察してみます。Rは前出しましたが釈由美子似で良い感じです。Kは顔立ちは普通で特に誰に似てるという印象もなかったのですが、とにかく、乳がデカい!!(正真正銘のGカップらしいです)おっぱい星人の俺としてはこの場ではかなり惹かれるものがありました。まぁこの気持ちとは全くウラハラな結末を迎えるのですが・・


大阪という土地柄か話し上手でさえあれば、俺のような普通以下の顔立ちでも、それなりに女性が好感を持ってくれるという事もあり(普通以下の顔立ちだからこそ話上手にならざるを得なかったとも言えますがw)




宴会は順調に盛り上がり4人共イイ!感じで酔っ払ってきました。当時は知りませんでしたが、彼と別れた開放感からでしょうか?Rはすでにロレツが回ってません・・

R「Mさ~ん!酔っ払っひゃいまひた♪あははははっ」・・イイ感じです。
時間も終電近くとなり明日も仕事という事でそろそろお開きという時にSが開口一番、

S「お前や~R送って行ったってくれへん?頼むわ」

彼の目が猛禽類のソレになってます。なるほど、Gカップ狙いなのね、アンタは。

体よく押し付けられた形となりましたがRも十分可食範囲ですし何より、飲んでる時に彼女とエロ話で盛り上がってたのが俺の背中を押しました。

さて、店を出てS.Kと別れ漏れはRと駅の方へ歩を進めます。

俺「けっこー飲んだな~Rちゃん大丈夫??」
R 「らいひょうひゅれすひょ~♪ひゃはははっ」・・かなりイイ感じです。

真っ直ぐ歩けない彼女に「ん!」とだけ言い右肘を差し出すと、何も言わずにRは腕を組んできました。アハアハ笑いながらでしたが、ここで選べる選択肢は3つありました。

①俺の家に連れ込む(一人暮らし)
②彼女の家に上がりこむ(一人暮らし)
③ホテルにIN
勿論誘った段階で断られる可能性もありましたが、脳内から消し去る事にしました。

間髪いれずに雪崩れ込んだら何とかなりますよね?いつも思うのですがこういう場合の時間の経過ってのはホント早く感じます。駅までの距離、終電の時間、彼女の酔い加減、あまり猶予はありません。脳をフル回転させます。と、その時!!

R 「ありゃ、携帯の電池切れてる~!早く帰って充電せな」
(もっとロレツの回ってない言い方でしたが聞き取りづらい為訳します)

何でも明日遊ぶ予定のメールが入ってくるとの事で、どうしても充電が必要との話し。あんな小さな無機物に邪魔されるなんて予測していなかったので焦りました。

俺「そか~。んじゃ早よ帰らなな~。今からホテル誘おうと思ってたのに!ハハッ」

冗談っぽく言いながらも敗北感がどんどん大きくなってきます。

憎たらしい彼女の携帯を出血大サービスとばかりに、三つ折にも四つ折にもしてやりたい衝動に駆られますが、そんな事をしても何の解決にもならないのは自分が一番良く分かっているので、自重する事にしました。

R 「ははっ♪でもちゃんとウチまでは送ってくらさいね。(俺の)腕がないとコケますんでw」

ん?まだ風吹いてる?落胆のあまり忘れてましたが、彼女の家への突入という選択肢が生きてました!

どっちみち俺と息子との生きる道は、消去法でいくとそれしかないので快諾します。彼女の家は難波から数駅先というアクセス良好な場所にありましたので、タクシーを使って移動する事にしました。(この時点で既に俺の腕は全く必要ないのですが彼女が気付いてないのでアリです)
彼女は運転手に行き先を告げると、隣で死んだように眠り始めました。

家に上げてもらえないリスクを考えると、ココで素敵悪戯の一つでもした方が正解・・との考えが頭をよぎりましたが、大阪の運転手さんはソコイラの空気を読む事が出来ません。今後の俺の人生で全く役に立たない、明日の天気等の無駄以外に例えようの無い話しをしてるうちに目的地到着です。殺したくなりました。

俺「Rちゃん。着いたで~。降りやー」
R 「・・・」

・・泥酔です。何とか彼女をタクシーから降ろしお金を払い(運ちゃんに対する)殺意を抑えられる間にタクシーを降ります。

俺「Rちゃーん!おーい!!何階なん?おうち」
R 「・・602」

5分程格闘して何とか部屋を聞き出し、カバンの中から鍵を探し、進入に成功です。部屋は整頓されておりバンブーやインド?の染め布を使いアジアンな感じに統一されていました。

とりあえずソファーに彼女を座らせ台所で水を汲み彼女に飲ませます。いきなりベットでも良かったのですが、以前同じような状況があった時に、相手の女の子に温泉にあるライオン型の蛇口のような吐かれ方をされて、トラウマになってしまい、それからは介抱優先のクセがついてます。

俺「大丈夫?ゆっくりでええから落ち着いてそれ飲み」
R 「・・あ・・」

彼女は起き上がると憎むべき相手である無機物を充電器にかけカタカタと弄ってます。そんだけ朦朧としてても案外しっかりしてるのね。携帯を確認した彼女は「眠」とだけ言っそのままリビングの隣の和室でゴロン。

おじさんショータイムの始まりです。寝てる彼女に近づき完全に寝入ってる事を確認します。OK。彼女は黒のタートルネックを着てたのですが、それをゆっくりめくります。

腰辺りの肌の露出を期待したのですが、出てきたのはピンクのTシャツでした。(男ならともかく、何故下にTシャツなのか未だに謎です)仕方ないので邪魔なタートルネックを脱がせてTシャツだけにします。

Tシャツの上からそっと胸に手をあてました。ブラの少し固めの感触が手のひらに伝わります。う~ん、思ったより胸ねーな少しガックリです。

続いてジーパン、ストッキングの着脱に取り掛かります。
本来であれば、彼女が覚醒した時用に色々注意を張り巡らせた方が良いのですが、その時は俺も酔ってる事もありそこまで気が回りませんでした。

で、脱がせるとソコには予想を大きく上回る物が!
レースをふんだんに使った小さめの赤いパンツとカタチ、ハリ共も申し分のない大きなお尻が!!THE桃尻です!

尻フェチではないのですがコレはイイ!かも・・嬉しい誤算に息子も興奮気味です!

彼女は時折「ん」と声は出すものの、全く起きる気配はありません。当然の如く下着排除作業に取り掛かります。

興奮度MAXになった俺は特に我慢する必要もないのでココで服を脱ぎ、Tシャツとパンツ(トランクス)になりました。(部屋に入った時、壁にエアコンのリモコンがあるのが目に付いたので暖房全開状態です)で、まぁ彼女の背中側に平行するように寝転んで丸出しのお尻をスリスリ・・

Tシャツを捲り上げ目の前にあるブラ(パンツとお揃いの赤)のホックを外し、ブラを上にずらして小さめのオッパイを回りから円を書くようにサワサワ・・足を少し広げてみて濃い目の茂みをかき分け、割れ目にそって指を這わせクリ近辺をグリグリ。

面白くない!!この流れからいくと、段々と感じてきた彼女が目を覚ましてエロくなったよ!・・という流れが定番なんでしょうが、

俺の経験上、本気で泥酔した女はよっぽどの事がない限り、起きないか、もしくは起きても吐き気等の体調不良を訴えるだけです。ここの神々の如く俺も何回か美味しい思いは過去させて頂いてるのですが、その時の相手は酔ってたという免罪符が欲しいというか、罪悪感に対する逃げ道が欲しいというか・・

とにかく多少の「私泥酔しちゃった、てへっ(はぁと」という演技が入ってる事が見て取れました。
でも今回はガチの泥酔です。どれだけ触ろうともウンともスンとも言いません・・・横に寝転がりお尻を触りながら色々思案してみます。

1まだキスもしてないのでとりあえずしとく
2口にチソコ当ててみる
3無理やり手にチソコを握らせて手コキしてみる

当たり前ですが濡れてもいないので挿入は考えませんでした。たとえ入れても相手の反応が全くなければ楽しくないですし・・

自分に睡魔が襲ってきてるという事もあり、とりあえず息子さえ鎮められれば、と諦めにも似た思考でアレコレ検討しているうちに、記憶がなくなっちゃいました。・・寝てしまったんです(;´Д`)

下半身に違和感を感じ俺は目を覚ましました。
とは言え身体を動かすどころか目を開けるのも億劫でしたので、「朝か~」と朦朧とした意識の中で考えてました。

マトモな思考なら彼女と何も出来なかった事を後悔、いや!それよりも二人が何故半裸で寝ているのか?といった事への釈明や言い訳を何とか考えなければ!!なのですが・・

それもこれも全て取り越し苦労でした。(まぁ考える余裕も当時はありませんでしたが)ボーっと目を閉じたままでいると変な声が聞こえてきます。

「ん、ふっ、ふっふっ、ん・・」

相変わらず下半身の違和感は続いてます。少し頭が覚醒してきたので考えます。マブタを閉じてる状態でも光の差し込み具合位は分かります。

どーやら暗いようです。俺は電気を点けたまま寝てしまったので、まだ時間的には夜中であり電気は彼女が消したと考えるのが妥当でしょう。という事は必然的に自分のカッコ、俺のカッコは確認した事になります。

でも、俺は叩き起こされなかった。つーかこの声は??声は俺の下半身の方で聞こえてるので少しずつ目を開けてみます。そーです、皆様ご想像の通りRがオナニーしておりました。

R 「ふっ、ふふっ、んん、ふっ、ぁん・・」

文字では表現しづらいですが荒い鼻息と押し殺した声。実際に声は注意しなければ聞き取れない程の小ささで呼吸音がメインです。辺りは暗く顔はハッキリ見えないのですが、下唇を噛んで我慢してたかも知れません。体勢は俺の腰辺りに座りこちらを向いています。足はM字開脚気味・・

右手は自分のクリ辺り、左手は俺のパンツをずらし、半分程出たチンコの先の方を直に握っています。俺は横(彼女側)を向いて寝ていましたので少し触りにくそうです。

彼女の目線は俺の顔ではなくチンコをじっと見ていました。起きてセックスを・・とも考えましたがそんなのはいつでも出来ます。

オナニーも俺がS気がある為に何回か他の女性に見せてもらった(実演させた)事はあるのですが、こんなガチンコはこの先一生ないでしょう。ましてや俺には覗き属性もあり、こういうシチュエーションは大好きです。

おじさん。俺少し傍観する事にするよ・・Rは一定のリズムで自分の敏感な部分を指先を回しながら刺激しています。

濡れ具合は明るさの問題で分かりませんが、時折割れ目に沿って指を這わせていますので、潤滑油として事足りる位の濡れはあるのでしょう。俺の息子を上から中指と人差し指、そして下から親指で支えてシゴいてます。

ここで俺の息子に急激な変化が、って当たり前です。
今までは寝ていた為あまり反応しなかったと思われますが、なんせ今は状況が状況です。目と指からの情報により一気にメタモルフォーゼしました。

R 「ぅぁ」

彼女が声になるかならないか位の声で驚きます。そしてしばらく見た後、5本の指でしっかり握りなおし、またシゴき初めました。

ココで俺は一つの賭けに出ました。寝返りをうつフリをして仰向けになりたかったのです。かなりリスクのある行為でした。彼女がビビって止めてしまうかもしれないし俺がウソ寝してる事がバレるかもしれません。

でも「もっとしっかり触って欲しい!」という欲求には勝てません。

俺「ん・・」

寝返り決行です。作戦成功時に目を開けやすいよう腕をデコから目にかけて置きます。案の定彼女は息子から手を離し、しばらく動きませんでした。完全に思考が停止してるようです。(音声のみの情報です。息づかいが停止した為そう判断しました)

やってもーたかな?と後悔の念が頭を過ぎります。彼女は固まったまま・・が、長い静寂の後、何とか彼女は行為を再開してくれました。起きないと確信したからなのか声も先程より心もちですが大きくなってます。

そろそろと目を開けます。彼女は向きを俺のチンコ側に変え膝立ちになってました。少し前屈みで左手でチンコを握り右手は自分の茂みの中です。

腕の動きと音から察するとクリへの刺激を止め指の挿入に移行したようです。膣壁を指で刺激した時に出る特有のグチョグチョッグチョッという音が辺りに響きます。

R 「ふっ、ふぁっ、ぁんぁん、ん・・」

確実に声は大きくなっています。時折左手を息子から自分の胸に移しTシャツの上から揉んでるようです。そのような行為が4~5分続いたかと思います。

そして彼女は自らTシャツを脱ぎだし全裸になりました。 薄暗い中でも綺麗な桃尻が魅力的なシルエットを作ります。先程と同じくしゃがみこむと今度は左手で俺のチンコの根元を掴み、そっと右手で亀頭をナデ初めました。

さらに右手の指で尿道をサワサワし、先っぽから出た第一汁を指に付け糸が引く様を楽しんでいるように見えました。

しっかり見ようと彼女が顔を近づけている為、玉袋に息がかかります。鼻息で彼女がかなりの興奮状態なのが分かります。

彼女は舌を出し先っぽで俺の息子をツンツンしだしました。暖かい口の中に全てが含まれます。ヌチャヌチャヌチャ・・イヤラシイ音が響きます。起きる事を警戒してかあまり激しい動きはみせません。

口に含んだまま舌で舐めまわしたり喉の奥まで入れてみたり、そんな感じです。右手は自分の一番敏感な場所を触ってます。(体勢的には俺に体重をかけまいとしてたので辛そうでしたw)

「ふっ、ふっふっ、ふぁ」

舐めたいという行為と感じてしまって漏れる声がぶつかり萌えます。おもむろに彼女は俺のチンコから口を離しました。

時間にして舐めてたのは2分程度だったと思います。気持ちよかったんでもっと続けて欲しかったのですが・・そしてその後の彼女の奇怪な行動に少し戸惑う事になるんです。

Rはチンコを握ってる左手はそのままで右手を手のひらを上にして亀頭の下辺りに持っていきました。左手を今までに比べかなりの速さで動かし始めます。強弱をつけて相手を気持ちよくしてあげようという感じではありません。何ていうか、もう仕事です。これは。

それはもう一心不乱と言う言葉がピッタリはまる行動、目は微動だにせず俺のチンコを見ています。何をしてるの?という気持ちも大きかったのですが、なんせ今まであれだけ刺激されてるんです。スグに絶頂を知らせる波がやってまいりました。意志とは関係なしにチンコが快感で脈打ちます。

その動きを見てさらに激しくシゴくRイチャッターヨ「あっ、あぁ・・」驚きとも喜びともとれる声を彼女が出しました。

声をあげる事も出来ず俺は必死で息を殺しました。バレたら台無しです。彼女はというと、しばらく固まった後まるで大切なものを抱えるように恐る恐る身体を起こしだしました。右手をそのままに・・ソノナカニオレノオタマジャクシガ?

Rの奇怪な行動の真意が全てこの時理解出来ました。彼女の目的は精子の採取だったのです!

ペタン、と座り(女の子座りって言うんですか?)右手の中のブツをマジマジと見つめた後、左の指をその中に突っ込み、かき混ぜるような仕草を見せます。そして指をそのまま口に、いやらしく糸が引くのが薄暗い部屋ながら見てとれます。

指は口の中に出しては入れられ、唾と精子でのテカりが異常に興奮を誘います。エロイノキター!!目の前に奇跡のような光景が繰り広げられます。

息づかいで彼女の興奮が最高潮に達しているのが分かります。多分抑えが利かないのでしょう。右手を胸元に持っていき俺の分身を首の辺りから胸元に垂らし、そのまま右手で塗り始めました。

べチョべチョの手でオッパイを触り、乳首と摘み、膣内に挿入、時々舐める。腰が控えめながら前後に動いてます。

「ん、はぁ、んん、んぁ、あぁ」

声は抑えてるのでしょうが最初から比べるとかなり大きくなっています。ここまで来るともうどうなってもいいという気持ちなのかも知れません。ましてや最初に脱がしたのは俺ですから、最悪口封じも可能と踏んでるのかも・・

そして彼女は絶頂を迎える事になります。最初の飲み会で彼女にM気があるのは聞いてました。俺がソフトSなんでそれに魅力を感じたのも事実です。

多分彼女は絶頂の時を迎えようとしてたのだと思います。一番のお気に入りのカタチで・・少しだけ俺の腰の位置から顔側に移動します。足は最初のようにM字開脚・・いや明らかに最初より大きく開いてます。完全に大股開き。ポジションからしてもうわざと見せてるとしか思えません。なんせ電気さえ点いてたら間違いなく丸見えですから・・

少し止まった後、意を決するように彼女の両手が股間に向かいます。俺は、あぁ、そろそろフィニッシュなのね・・と思いました。

しかし、彼女の指は俺の予想に反してクリを触る事も膣内に飲み込まれる事もありませんでした。その指は自分のビラビラ(少し大きめ)を広げたトコで止まってます。聞き取れるか聞き取れないか程の小さい声が彼女の口から発せられました。

「みて・・」言うや否や、堪えていたものが爆発したのか、信じられない程の速さで指を膣内に出し入れしだしました(暗い為本数不明)耳との物理的距離が近くなった為、先程よりグチャッグチョッというイヤラシイ音がはっきりと聞こえます。まぁ動きが全然違う訳ですがw

「はぁ、あぁっ、見て、んん、もっと・・」
「んぁ、見て、Rのマ○コ、スケベな・・見て」
「見て、あんぁ、イヤ、見て見て、マ○コみてみてみてみてみてっ!」

最後はうわ言のように「見て」を繰り返してました。それでも声はセーブしていたようですが、そのままイってしまった彼女はしばらく肩で息をした後、俺のチンコを舐めティッシュで拭いてパンツに収めました。

そしてソソクサと風呂場へシャワーに・・上がってからはこちらに戻って来ず別部屋のベットで眠りにつきました。

とまぁこんな感じですwそのまま部屋に来たら襲おうかと思ったのですがタイミングを逸した為、(つーか俺がヘタレなんで)朝方(2時間後位)に起きたフリをして虐めながらHしました。そこいらはノーマルなんで報告やめておきますねw 長々と失礼しました。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


泥酔 | 【2018-05-18(Fri) 00:30:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*