FC2ブログ
アクセスランキング

エロ全開のバツイチOLは自らゴム持参【不倫体験談】

俺:28歳、既婚。

元々会計事務所にいたんだけど、色々あって田舎にUターンした。
仕事を通して付き合いのあった会社に経理課長代理として4月から勤めている。


そこの会社の経理に、34歳バツイチ(子あり)がいるんだけど、こいつがエロい。
決算のため11日から残業が続いているんだけど、もうエロ全開。
正直俺から誘ったんだけど、もう1日3回ペースでは体がもちません。


事の発端はこう。

俺「いや~昨日、布団一式買いに行ったんですよ。そしたら羽毛布団が時期外れで売ってなくって」

A美「えっ、なんで布団なんて買いに行ったんです?奥さんと一緒じゃないんですか?奥さんと寝た方がいいですよ、奥さん寂しいですって」

俺「あぁ、前まではダブルで2人で寝てたんだけどね。で、子供は子供用の布団だったんだけど、子供が嫁と一緒じゃないと寝なくって、さすがに3人でダブルでは狭くってさ」

A美「そうなんですか、なら仕方ないですね。でも夫婦生活って本当に大事ですよ。じゃないとウチみたいになっちゃいますから(笑)」




猫を被っていたものの、前の会社ではセクハラ番長だった俺にここで火がついた。

A美「奥さんだって女ってことですよ」

俺「ハハっ、具体的にどういう意味?」

A美「奥さんになったって、そういう気分になる日もあるんですから、たまには一緒に寝てあげて下さい」

俺「ふーん、そうなんですか?でもウチずっとないですよ。A美さんも、そういう気分になる日あるんですか?あっ、すみません、セクハラですね、聞き流して下さい。もうこの話やめましょう」

A美「・・・離婚して、子供小さいから余裕なくって・・・。私、もう34歳でオバサンだし、恋愛なんて出来ないかもしれないけど、やっぱり夜は寂しいですよ」

A美が語り始めた。

A美「課長代理だってそう思うでしょ?」

俺「俺、A美さんのことオバサンなんて思ってないですって(笑)」

A美「嘘ばっかり、そんな気ないくせに・・・」

俺「そんな、俺、A美さんとしてみたいですよ」

A美「はい、入金仕訳表です」

そう言ってA美が椅子ごと移動してきた。
思わず俺はA美にキスしてしまった。
それからはお互いにカラダを求め合う感じでしました。
こんなにエロいと思ったのは初めてでした。

それからお互いに、「決算中だけね」という約束で、ずっと平日は時間を見つけてはしてしまっています。

セックスの内容ですけど面倒なので箇条書き。
・場所は、書庫か第3会議室の倉庫(両方経理用の倉庫)。
・フェラがやたらに上手い。
・素股や手コキもこれまた、やたらに上手い。
・やや垂れ気味だけどDカップ。
・ゴムは2日目以降から着用している(A美持参)。
・正直、俺からの攻めは無しに近いです。

以上です。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


職場・取引先など | 【2018-05-15(Tue) 13:10:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*