FC2ブログ
アクセスランキング

網タイツの巨尻熟女をお持ち帰りしてうつ伏せバックでヤリまくり

巨尻熟女をお持ち帰りしました。

23時過ぎの駅につき電車に乗ると、

可愛い系で五十路半ばな豊満熟女が股を開いて網タイツ越しにおパンツ丸見え状態で椅子に座り爆睡していた。


最近の高齢おばさん達も妙に若い格好している人いますよね。

このパンツ全開の爆睡熟女もその一人で、短めのスカートを穿いて網タイツを穿いていた。


網タイツ&パンティが超エロくて、ごちそうさまと思ってたんですが

偶然、同じ駅で、降りる駅になるとムクっておきだした。


エスカレータで見る後ろ姿もムチムチした巨尻ボディもすごく好み。


終電にはまだまだ余裕がありましが、このおばちゃん座り込んで、また寝込んでしまった。


隣で様子をうかがうとかなり酔ってる感じ。




「大丈夫?」

と声をかけながらさりげなくあちこちにボディタッチしまくりww


おっぱいに触ったらはかなり大きく、ブラでガチガチに固定してる感じ。


内股に触れた?触れない?

というギリギリで触りながら顔をのぞき込むと、誰かと間違えたか


「あぁ、大丈夫ジャナイヨ」

というけどロレツがまわってない。


聞いてみると、おばちゃんの目的駅は行き先が途中まで一緒だったので付き添ったけど、酔った網タイツの巨尻熟女が気持ち悪いというので途中下車

もう下心全開で介抱しながらおばちゃんの身体を触りまくた。



プヨプヨで柔らかい身体を堪能しても泥酔おばちゃんは何も言わない。

ホームだと人目がつくので、ふらふらと障害者用のトイレまで連れてって背中をさすった。


おばちゃんは、吐くわけでもなく、便座に手をついてうずくまってしまった。


「オ〇ッコする?」


おばちゃんは大丈夫だからと、まだギリギリ理性はあったようだ。


座ってれば大丈夫だからと便座に腰掛けた。

おばちゃんの内股をもう普通に触りまくり


「ホントに大丈夫?

オ〇ッコするなら汚さないように網タイツとパンツ下げたほうがいいって」


そういっておばちゃんの網タイツと下着に手をかけた。


おばちゃんは大丈夫だからと断ってたけど抵抗する力もなく、すんなり網タイツごと膝まで下ろせた。


「だめだよ、こんなの」

と酔っ払いながらもちょっと焦ったみたい。


その唇を奪って舌を入れると簡単に陥落

股の間に手を入れて指をクネクネを動かすと、浅いところに触れてるだけだったのに、たちまちオマンコは婬汁で濡れてきた。


こんな棚ボタ、めったにないので家に遅くなると連絡を入れると、酔った巨尻豊満熟女と駅を出た。


下着と網タイツを脱がされてノーパン生足でミニスカのおばちゃんを口説きながら、駅から見えたラブホへと近づく。


「お兄さんだめだよ、もう大丈夫だから返して」


あいかわらずロレツがまわってないおばちゃんをラブホへ連れ込んでベッドに寝かせた。


ずり上がったミニから覗く手入れもされてない、ボウボウのマン毛と太い脚

熟女好きのオレとしては、ものすごく好みのおばちゃん。


前戯もそこそこにおばちゃんと合体。

最初はイヤイヤと抵抗し挿入したけども、強引にキスして舌を差し込んでレロレロしていると、痴女のようにおばちゃんもレロレロと舌をからませてベロチュー


指を股間に差し込むとオマンコもドロドロ

それで俺は巨尻を見ながら犯してやろうと、おばさんをうつ伏せにしてビンビンになってたチンコをズブリッと挿入して、うつ伏せバックで挿入


ニュルニュルニュル

って感じでオマンコにチンコが飲み込まれていった。


おまんこが、ゆるいけど、やんわり吸い付いてくる。

き、気持いい


あとはうつ伏せバックでガンガン突きまくった。


おばちゃんはお酒のせいか感度もすごくいいらしく、何度も巨尻をピクピク痙攣してました。


お尻の痙攣ぐあいは超エロくて、俺もあっというまに射精

おばちゃんのおまんこにたっぷり注ぎこんであげました。


ぐったりと手足を投げ出して気絶したように横になってるおばちゃんのバッグを覗くと、カード入れと免許証がでてきた。


年齢は58歳の高齢熟女

俺にとっちゃドストライクな年代


おばちゃんが目を覚ますと服を脱がせて、今度はねっとりと交わった。


全裸になったおばちゃんと抱き合ってるとバッグから着信音が

おばちゃんが慌てて携帯を取ったんですが、俺はそんなおばちゃんと手を重ねるとトロトロに溶けた熟膣に挿入


あっあっあっ


おばちゃんの手の中で携帯は鳴り続けてたが、結局出ることもなくオルガズムに達してた。


「電話、出なくていいの?」

「あぁん こんな状態で出れる訳ないじゃないぃ あぁ~ん」


そういって悶絶しまくるおばちゃんがエロくてピストンしまくった。


大きなお尻にパンパンを打ち付けると


「あああ!!!」

と、巨尻熟女は悲鳴あげながらガチイキした。


俺はというと金玉が空になるほど何度も何度も中出ししてた。


セックスのあと四つん這いになったお尻を広げると、膣からドロっと大量の白濁液が


一晩で4発もセックスしたのは久しぶり。


今、隣で大きなイビキを立ててる可愛いおばちゃんの乳首を弾いている。


おばちゃんがされたことないような卑猥なエロ写真を何枚も撮り、30歳近くも年下のチンポに狂ってる様子もハメ撮りムービーに収め、パンティと網タイツを貰って帰りました。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2018-05-07(Mon) 22:10:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*