FC2ブログ
アクセスランキング

ナンパされて、メル友になってエッチした人がいました

3年くらい前の話。
ナンパされてメル友になって、エッチした人がいました。
色々激しかった・・・。

3年程前の7月下旬、私は隣県まで好きなバンドのライブを見に行った帰りに、夜行列車で隣の席の男の子から話しかけられました。
話をすると意外と盛り上がって、3時間くらいの道のりがあっという間でした。

そして帰りに「いつでも連絡して~」と名刺をいただきました。

当時の私は、長年付き合ってた彼氏と別れて新しい出会いを探していて、その列車の彼をちょっといいなと思ってしまいました。

彼は見た目は今で言う草食系な感じで可愛らしく、私の地元では有名な大学を出ているという話で、ちょっと変わった人という印象でした。

でも、私はそういう人が好みだったから、もっと彼を知りたくなって、名刺のアドレスにメールしてそこからメル友になりました。

彼が住んでいた県は、私が大学時代を過ごした場所で、メールを何度かするうちに、だんだんと彼にまた会いたくなってきました。

そして9月、大学の仲間うちで同窓会をやる事になり、私は彼の住む県に行く事になりました。

そこで彼に、『お金もないし、友達は実家だから泊められないっていうから、泊めて欲しい』とメールしたらあっさりOK。




彼「別に襲ったりしないし、旅費浮かすのに使って」

・・・という感じで、泊まる事になりました。

当日、彼が駅まで迎えに来てくれて、夕飯の買い物をして2人で作って食べて、テレビを観ながらお酒を飲んだりしました。
そうしてるうちに段々会話がなくなり、部屋にはテレビの音だけが響いてきて、ちょっと気まずい・・・、と思ってきた所に彼の手が私に触れてきました。

最初は裸足だった私の足裏をツンツンしてきました。
私はくすぐられる事に凄く敏感な体質で、ちょっと触られるだけでビクビク反応してしまいます。

それを見た彼が、「感度いいねぇ」ってニヤニヤしながら、脇や背中をつついたりしてソフトタッチしてくるから、私は体をくねらせて抵抗するのが精一杯でした。

そうしてるうちに彼は突然「そろそろ寝る」と言い、布団を敷き電気も消されました。

(まだ22時なのに?お風呂も入ってないし)

そう思っていたら、一組しかないせんべい布団に無理やり引っ張って入れられました。
そして服の上から無理矢理おっぱいを揉まれ、服の中にも手が入ってきて急に怖くなってきました。

まぁヤルんだろうという予想はしてたけど、強引すぎてちょっと怖くなってきた私は・・・。

私「襲わないって言ったじゃん。彼女が泣くよ」

彼「いやいや、泊まったら襲うでしょ。彼女とはもう冷めてるから関係ないし」

強引に服を脱がされ裸になりました。
彼は痛いくらいに揉んだりアソコに指を入れてきたりして、彼も興奮してきたみたいで、チンチンを私のアソコに当ててきて、生で挿入されそうになりました。

私は生でした事がなく怖かったので、「生はダメ」と言ったらゴムを着けてくれました。

そして無理やり彼のチンチンが入ってきました。
彼のは私が経験してきたモノよりひと回りくらい太く、ギリギリとねじ込まれるような感じで入れられました。

彼の細い体からは想像出来ないくらいの力でガンガン突いてきて、正常位→バック→立ちバック→片足上げての正常位という風に様々な体位でしました。
正常位しか経験がなかった私はびっくりして、ネチネチと2時間くらい攻められてました。

さすがに私も疲れてきて・・・。

私「もう、疲れたんだけど、・・・」

彼「じゃあそろそろ出すか」

彼はより一層激しくガンガン突いてきました。
私はもうわけが分からず、喘ぎ声が自然と大きくなってしまい、「声がデカイ」と、手で口を塞がれながらガンガン突かれ、彼はイキました。
その後もフェラを要求されたりして夜中までやってました。

翌日私は友達と会うために別れましたが、そこからしばらくメールのやりとりは続けていて、1年後にまた彼の所に泊まりエッチしました。

その頃になると、バカな私は彼を好きになっていました。
その後もメールのやりとりは続き、私は都合よくセフレとしてキープされてる状態がもどかしくなってきました。

そうするうちに彼から、「転職するから違う土地に引越す」と言われ、もう会えなくなると思って、ダメ元で告ったら、フラられました。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


ナンパ | 【2018-05-06(Sun) 17:10:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*