FC2ブログ
アクセスランキング

頼まれて友人の婚約者を抱いた話…1【寝取り体験談】

私の場合は友人Mが話を持ち出してきました。

「どうやらH子がお前の事が気になるらしい」

その時のMはプロポーズをいつする、しない(時期)で悩むような…私からすれば幸せの絶頂にいてました。
その後、暫くしてMから電話があり私は呼び出されました。

「以前○○駅でH子と偶然会ったって言ってたよな?」
「あぁ、夕方の話だろ。お茶飲んでた時だよな?あの時はカフェからお前に電話したよな?」

暫くしてMが
「あれは偶然じゃないんだよ…」
「はぁ?ただ世間話しただけだし、お前に疑われる事はないぞ」

Mはかぶりを振り、そうじゃなくてH子が私を待ってたんだ、と…。私には理解出来ませんでした。
偶然あったその場所はオフィスからは離れているし、帰路とも関係ありませんでした。
たまたまクライアントと会食をした後に時間があまったので骨董通りをブラついていたのでした。

「ちょい話が見えないんだけど。俺と彼女をなんか疑ってるの?」

Mは慌ててそうじゃない、と否定しました。そして続けて話ました。
Mは数ヵ月前から彼女と私…とりわけ彼女の言動に悩んでいたそうです。

私は「俺が邪魔ならお前らとは会わないよ、俺はお前達が幸せならそれでいいし、な」




少し落込んでいるMに対して本来なら怒るべきなんですが、何故か同情していました。
Mはそれには返答せずに続けて言いました。

「よかったらH子を一度抱いてくれないか?」

私にはMが何を言ってるのか…真意が計知れませんでした。試されてるのか?疑われてるのか?
私は彼に真意を尋ねました。

MはH子にプロポーズをした事も承諾された事も話ました。もちろん何の問題もないし、式場も抑えたそうです。

しかし彼の中で俺とH子がお茶をした話に異様に興奮したMは妄想を膨らませていったそうで、
「寝取られ」を想像しながらセックスをしてたそうです。
その話をH子にしたらH子は私に少なからず興味があったと告白したそうです。

MとH子は俺不在で「俺にH子が口説かれた話」「俺がH子をレ〇〇した話」「H子が俺を口説く話」なんかを作ってプレイしてたそうです。

もちろんセックスのスパイスとして俺が使われるのは気分のいい話ではありませんが、結婚前でそれでどうする?と突っ込みは入れました。

Mは「H子はお前がストライクらしい。
俺もお前がH子を抱くなら許せるし、燃える事が出来る」「とりあえず一度抱いて欲しい」と頭を下げてきました。

俺は「破談になるリスク、彼女に対して責任を取れない。Mに対しても同様。」そして「女を玩具にしてるようで気分が悪い」と断りました。

Mは「Hの身体を自由にしていい。お前の好きにしてくれ。ただし彼女に関しての責任は俺に取らせてくれ。それが俺の喜びなんだ」

私には家庭がありましたが、浮気相手もいましたから倫理を説く事は出来ませんでした。

今の時点では承諾は出来ない、彼女と話をさせて欲しいしお前と三人でゆっくり話もしたい。…と伝えました。

次の週の週末にホテルの部屋を取り、三人でじっくり話をする事にしました。

そこで無意味な事は止めようと提案し、二人をホテルに残して帰る算段でした。

次の日Mからメールが来ました。
「恵比寿のウェスティンを予約したよ。その前にイル・ボッカローネで食事しよう。8時に予約したから」

私がそこのリゾットが好きな事や恵比寿ならオフィスに近いので、次の日に仕事があっても大丈夫なように気を使ったみたいでした。

二日後、木曜日の朝に彼女H子からオフィスに電話がありました。私は出勤前でメモに残された番号に掛け直しました。

少し話がしたいとの事でしたので、2時に約束をしました。もちろんすぐにMの携帯に電話をしましたが、留守電に彼女から連絡があったので話を聞きに行く旨を残しました。

2時になり待ち合わせの喫茶店に行くとH子は既に着いていました。挨拶を簡単に済ませると彼女が話を切り出すのを待ちました。
私自身…この件の話を納得していませんでしたし、彼女が知らない所で話が進行していたら私が笑い者です。

暫くして彼女が「Mさんから聞いていますか?」私は正直びっくりしたけどね、と返事しました。



彼女は「あの時はどうかしてました。どうにもならないのはわかっていたのに偶然を装ったり…彼もショックだったと思います。」
「プロポーズされた時は嬉しかったし、Kさん(私)の事は頭に浮かびませんでした。」

そしてMから鬱勃起の話をされた時に彼女自身が私に性的に興味がある事を告白した事も聞かされました。

だから強制でもないし、玩具にされてもいい。Kさんの気分を害さない程度で楽しんで欲しいとの事でした。

私は「言葉に困るよ。もし僕が君に惚れたらどうする?君が僕に惚れない保証だってない。Mが嫉妬から狂ったようになるかも知れないし、ね」

彼女は暫くの沈黙の後…
「もしかしたら、私…Kさんの事も好きかも知れません!でも、Kさんには奥さんも居ますし…彼女さんも。それにMさんの事を愛しているのも事実です」

そういうと彼女は瞬きと同時に目に溜めていた涙を零しました。
話を切替え、しばしの会話の後彼女と別れました。




本音で言えば彼女と割切った肉体関係になれるのはラッキーです。
しかも知人や友人の彼女を寝取った経験もありましたので、その喜びも知っていました。
同時に寝取った瞬間からバレないか、バレたら…と悩んだのも事実でした。喜びと苦痛の両方を知っていました。
その夜、私の中では断るつもりになっていました…。

当日の朝
妻に「遅くなるかも、日曜は完休にするから」と伝え、憂鬱な気持ちのまま昼前に出社しました。

オフィスを出たのが六時半でした。ブラブラしていたのに約束の一時間近く前に着いたので、暇潰しに坂を上りガーデンプレイスの方へ行きました。

(ヘルスにでも行ってスッキリさせた方がよかったかな)
なんて考えながら歩いているとカフェのテラスでMとH子がお茶を楽しんでいました。

表情がわかる位に少し近付き観察しましたが、本当に仲が良いカップルにしか見えないし、これから彼女が他の男に抱かれるような雰囲気は全くありませんでした。

暫くした後、二人は席を立ち腕を組んでホテルの方へ向かいました。私もその場を離れ、レストランの方へ向かいました。
八時を二分過ぎて店に入ったらM達は先に着いて食前酒を飲んでいました。私も笑顔を作り席に着きました。

「メニューは任せるよ、ワインは重いので頼む」

私は生ハムを前菜にお薦めメニュー等を織り交ぜシェアで、とオーダーしました。
食事中は世間話しかしませんでしたので、内心「キャンセルだな」と思っていました。
不意にMが「飲み過ぎるなよ…」と言った時には現実に引き戻されました…
「さぁ行こうか…」彼は嬉しそうに僕の顔を見ました…。

チェックを済ませ、三人で坂を上りましたが無言でした。
ホテルの前に来るとMの携帯が鳴りました。少し待っててくれと合図をすると電話に出ました。

所在なげに二人で待ってるとMが近付いて来て小声で「先に上がっててくれ」と言います。仕方がないので二人で先に上がりました。
エレベーターに乗ると彼女は行き先のボタンを押しました…。私にはかすかに震えているように見えました。

沈黙の中エレベーターが上がって行きます。
不意に彼女が私の首に腕を絡めたと思ったら…キスをしてきました。
一瞬ですが唇が重なり合いました。

私は戒めを解くように彼女から離れると「オフサイドじゃない?」って言いました。
彼女は「断るつもりでしょ?」と小悪魔のように微笑みました。

私は「気分よくないね、もて遊ばれてるようだよ」と拗ねた口調ではなく返しました。
部屋はジュニア・スイートでした。本気度が伺えましたが…逆に気持ちが萎えてもきます。

ダイニングテーブルの椅子に腰をかけると彼女は「何か飲みます?」と聞いてきました。
私はガス入りのミネラルを頼み、彼女がサーブしてくれました。

テーブルの上にペリエの入ったグラスをおいたH子は膝の上に座ろうとしましたが「それもオフサイド」と制止しました。

彼女は「それじゃ脱いじゃおうかな…」「Mさん、びっくりするかな?」
私は笑いながらも(電話は仕込みじゃなかったんだ)と安堵しました。

五分程してMが入ってきました。そこで仕事の愚痴を少しこぼした後「K、H子を頼むよ」と言いました。

私は懸念していた事を二人に告げました。責任が持てない事も持つつもりがない事も伝えましたし、自分が彼女に惚れたら保証出来ないかも知れないとも
伝えました。最後にゴムも使えない事も伝えました。

私が惚れた時の話まではMは笑っていましたが、ゴムの話には明らかに動揺していました。

ゴムを使うと痛過ぎて二分も持たないで萎えてしまう事を伝えると彼は予期していなかったらしく…少し悩みましたが
「中だしだけはナシで頼むよ」との事です。

そして「もう一部屋取ってるから内線で聞かせてくれないか?」と言ってきました。彼女はその話を知らなかったようで…激しい抵抗を見せました。

私も勃起するかどうかわからない上にセックスを聞かせる趣味を持ち合わせていない事を伝えると、Mは部屋番号を紙に書いて部屋を出ました。
部屋に二人残されて…暫く沈黙が続きました。

私は彼女の座っているベッドの横に座り「俺なんかでいいの?」と聞きました。緊張からか彼女の早い鼓動が伝わってきました…。

私は彼女を抱き締めました。
「落ち着くまで抱き締めるよ。それで落ち着いたら彼の元に戻ればいいから…」

H子も私に抱き付き「欲しい…でも、怖い」と喘ぐように言いました。
彼女と抱き合いながらベッドに横になりました。彼女は暫くして首筋にキスをしてきました。

私は「俺だって男なんだから我慢にも限界があるんだよ」と囁きました。それでもキスを続け唇を求めてきます。
彼女は喘ぐように…はにかむように「ヤセ我慢はダメだよ」と言いました。

私は黙って自らキスをしました…
二人してベッドによじ登ると私は彼女の背中を愛撫しました…
甘い吐息がキスを通して伝わってきます。

私は彼女の手を少し硬くなった私のモノに誘導しました。彼女の手が触れると彼女のカラダはビクッと反応しました…。

「今日はここまでにする?彼の元に行ってもいいよ」私は囁きました。
彼女がイヤイヤをするのを見ると「どうして欲しいの?」と聞きました。
彼女は顔を真っ赤にしながら唇を求めるので…私はそれに応えてあげました。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking


関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2018-05-02(Wed) 21:10:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*