FC2ブログ
アクセスランキング

極端に怖がりな友達の彼女と不思議な一夜 2

何時頃だろうか、ガタっと言う音に目が覚め、目をやると、誰かが横切っていくのが見えた。「何だトイレか」と、さほど気にすることもなく、また寝入った。


寝ていると今度は何か体に感じる。誰かに触られているようだ。


その感触で俺は再び目を覚ました。寝ぼけ眼で見てみると、俺の横に誰か座っている。


それはM子だった。月明かりに照らされている。


そんなところに人がいることに一瞬ビックリした。もう一つ驚いた事に、俺の股間をM子は優しげに見つめ、そして愛しげに撫でているではないか。


俺は小声で、「おい」と呼びかけた。声に気付いたM子はこっちを見て、そしてニコっと微笑んだ。


そして寝ている俺の顔に、M子の顔が覆い被さってきた。唇と唇が触れる。


M子とキスしてしまった。最初は軽く、そして徐々にディープへと。


突然で驚きこそあったが、こうなる事に全く抵抗はなかった。舌と舌が絡み合う。




俺は下からM子を抱きしめた。気付くとM子は手馴れた手つきで俺のジーンズのベルトを外している。


そして、チャックを下ろす。唇を離したM子の顔は俺の股間へと移動し、そしてトランクスの上から俺のアソコを軽く口に含んだ。


しばらく勃起したペニスの形を口でなぞるように軽く咥えた後、今度はトランクスをジーンズごと下ろそうとしてくる。俺は嬉しいながらも、いつものM子と違う大胆さに少々戸惑い、「おい。急にどうした?」とジーンズを押さえながら言った。


するとM子は顔をあげ、人差し指を唇に当てる。(そうか、隣で皆が寝ている。静かにしなきゃ。)そして起き上がろうとする俺をすっと手で制した。


訴えるような視線だ。(そのまま寝ててってことなのか?)M子にはM子の決意があるのだろう。


俺は逆らわないようにした。M子は俺のジーンズとトランクスを一緒に下ろした。


俺も腰を浮かせて協力した。ビンっと激しく勃起したペニスが顔を出す。


そしてM子はそれを優しく包み込むように咥える。亀頭を口に含み、舌でチロチロと先を刺激してきた。


その際、添えていた手でペニスをしごきながら。そしてペニスのサイドや裏筋にナメクジのように唇を這わす。


俺はあまりの気持ちよさに、思わす声が出そうになった。ペニスを深く咥えたM子は時に緩やかに、時に激しく、顔を上下させた。


ちゅぽちゅぽとやらしい音が静寂の中に響く。隣の部屋の誰かが起きてこないか俺はヒヤヒヤしたが、またそのシチュエーションが興奮に繋がったのも事実だ。


俺はM子のショートカットの髪を撫でた。それにしてもM子のフェラは絶妙で丁寧だ。


これだけで逝ってしまいそう。フェラでこんなのは初めの経験だ。


M子は俺のを咥えながら、スカートの中に手を突っ込み、自分でアソコを弄っているようだ。普段の明るいM子とは違う淫靡な雰囲気を漂わせている。


これは俺の知らないM子だ。彼氏しか知らないM子の姿だ。


M子の夜の顔を知ってしまった喜びと同時に、Bに嫉妬した。ややもするとM子は咥えるのをやめて、立ち上がり、スカートを下ろし、そのまま自らパンティを脱いだ。


俺はずっと仰向けに寝たままそんなM子を見上げていた。デルタゾーンには余り面積の広くない逆三角形の陰毛がはっきり見える。


M子のアソコをまさかこんな形で見上げる事になろうとは。そしてM子は俺の上に乗ってくる。


俺のペニスを握り、自分の膣にあてがい、そして愛液を馴染ませるようにぐりぐりと押し付け、そして、ずぶぶ、とゆっくり挿入した。ゴムなどない。


生のM子だ。M子の中は生温かく、ぬるぬると何かがうごめいているようだ。


M子はきゅっとペニスを締め付けると同時に腰を動かし始めた。陰毛と陰毛を擦り合わせるように、前後にゆっくりと。


彼女は下半身は裸だか、上はノースリーブのシャツのまま。その格好でもある意味エロいんだが、やはり上も脱がしたい。


俺は彼女の乳を服の上から揉み、そしてシャツのボタンを一つ一つ外す。俺がボタンをすべて外すと、M子は腰を動かしながらシャツを脱ぎ捨てた。


肩紐のない白いブラジャー。いやらしい格好のM子が俺の上にいる。


俺は下から乳をもみながら、そのブラを上へとずらした。決して大きくはないが形が良く、張りのある乳房。


そして小さい乳首。俺はM子の乳首をこりこりと指で弄ったり、下から円を描くように乳房を揉み解した。


じっとりと汗ばんでいる。M子は声を押し殺し、吐息だけで喘いでいた。


お互い大きな音を立ててはいけないスリル感がたまらなかった。その間も俺の上で腰を動かすM子、月明かりが妖艶さを増す。


眉間にしわを寄せちょっと悲しげな表情をしていた。こういう形でしか結ばれることが出来なくて哀しくもあるが、やっと結ばれた嬉しさの方が大きい。


色々気の合うM子と俺だから、セックスの相性だって。俺はここまでされるがままだったのだが、我慢できなくなり、腰を浮かせ、下から彼女を突き上げた。


M子は上から俺にもたれかかるような体勢になる。オッパイが俺の胸に押し付けられる。


鼓動が伝わってくるようだ。そして彼女は俺の肩の手をやり、声を出すのを必死で耐え、「・・・ぅふ・・・ん・・ん・・・ふ・・・」と吐息とも喘ぎ声ともとれないのを口から漏らしている。


俺もフィニッシュが近くなり、「M子・・・うう・・M子・・・」と彼女の名前を小声で囁いた。その瞬間、彼女の両手が俺の首を締めてきた。


これは、M子のイク時の仕草なのだろうか。(いや・・・。かなり力が入っている。苦しい・・・。)「・・・かはぁ・・・M子・・・何を・・・」俺は突き上げていた腰の動きが止まってしまう。


M子は俺の首を締めたまま、ゆっくりと腰をまた動かし始めた。俺は手を振り払おうにも、何故か体が言う事を聞かない。


(金縛り・・・?)首を締め続けられ、息が出来ず、段々と意識が遠のく。頭の中が真っ白になる。


苦しさと、それでいて妙な気持ちよさがあった。恍惚の中、M子の顔を見上げると、歪んで見える。


いや、そこにいたのは明らかに全くの別人の顔だった。長い髪を振り乱した女が、恐ろしい目で俺を見下ろしている。


激しく腰を動かしながら、口元がにた~と笑っている。(誰・・?)そして俺は突然、快感が花開くのを感じた・・・。


後の記憶はない。目が覚めたときにはもう朝だった。


(あれ・・・夢?)Bのニヤついた顔が目に入った。
「やっと起きたか。お前、なんちゅー格好して寝てるんだ」

俺は下半身すっぽんぽんだった。


ジーンズはその辺に脱ぎ散らかしてある。L子が怪訝そうな顔でチラチラとこっちを見ていた。


S子は俺に背を向け、全くこっちを見ようとしない。M子が呆れ顔でクスクス笑いながら、「L子ちゃん大丈夫?夜中に変な事されなかった?」と冗談っぽく言った。


「いやああ。F!あんた、まさか、私をぉお!いやあああああ!」L子が叫んだ。


(おいおい、俺はトドには興味ねえよ・・・。)それにしてもM子・・・。


俺はM子に目で合図を送ってみたが、M子はいつも通りだ。その態度を見ると、何かを隠しているようには見えない。


覚えてないなんて事もありえないだろう。(やっぱ夢か。)何故か俺のトランクスはジーンズと一緒のところになく、トイレの窓に引っかかってあった。


(どうしてそんなところに?)結局、俺は寝ぼけて便所でオナニーしてそのまま寝たとされた。そんな馬鹿な事あるのだろうか。


M子の騎乗位の夢を見ながら、寝ぼけてオナニーしてたんだろうか?最後に見た女は?あれは夢かうつつか・・・。その後も誰も何も変わりなく日々は過ぎた。


そんなM子がついこの前、妊娠発覚したという。Bは責任取って結婚するんだとさ。

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


友達 | 【2018-04-29(Sun) 01:30:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*