FC2ブログ
アクセスランキング

極端に怖がりな友達の彼女と不思議な一夜 1

この間のお盆休みに、大学時代の友人たちと集まって飲んだ。学生時代のノリで、友人Bのアパートになだれ込み二次会。


この時のメンバーは、部屋主Bと、俺F、女はS子、M子、L子の計五人。ちなみにM子はBの彼女。


Bには勿体無い可愛い子だ。Bの部屋で酒盛り、久々だったし話は尽きなかったよ。


どういう流れだったか、怖い話大会になった。夏だし、お盆だしね。


霊感があると自称するL子はノリノリだった。ただL子の話は、「人形が空飛んでた」だの、「カラスが笑った」だの、「壁から男が出てきて犯されそうになった」だの、何とも眉唾もんだったが、大の怖がりのM子はこんな話でも嫌らしく、ずっと耳を塞いでいた。


ここで意外な力を発揮したのがS子で、普段は天然入ったちょっと意味不明な子だが、どこで仕入れてきたのか正統派の怖い話で、皆を震えあがらせた。一方、Bは平気そうな顔をし、時にはちゃちゃを入れたりしてたけど、実はめちゃくちゃ怖がっているのが俺にはよーく分かった。


しかもBの話す怖い話はどこかピントがずれていて、怖いんだか何だか分からない。空気読めない奴ではあるが。


俺とS子はちらっと目を合わせ苦笑い。それでもM子は何が何でも聞きたくないようで耳を伏せている。




ただL子だけはBの話に同調し、「うんうん、そうねそうね。分かるわ。ポルターガイストよ」と、のたまっておられた。


ちなみに俺は幽霊なんて本気で信じてないな。エンターテイメントとしてのオカルトを楽しむタイプ。


で、そんな俺が怖い話する番になったんだけど、俺の話はアレですわ、最後のオチで、「わっ!」と驚かすやつ。序盤は静かに淡々と話し、中盤で話を盛り上げ皆の気を引き付けておいて、最後オチは突然大声で・・・。


「わっ!!!!」と叫んだ。S子とM子はビクっとしただけだったが、Bには面白いほど効果的だった。


「うわあああっ」と見苦しく叫び、ドテっと腰を抜かし、ひっくり返った。あまりにBの驚きっぷりが滑稽で、俺は思わず大爆笑。


しばらく笑いが止まらなかった。S子、M子も引き込まれて笑った。


やっぱりM子には笑った顔がよく似合うな。L子だけは、「うんうん、オチ読めてたわ。定番ね。はん!」と目を泳がせながら言っていた。


さすがにこの後、Bは終始ムスっとしていた。ちょっと笑いすぎた。


悪いことしたな。話題が心霊スポットに及んだとき、Bが急に、「この近くにあるから行こう」と提案してきた。


自称霊媒師のL子だけは大賛成。S子は「皆が行くなら」と。


俺とM子は反対。そんな俺をBは挑発する。


「F、ビビッたか?たじろいたか?行かないとは言わせないぞ」さっき笑われた汚名返上がしたいってところだろうか。Bを笑い者にした手前、面倒くさいが俺は行かざるを得ないだろう。


そしてBは自分の彼女のM子に対して、「何だM子、行かないのなら、一人でここに残れ」と冷たく言い放つ。M子は一人で残るのも怖いので、泣く泣く「ついて行く」と言った。


俺はそんなM子が心配だ。せめて俺がフォローしてあげよう。


近所と言っても歩いて20分くらいはあった。怪しげな雑木林に一本道。


その道の先にあばら家がある。雑誌の心霊特集とかでよく載るような所で、俺でも知っている。


「そこで昔、不倫の末、男女が心中したが、女は死に男は生き残ったらしい」と、Bがうんちく語っておりました。言ってるBが一番ビビってそう。


無理すんな。まあ、そんなのあくまで噂。


ありがちだわな。先頭に懐中電灯を持ったB、次にL子とS子、最後尾は俺とM子、自然にそんな隊列になった。


M子は俺の腕にしっかり掴まっている。先頭のBは妙に多弁だ。


怖いのを喋って誤魔化してやがる。突然、L子が唸るように言った。


「あそこに惨殺された男の子の霊が見えるわ。うんうん。血まみれよ!」男の子って・・・。


さっきBから聞いたエピソードと違うんだけど・・・。しばらく行くと急にM子の様子がおかしくなる。


ガタガタと異常に震えだし、目も白目がちだ。S子もそれに気付き戻ってきた。


BとL子は先へ先へ進む。俺はS子と二人でM子を抱きかかえ、「おい、B!M子が大変だ。もう引き返そうぜ!」とBを呼んだ。


するとBは戻ってきて、俺に対し「何だ!やっぱり怖いのか!お前、怖がりだな~」と不自然な高笑い。さっきの仕返しのつもりかよ。


しかしこいつは彼女であるM子に全く目もくれない。L子は除霊と称して、M子に怪しげなオマジナイをしていた。


(大丈夫か、おい?)結局はBのアパートへ引き返す事にした。その帰り道、M子はもうケロっとしていた。


「よく覚えてないけど、寒気がした。もう全然平気」との事。


極度の怖がりだから、緊張がピークに達したんだろう。でもまあ、大事なくてよかった。


Bは不機嫌そうにずかずかと先へ先へと歩いていく。(何て奴だ。ちょっとは彼女の身を案じろよ。)L子はそんなBに寄り添い、色々と話し掛けているようだ。


俺とS子とM子はBたちからちょっと離れて後ろを歩いた。ふいにM子がボソっと呟いた。


「Bのやつ、ジコチューなんだから。だいっきらい」そして「バーカ」と声を出さずに、Bの背中へ投げかけた。


「F君のが優しいよ。F君と付き合いたかったな」そのM子の台詞に俺はドキっとした。


昔、M子と初めて会った時、俺は一目見た瞬間、息を呑んだ。可愛かったし、あまりに自分のタイプにどんぴしゃだったからだ。


その後、M子と話をするようになって、またまたビックリ。趣味の共通点も多く、笑いのツボも同じで話が合うのだ。


自然、M子には心惹かれた。しかし当時、俺には彼女がいた。


そうこうするうちM子はBと付き合い出した。そして今、俺は彼女と別れ一人身だが、M子はまだBの彼女。


上手くいかないものだ。横で聞いていたS子はあっさり「付き合えば?」と言ってくれたが、そうも簡単なものではない。


あんなのでもBは親友だ。さてアパートに戻り、また皆で酒飲んで駄弁る。


何だかんだで大学時代仲良かった者同士、またすぐに打ち解け盛り上がる。M子も調子を取り戻し、ころころと笑っている。


(よかった。)そして、結局このまま皆でBの部屋に泊まっていく事になった。


酒のノリで、ジャンケンで寝る場所を決め、L子とS子がベッドで、Bは押し入れ、M子は床。俺だけ部屋から追い出され、台所で寝る事になった。


(俺だけクーラーの部屋から締め出しかよ。)Bの陰謀だ。


ま、それでも床が冷たくて気持ちよく寝れるさ・・・。そして皆、いつしか静かに眠りについた。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


友達 | 【2018-04-29(Sun) 00:30:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*