FC2ブログ
アクセスランキング

スポーツジムでマドンナ美女とペアになり、美味しいトレーニングを1か月味わった

会社の健康診断があって、30歳の俺は若干メタボと診断され
運動して、痩せるようにと勧められた。

運動といってもなーって思いながらも日々の仕事に追われ、健康診断の事を忘れていると、ある日、健康管理センターから案内通知がきた。


週1回、1~2時間程度、定時後に軽い運動と食事の指導をするので参加しませんか?と案内

面白半分に申し込んでみた。

初回、仕事の都合で、10分ほど遅れていったら嬉しいハプニングが起きた。

健康管理センターの職員の女性の指導で、なにやら体操をしている。

2人1組で、柔軟体操やら軽いウェイトやら、スポーツジムみたいなところで軽いトレーニングしている。

基本的には会社のおっさんどうしのペアだが、遅れて行った俺には相手がいない。

指導していた女性(社内では一応課長職)が俺の顔見知りで、声をかけてくれた。

「アラ、○○クン、一人なの?
じゃあ、えーっと
□□ちゃん、ペアになってあげて」

振り向いたのは、最近派遣されてきた看護婦さん。

真面目な人妻風で、三十路ぐらいの美人熟女。

この美熟女は、健診の時もけっこう注目されてたみたいだ。




実は俺も「ちょっとイイかな」
とか思っていた。

お互い、照れながらも

「よろしくお願いします」

と、体操を始めた。

ちなみに約1ヶ月あまり、ずっとこのペア。

べつにそう決まっていたわけではないのだが、変に意識して、かえってペア解消しにくかった。

当然、男性陣からは羨望と嫉妬の視線が集中

同期の××なんかは、わざと近くに寄って来て

「コノヤロ!」

と、俺の脇腹をグーで殴ってきたり
クラスのマドンナをものにした気分を味わったりw

そんで、細かい事は省略して、
体操メニューの内で特においしかったのは、全般に、手をつないだり相手の体を支えたり、かなりの密着度

床に座った相手の背中を押す、柔軟

一見なんでもないように見えるが、
ブラの肩紐や背中のホックが妙に色っぽかった。

逆に俺の背中を押しながら、耳元で

「だいじょうぶ?痛かったら言ってくださいね」

と、けっこう優しいスポーツジムのマドンナ熟女

仰臥して起き上がる腹筋運動。
仰臥した相手の脚に跨り、膝のあたりを両手でおさえる。

するのもされるのも、かなりおいしい。

ちなみにマドンナは短パンだったし。

また、起き上がってきたマドンナが、勢い余って、お互いの顔どうしニアミスってのもあった。


おんぶして、2~3組が競走

なんと言ってもこれが最高だった。

けっこう巨乳だったし、走るたびに、背中におっぱいの感触がプニプニ

おまけに両手でマドンナの太腿の付け根あたり(短パンだから直に触る事になる)を掴んで

さすがにおんぶしてもらうのはムリだったが、相手に足を支えて貰って、倒立

おんぶより、こちらが最高かも。

美熟女マドンナが倒立すると
Tシャツがめくれておヘソがモロ見え。

マドンナもすぐに気付いて、
2回目からは裾を短パンに入れてた。

真顔で「見えた?」とか聞かれて、
よけいに萌えキュン勃起!

それに、マドンナ、腕の力が弱いから、思いっきり太腿を抱くように掴んで支えてあげないと、倒立にならない。

ほとんど逆さ宙吊りに近い状態で
キャーキャー騒ぐもんだから、目立ってしょうがなかった。

それよりも、短パンの裾から中が!

パンティの股の部分がよじれて、食い込んで

さすがにおまんこの具までは見えなかったけど、形はおぼろげにわかるぐらい。

この研修でマドンナとは少しだけ親しく、話もできるようになった。

社内で会えば挨拶するし、通勤途中に会えば、一緒に歩くぐらい。

普通の「会社の女の子」とは明らかに違う、
かと言って、もちろん「特別な関係」というのでもない、なんか微妙な関係。

今でも、時々オカズに使わせてもらうこともある。

「人妻風」と書いたが、実際に既婚であることもわかった。

こんなHなトレーニングをしている事を、旦那さんに話したんだろうか。

俺は嫁には言ってない…絶対言えない。

普通の浮気、不倫よりもなんか、アブノーマルな行為に思われて嫁に行ったら激怒されると思うw

社内で、人目もあるなかで、特別えっちな事をしたわけではないけれど、とってもおいしいHな1ヶ月間でした。

チャンスがあれば、またマドンナと一緒に汗だくになってストレッチやりたいです。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


職場・取引先など | 【2018-04-19(Thu) 07:10:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*