FC2ブログ
アクセスランキング

サイトのオフ会で知り合った人と初体験

私の初体験は24歳の時でした。
相手は31歳の既婚者(その時は知らなかった)で、あるサイト(出会い系ではないです)で知り合いました。


サイトに参加して半年くらいしてからオフ会で実際に出会い、容姿にコンプレックスのある私にも優しく接してくれて家も意外と近かった事もあってアドレス交換しました。

直メするようになってから、さらに半年くらいしてから私の部屋でしました。
すでにメールの中で処女であること、妊娠しないため生理の周期も伝えて計算してくれてその日をむかえました。

初めて男性を部屋に迎えるにあたって、部屋の隅々まで掃除して私自身もシャワーをして真新しい白の清楚な下着を身につけました。

昼過ぎに彼が部屋にやって来て自然な感じで抱き締められてキスされました。

キスが激しくなってきて身体も触れられてくると頭がぼーっとしてきました。
違和感なく着ているものか脱がされて下着だけにされて身体を離されると「かわいいね」と言われて見られている恥ずかしさに身体が熱くなりました。


彼は後ろから抱き締めブラをはずすと私の胸に触れ「大きくていいおっぱいだね」と耳元でささやきました。




姿見に私たちの様子が写ってるのを見て身体がますます熱くなっていきました。
ベッドに寝かされて彼もトランクスだけになると私の横にきました。

手や口で優しく愛撫されて私も自然に声が出ていました。
パンティの上からの愛撫もパンティの中に手が入って、直接触れられると身体がピクピクして声が止まらなくなりました。

彼は起き上がるとパンティに手をかけて「お尻を少し浮かせて」と言い私は目を閉じて少し浮かせました。

パンティを脱がされると足を開かされました。
ひんやりした感じが走りました。
見られている恥ずかしさに顔から火が出そうでした。

「きれいだ…」彼のつぶやくような声が聞こえました。
そして「かおるちゃんの処女を記念に残そう」
大事な部分を携帯で撮影されました。

それから一番敏感な部分を舐めてきました。
優しくゆっくりだったのが私の反応に合わせて激しく早くなってきて、そこから背中を通って脳に衝撃が走ってのけぞってしまいました。

何が起こったかわからずに勝手に震える身体をコントロール出来ないでいると「逝ったみたいだね」と言われて、これが逝くということなんだと思いました。

彼はトランクスを脱いで私の膝を立てて足を広げて間に、そして手を添えて私の大事な部分を彼の大事な部分でなぞってきました。

「いいね?」と言われてうなづいて目を閉じました。
ゆっくりと彼が入ってくると紙で指を切ったような感覚がありました。

そのまま私の中を一杯に満たすように入ってきてヒリヒリする痛みが続きましたが、思ってたよりも痛くはありませんでした。

「全部入ったよ、大丈夫?」と聞かれて「大丈夫です」と答えました。
彼が動き出しても激しい痛みはなくて、ヒリヒリ痛む感じでした。

しばらくして彼が私の中で逝きましたが出された実感はありませんでしたが、彼が私から離れると彼が出したものが溢れだしたのがわかりました。

シーツの上に敷いたバスタオルには出血の跡があり、彼の大事な部分も血がついていました。

何よりも私の中に残っている彼の残存感が、初体験したんだと感じさせてくれました。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


ネットでの出会い | 【2018-04-17(Tue) 07:10:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*