FC2ブログ
アクセスランキング

元彼達のペニスに悶えた妻を思い浮かべ嫉妬の炎を燃やしています

とても美しい女性と奇跡的に結婚できた35歳の公務員です。
妻の百合は32歳で、結婚したのは4年前、付き合い始めたのは5年前です。

それまでは20代前半で、ロリ系の可愛さがある女性とばかり付き合ってきました。

でも、初めての異動で県庁所在地の都会から田舎町に引っ越したら、可愛い女の子と知り合う機会もなくなり、アラサーになって年齢的にも無理があると思い始めていた頃、仕事上で百合と知り合いました。


当時27歳だった百合は、落ち着きのある上品で清楚な女性で、今までの可愛い子フィルターが一気に破壊され、一目惚れ状態でした。

仕事上で知り合ったと言っても利害関係があるわけではないので、何度か顔を合わせるうちに一緒に食事に行く機会があったとき、百合が、

「えっ?独身なんですか?てっきり奥さんがいるものだと・・・だって、公務員との結婚を望む女性はたくさんいるでしょう?」

と言われて、初めて結婚を意識し、それならばと、

「じゃあ、百合さんは私を結婚相手として考えられますか?」
と問うてみたら、
「ええ、もちろん。私、来週で27歳になりますから、素敵な公務員さんならば喜んで結婚を考えますよ。」

と言われて、とりあえず付き合ってみようということになり、メルアドを交換して、百合の誕生日に食事に行くことになり、私達が結ばれる扉が開かれました。




大人の男と女が付き合いだせば、おのずと体を求め合います。

「結婚を考えてのお付き合いですから、体を求められるのは覚悟しています。」
そう言って、隣町のラブホへの誘いについてきてくれました。

「私、27歳ですから初めてではないですが、2年前に故郷に戻ってからは、男性とそういう関係になったことないので、久しぶりだから恥ずかしいですね。」

そう言いながら清楚美人の百合が見せた裸身は、体のラインがアスリートのように引き締まって、運動部の女子〇生を思わせました。

Cカップの乳房は弾力があって揉み応え十分で、2年ぶりに男を迎え入れようとしていた陰部は、紅色に完全勃起したクリから八の字に褐色に色付いたラビアが内側に巻くように伸びていました。

県庁所在地にいた頃の可愛い女の子達の陰部は、たとえ非処女でもクリは皮に覆われて、ラビアは褐色にはなっておらず、巻いてもいませんでしたから、2年前の25歳で帰郷するまで、百合はどこかでかなりの性体験を経験してきたことを窺わせました。


百合は東京の大学へ進学し、2年間就職していましたが、

「私、結婚しようとまで思った人と別れて、故郷に戻った都落ち女なんです。」

「どうして別れちゃったの?」

「その人の性癖に耐えられなくて・・・恥ずかしい格好に縛り付けて、辱めに感じる私を撮影して雑誌に投稿しようとしたんです。言いたくないけれど、後々画像が流出したときに破局するより、今のうちに話しておこうと思って・・・私、リスキーな女なんです・・・」

付き合いだしてすぐ、百合が私に話したことを思い出していました。

「帰郷して2年、ネットに流出したらどうしようって、リベンジポルノに怯えて暮らしていました。でも、あなたには全て話して、その上で私を選んでほしいと思ったんです。」

これがその辱めの痕跡なのかと、いろんな想像をしながら股間を眺めていました。

更に、美しい清楚顔でペニスに頬ずりし、ハーモニカを吹くように舐め、亀頭に達しては口に含んで見事な舌使いでペニスを慈しむようなフェラを披露しました。

百合の喘ぎ声は、若くて可愛い女の子達の「アンアン」という可愛らしいそれと違い、
「アッアーン・・・ハァン・・・」
と色っぽく、清楚な美人顔を官能の喘ぎに染めて、ロリ系の女の子には絶対に出せない美しい淫らさで、私を虜にしていきました。


私はすっかり百合の虜になり、初めて男女の関係になってから半年後にはプロポーズし、そのまた半年後に結婚しました。

百合が帰郷して以来、清楚美人の百合を狙っていた男はたくさんいたようで、

「今日も2人来ましたよ。百合さんという人の婚約者はどの男だと尋ねた人が・・・」
のようなことを同僚に言われていました。

妻の百合が、結婚まで考えた元彼にどんな仕打ちをされたのか、どんな写真を撮られたのか走りません。
それに、あれだけの美人ですから、元彼が1人とは思えません。

過去に百合が何人の男を愛し、何本のペニスを受け入れたのか、それは百合しか知りません。

清楚で美しい百合が、性的な欲求に駆られた時にふと思い出すのが、過去の男のペニスに突かれた快楽の記憶だったりするかもしれません。

妻の百合が元彼達と結んだ肉体関係・・・股を開いて、選ばれしペニスだけが侵入を許可される恥ずかしい穴に硬いペニスを迎え入れ、男の背中に手を廻し、喘ぎ、悶えたのです。

大学1年で処女喪失した美しい百合は、まだ幼さを残していたでしょう。
初めて恥ずかしい体勢を求められ、恥ずかしい陰部を観察され、破瓜の痛みに泣いたでしょう。

やがて、男の勃起した硬いペニスが百合の陰部に侵入して、ラビアは少しずつ褐色に色付きながら伸びていったのです。

紅色に完全勃起する敏感なクリを見ただけでも、清楚な見た目からは想像できない風変わりな性体験を百合はしてきたと思います。


結婚して4年、一昨年長女を出産して百合は仕事を辞め、昨年私は異動で再び県庁所在地に戻り、百合は故郷を離れました。

子供はまだ小さいですが、団地でも噂の美人お母さんの百合を毎日のように抱いています。

褐色のラビアは少しずつドドメ色になりながら、クリオネが羽ばたくように私のペニスにまとわりつきます。

その様子を見ながら、百合の元彼達のペニスを思い浮かべ、そのペニスに喘ぎ悶えた百合に嫉妬の炎を燃やし、ペニスはさらに固くなっていくのです。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2018-04-17(Tue) 00:30:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*