FC2ブログ
アクセスランキング

ロリ巨乳なプール監視員と水中セックス【エッチ体験談】

区営の屋内プールで監視員をしていた時のことです。
スタッフは30人くらいいたのですが、正社員の監視員は2~3人。
あとはバイトで、学生やフリーター、主婦、会社員とか色々でした。
男と女の比率は1対1くらいです。

私は朝型なので、9時営業開始の準備をするため、いつも8時に出勤してました。
8時出勤は2人、組み合わせはまちまちで誰と組むかは分かりません。

女の子は、水泳を得意にしているだけあってスタイルが良い子が多く、目の保養には事欠きませんでした。

中でも、色白で目の大きいロリ巨乳さんは一際美人で、シフトが同じだとすごく嬉しかった!
特に、監視台に座っているロリ巨乳ちゃんは脚のラインが綺麗で、競泳水着とはいえお色気ムンムンです。

ロリ巨乳ちゃんも朝出勤が時々あり、その日も2人で8時から仕事。
1人は更衣室の準備、1人はプールの点検をしてます。

私は更衣室の準備を早めに済ませて、ロリ巨乳ちゃんのプール点検を手伝うことにしました。
プール点検は、踏み台を入れたりなど結構な重労働です。

ロリ巨乳ちゃんが踏み台をロープで縛るため潜っているとも知らずに私も潜ったら、ちょうどロリ巨乳ちゃんのお尻に触れてしまいました。
決して故意ではなかったのですが、ウエストのくびれまで触れてしまいました。
ロリ巨乳ちゃんの躰は弾むように柔らかかったのが脳裏に残っています。

私は水から出るとロリ巨乳ちゃんに、「ごめんなさい」と謝りました。
彼女は、「大丈夫です」と笑顔で答えてくれました。
その日の夜、もう一度、『今朝はごめんなさい』とメールを入れて眠りました。




次の朝、携帯を見るとロリ巨乳ちゃんから、『明日も早番ですね。私もです、宜しく☆』と入ってました。
私は嬉しくて、ロリ巨乳ちゃんが出勤する前に全部仕事を済ませておきました。
出勤してきたロリ巨乳ちゃんが、「えっ、もう全部終わったの!じゃあ、私はすることないね」と更衣室で水着に着替えている時でした・・・。

「きゃーっ!」

驚く声がしたので行ってみると、「ゴキブリがいたの!」と言います。
私が行った時はもういなかったのですが、ロリ巨乳ちゃんはまだ下着姿でオロオロしています。

「怖がりだな!もう大丈夫だよ」

ロリ巨乳ちゃんの顔を見ると視線が合い、無言のまま唇を合わせてしまいました。
ロリ巨乳ちゃんは手に持った水着を床に落とし、私の首に腕を回して吸い付くようにキスに応えてくれます。
舌を絡めて何度も何度も舌を出し入れして、ソフトにそして激しくキスすると、歯磨きの匂いから興奮した女性の匂いに変化するのが分かりました。

「アッアァァ・・・ン・・・うっぅ」

私はロリ巨乳ちゃんのピンクのパンティーに指を這わすとと、ロリ巨乳ちゃんはそれに応えるかのように私のパンツの中に手を入れ、ダイレクトにチンチンを握りました。
会話は何もありません・・・響くのは2人のエロい声と音だけです。

舌を絡ませてキスしながら、左腕はお互いの首にもたれ、右手はお互いの性器を弄り、ロリ巨乳ちゃんは私のペニスをシゴキだします。
私もそれに合わせて、クリトリスを中心にビラビラを摘んだり擦ったり。
ロリ巨乳ちゃんは、「ハッハッ・・・ウゥン、アッ、アァァン」の繰り返し・・・。

「入れて・・・」

ロリ巨乳ちゃんが甘く囁き、私は無言のままロリ巨乳ちゃんを後ろに向かせてバックから。
何の抵抗もなくペニスを飲み込みました。

「ウゥン、すごくいいわ、すごいすごい・・・あっ溶けちゃう・・・」

ふと時計を見ると、もう他のスタッフの出勤時間。
残念ながらフィニッシュには至らず、私は不完全燃焼の状態で女子更衣室を出ました。

プールの勤務は、監視室で全体を監視、プールサイドを巡視、監視台で全部を見渡す、水質を測るなどがあり、4人で30分交代でシフトします。
今日は、ロリ巨乳ちゃんが監視台に上がり、私はプールサイドを巡回するシフトでした。

私がプールサイドを一巡して監視台に近付くと、ロリ巨乳ちゃんは少し脚を広げてオマンコの場所を見せてくれました。

(ロリ巨乳ちゃんはエッチだな・・・)

なんて思う余裕なんかありません!
私のチンチンが膨らみだしたので!
慌てて水道の水で足とか腰を冷やして、その場はなんとか収まりました。

2巡して監視台の下でメガホンを逆にして(メガホンは逆にして相手に向けて話すと相手にしか聞こえないのです)、「これから会える?」と聞くと、「ごめん・・・このあともう一つバイトなの・・・」とロリ巨乳ちゃん。
残念・・・。
勤務のシフトは1週間ごとに決まります。
次の週はロリ巨乳ちゃんと2回、8時の早番が付いてました。

そして、その日です。
私はロリ巨乳ちゃんが来る前に仕事を済ませておこうと思って早めに出勤したのですが、もうすでにロリ巨乳ちゃんは出勤していて踏み台の準備をしてました。
1人だと30分は掛かる作業も、2人だと10分程度で終わってしまいました。
時計を見ると、まだ7時半前です。

「早く終わったね・・・これからどうする・・・」

私が言い終わる前に、ロリ巨乳ちゃんは私の首に腕を絡ませ、唇を重ねてきました。
初めはソフトに、だんだん激しく吸い付くようなディープキスをしながら抱き合い、プールの一番深い所に倒れ込みました。
水中でのディープキスは、唇を密着してないと水を飲んでしまいます・・・。
相手の唾を一滴残らず飲み尽くすような濃厚ディープに興奮して、私のペニスはパンツから頭が出るほど勃起していました。

私はロリ巨乳ちゃんの体を擦り、お尻や腰のクビレを楽しみました!
するとロリ巨乳ちゃんは私の下半身に手を伸ばしてチンチンに触れると、「すごいネ・・・」と言いながらペニスを取り出してしごいてくれました。

私は信じられないほどの快感に襲われて、夢中でロリ巨乳ちゃんの水着の中に背中から手を入れて乳房を探りました。
乳房はゴムまりの様に弾んで私の指を拒みますが、乳首に辿り着いた瞬間・・・。

「アッ・・・いいィィわ・・・」

ロリ巨乳ちゃんは一度目のアクメを迎えたようです。
ディープキスをしながらプールの水に漂うようにロリ巨乳ちゃんの乳房を揉み、そしてロリ巨乳ちゃんは私のペニスを握り締めてしごくのです。
そのシチュエーションと強烈な快感に、私はドクドクと射精してしまいました。

(ロリ巨乳ちゃん、しごき過ぎだよ・・・)

ロリ巨乳ちゃんは、たった今射精した私のペニスをずっと握り締めています。
ペニスは一時的にパワーを失いましたが、ロリ巨乳ちゃんの手の平の温もりと、人差し指で亀頭を優しく撫でられて、回復するのに時間は必要ありませんでした。

その頃になって私の出した精子が、ロリ巨乳ちゃんと私の間に10センチほどの白い糸のようになって浮かんできました。

ロリ巨乳ちゃんの胸に忍ばせた手を肩に回して水着を脱がせると、白くきめ細かい肌のオッパイがプルンと水の中で揺れました。

ディープを中断して乳首をコリコリしたり甘噛みしたりすると、「アぁぁ~ン!ダメダメ・・・すごくいい・・・!」と身をよじり、なお強くペニスを握り締めてきました。
そして体ごとぶつかってくるように可愛いオッパイを押し付けてきます。
私も左手はオッパイを、右手はロリ巨乳ちゃんの性器を撫でてあげました。

しかし、ベッドならその体勢でペッティングを続けられますが、プールの中ではだんだん体が離れていってしまいます。
2人は慌てて、ほぼ同時に左手をお互いの首に巻きつけて、離れないように抱き合いました。

お互いの目が合い、唇を重ねて舌を貪り、右手でロリ巨乳ちゃんの背中から水着を脱がせました。
しかし水着は腰のくびれとお尻のボリュームで、なかなか下に下がってくれません・・・。

ロリ巨乳ちゃんはペニスを握ってた手を一旦離して、体をくねらせながら一緒に水着を下ろしてくれました。
そして、「全部脱がさないでね・・・!流れるから・・・」と甘く囁きました。

私もパンツを素早く下ろし、2人とも片足にだけパンツと水着を引っ掛けて全裸で抱き合いました。
体は燃えるように熱いのですが、30度の水温で冷やされ、興奮は冷めることなく続くのです。
ディープは続き、時折漏れる快感のうめき声。

「はっ・・・はっ・・・いい・・・ゥゥ~」

私はたまらず水に潜り、ロリ巨乳ちゃんの性器を水中で舐めることに。
するとロリ巨乳ちゃんは脚を広げてくれます。
陰毛がユラユラ揺れて性器からは温泉が湧き出るように淀んでます。

なおも深く潜ってクリトリスを舐めると、ロリ巨乳ちゃんの性器から薄黄色の液体が吹き出しました。
たぶん失禁したのだと思います。
水面に浮き上がってロリ巨乳ちゃんの顔を見ると、目は虚ろで放心状態になってました。

私がもう一度潜ろうとした時、ロリ巨乳ちゃんは「待って!」と言い、シンクロの選手のように水面に体を浮き上がらせ、腰を水面高く持ち上げました。
私はロリ巨乳ちゃんの両足を肩に乗せてクリトリスを何回も舐めると、ロリ巨乳ちゃんは水中に沈んでしまいました。

大丈夫かな?と思い、ロリ巨乳ちゃんのカラダを起こすと、「すごい・・・すごい・・・死ぬほど気持ちいいよ!!」と抱きついてきました。
私のペニスも痛いほど硬くなっています。

「入れるよ」

私が言うと、ロリ巨乳ちゃんも脚を広げて入れやすくしてくれました。
オマンコにペニスを宛てがい静かに挿入。
水圧も関係してすごく締まります。
私は腰を振ってピストンするのですが、水の中では体が思うように動かず、ゆっくりの腰振り。

しかし、それが刺激的で、ロリ巨乳ちゃんのオマンコの温かさと押し付けられたオッパイの感触と甘いうめき声とが入り乱れ、2人はプールの底で足を蹴って体を浮かせたり沈めたりしながら、リズムを合わせて挿入を楽しみました。

ロリ巨乳ちゃんは両手で私の首にぶら下がっている状態です。
私はロリ巨乳ちゃんのふくよかなお尻を抱えながら・・・。

「じゃ・・・イクよ」

「来て・・・来て・・・あーん、すごい」

私は激しい快楽に襲われて、精液は尿道を走るように一気に射精したのです。
2人の動きが止まり、微かに私の最後の腰ふりでフィニッシュしました。

余韻を楽しみながら甘くキスして、「最高だね・・・◯◯ちゃん・・・」と言うと、「プール、やめられないよぅ・・・」とロリ巨乳ちゃんはオッパイを押し付けながら言うのです。

ロリ巨乳ちゃんからペニスを抜いてオッパイを揉んでいると、オッパイの谷間からまた白い糸が浮き上がってきました。
微笑みながら2人で水をかき混ぜました。

勤務のシフトは管理責任者が決めるので、ロリ巨乳ちゃんとは週に2回会える時もあれば、月に1回しか会えないこともあります。
長く会えない時はお互いメールで、『早く一緒の早番に付かないかな』なんて連絡してます。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


職場・取引先など | 【2018-04-13(Fri) 15:10:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*