FC2ブログ
アクセスランキング

お年寄り相手の整体院に、メチャ可愛い若妻さんが来てくれた! 1

整体師ってイイよ。
まぁ色々あったんだが、プチ高級住宅街のプチ裕福な爺さん、婆さんを狙って始めた店。
正直、じじぃやばばぁを相手にマッサージをやってるお店なんて無かった。

だから、お洒落な感じの雰囲気に心がけて店づくりをした。
所謂「変態悪徳整体院」って感じじゃなくて、皮張りのソファとか50インチの大画面ハイビジョンテレビなんかを置いて高級ブティックの一室みたいな雰囲気。
最初の数ヶ月こそもう死んじゃおうかなあ・・・と思う位しか人が来なかった。


でも、マンションやら色々な家に決死の売り込み。
胡散臭いと思う殺し文句を並べたビラ巻き。
これが意外にも効果があって、客は来るようになった。

フェイスブックやツイッターなんかで使った広告費がバカのように思えるほど簡単だった。

狙い通りやって来るのは騙されやすい爺さん婆さん。
マッサージ自体は整体師の人に数ヶ月弟子入りって言うか、給料ほぼ無しでただ働きして教えて貰ってたからそれでやってたんだけど、まあ爺さん婆さんなんかはマッサージより話中心みたいなもんで、俺もそこは心得てたから半年もするとそれなりに喰っていける位に客が着くようになった。

お爺ちゃんお婆ちゃんにあんまり力入れると後痛くなるから、ほんと施術中はさすってる様なもんだったけどね。
でも「ここに来るようになってずいぶん楽になった」とか言われて評判は悪くなかったと思う。
客は8割爺さん婆さん、2割サラリーマンって感じ。

サラリーマンにはそれなりに真面目にやったよ。




で、そのうちにあるお婆ちゃん紹介っていうかお嫁さんがどうも肩が酷く凝るから見てやって欲しいって言われたのよ。
俺としては客が増えるのは大歓迎だから是非来てくださいって事で来て貰った。

仮にA子さんとするけど、A子さんが来た瞬間おっと思った。
年齢は30歳と言っていたけどもっと若く見える。
俺がその時32だったんだけど5歳は年下って感じ。

しかも結構可愛い。
鼻筋が通ってて少しタレ目の甘い顔立ち。
因みに40以下の女性のお客はその時が初めてか2人目位だった。

そんだけ爺さん婆さんに特化してた訳だ。

「はじめまして。院長の○○です。(つっても俺一人だけど)」って言うと「宜しくお願いします」って言って頭を下げてくる。

しかもなんかいい匂いする。
俺も男だからちょっと張り切った。

「最初だから30分にしましょうか。」と言ってから、まずは椅子に座ってもらって背中から肩の辺りを触ると確かに凝ってる。

「まずは施術衣には着替えなくて良いです。今日は肩を中心にやりましょうね。」と言うと、はい。と頷く。

因みに施術衣ってのはあのマッサージの時に着替える奴ね。
水色の短パンと上着みたいな奴。

女性の場合は背中がマジックテープで開くようになってた。
その時うちでは上半身だけの時は治療台じゃなくてソファみたいなものに座ってもらってテレビか本でも読んでてもらって、そこに対して俺が立って後ろから肩を揉むというスタイルにしていて、(出来るだけ家に近い感じでがコンセプト)A子さんにもそうしてもらった。

ゆっくりと背中から肩にかけて凝りを解していったんだけど、やっぱり触るときは結構緊張した。

いい匂いしてるし、髪は上に纏めて真っ白なうなじが見えてて、仕事とはいえ役得だなあと思って。

しかもA子さんは柔らかめのシャツとスカート姿だったんだけど、上から見たら細身のスタイルの割におっぱいもでかい。
触ってて俺が得だと思える客なんてそうはいないから俺も頑張った。

最初はホントガチガチだったけど15分位してると大分解れて来て話も弾んで結構楽しかった。

「凄い、気持ち良いですね。」
「この背中の部分をしっかりと解すと肩が楽になるんですよ。この肩甲骨の下の部分、判ります?」
「あ、そこです。」
「整体とかは結構いらっしゃるんですか?」
「いえ、全然。今日が初めてなんです。」と。

A子さんは26で結婚して3歳の子持ちと云う事もそこで判明。
子供は御婆ちゃんに預けてここに来たとの事。
あまりに楽しくて微妙に時間をオーバーした位だった。

A子さんもそこそこ満足してもらったようで「何回かいらっしゃって徐々に体質の改善していきましょう」とか言うと「はい是非。」とか言って来る。

そんな感じでA子さんは週に一回来てくれる上客になった。


2回、3回目は1回目と同様会話をしながら普通に上半身だけの施術をした。
子育ての苦労とか、そういう会話をしながら上半身を解す感じ。
元々信用してないって訳じゃないだろうけど身体を触る仕事だからね。

これでA子さんは俺の事を信用してくれたんだと思う。
帰るときには「凄く肩が軽くなりました。ありがとうございます。」って笑いながら言ってくれる感じ。

それも可愛らしくて正直その時俺はややA子さんに惚れてた。
4回目の時に「じゃあ今日は施術着を着て、全身をやってみましょうか。」って言うと寧ろA子さんの方が待ってましたって感じだった。

施術着を着替えるスペースがあってそこで着替えてもらうんだけどそっちに全神経が何故か集中したね。
膝丈上のブリーツスカートを今脱いでるのか。
とか諸々。
仕事にも拘らず。


着替えて出てきたA子さんを見た瞬間、一言頭に浮かんだのが「エロい」施術着って一切の色気のないパジャマみたいな服だったんだけど、ブラ外したからか胸の部分がくん、と持ち上がってて胸の形丸判り。

婆さんばっか相手してたんで、体のラインが判るってのがこれほどエロイとはと思った。

そしてそこで初めてA子さんに治療台に乗ってもらったんだけど、もうね、身体がいやらしい。
治療台にうつ伏せになっても身体のラインが全然崩れない。
施術衣の上からでも身体のラインが判る色白でスレンダーだし、肌とかも柔らかくて肌理細やか。


仕事だよ。
仕事なんだけど役得だなあ。
と思わず溜息ついた。

爺さん婆さん、凝り固まったサラリーマンと比べるとやる気が別になる。
触るだけで俺の方がパワー貰うんじゃないかって感じ。
本気でちょっとやってやろう(整体をね)と思って上半身中心に。

その頃は結構軽口を叩けるようになってたんで上から背中辺りを揉みながら
「徐々に身体楽になってませんか?」
「あ、すっごい良く眠れるようになりました。」
「そうでしょう?お子さんの夜泣きが終ってから寝つきが悪くなって、身体の調子崩す人も結構いるんですよ」などといいつつ、柔らかくて良い匂いのするA子さんに施術。

それまでのソファでの施術が効いていたからA子さんはかなり慣れた感じで施術を受けてくれた。

やっぱり整体でも他人に身体を触られるってのは緊張するから、一回目の人とかは本当に身体が硬い事とかが多い。

でもA子さんは結構ふにふにと力を抜いた感じで施術を受けてくれて、手とかをやっても「あーそこです。すごい。」とか言って力が完全に抜けた状態。

脇腹の辺りとかこっちも微妙に緊張する所も力抜いたまま。
今までやってなかった腰の辺り中心にやると凄く気持ち良さそうにする。

「あーこっちも凝ってますよね。結構お子さん抱っこしたりしながら立ってる時間多いんじゃないですか?」
「そうですね3歳だからもう結構重くって」みたいな。

無論腰を押してるんだけど俺としてはかなりその下の柔らかそうなお尻に意識が行ってた。
しかも俺が腰押すたびにお尻の形がくっきりと判る。

ただ勿論俺もお客さんだから何かをするって訳じゃなくて、その日は目と指を楽しませたって感じだった。

それ以降は腰もやりましょうね。
という事で治療台でやる事にした。
正直、もうその頃はA子さんの回は毎週の楽しみだった。

昼の2時か3時からが多かったんだけど、自分でもどうかと思うけど、その後の30分空けたりした(会話のためにw)もうこないと言われたらマジで金は要らないと言ったと思う。

A子さんは専業主婦で30歳だから子供がいるにしても姑さんとかいるから時間は取ろうと思えば取れたんだろうね。
会話に飢えてるって感じで会話も結構弾んだ。

友達風に喋ってもちゃんと受け答えしてくれる。
っていうかそっちの方が好みのようなんで、回数を重ねる度に俺も徐々にタメ口になっていった。

「子供がね、もうディズニーに夢中になっちゃって。」
「へえ、子供そういうの好きだもんね。ジブリとかも好きなんじゃないの?」(腰揉みながら)
「トトロも大好きなの。」
5回目位からはそんな感じ。


仕事から外れたらマズイ、とは思いつつでもタガが外れたのは暫くしてから。
思い返すとタメ口がマズかった。
何か美人の女友達の身体揉んでるみたいになってたから。

<続く>

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2018-04-11(Wed) 22:10:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*