FC2ブログ
アクセスランキング

高校の時からの彼女と、大学に入ってついに結ばれました 1

高校の時からの彼女ととうとう体験しました!それまでのいきさつです。
高校2年の時に付き合い始め、お互い初めての彼女と彼氏でした。


僕は当然男なのですぐにでもやりたかったのですが、彼女が「絶対だめ!」と許してくれませんでした。

初めのうちオッケーだったのはキスと服の上から胸を触るくらいで、大学に合格したら直接触ってもいいと言われました。


彼女の方がちょっと頭が良かったのですが、「頑張って同じ大学に入れば体をあげる」と言われました。
いっしょに勉強して、勉強に飽きたら服の上から触らせてくれました。


毎日家では彼女の写メで抜いてました。
滑り止めの大学に受かった日に、彼女の部屋で上の服を脱いで胸を見せてもらえました。


大きくないけど、とても奇麗な胸でした。
たまらなくなって直接触って揉みました。


僕の棒がビンビンになってたまらなかったので、それを言うと真っ赤になりながらパンツの上から触ってくれました。
気持ちよくて彼女の胸触りながら射精してしまいました。




「これが・・・の匂いなの?」って、びっくりしてました。
その日はビニール袋もらってトイレでパンツを中に入れて、ノーパンで帰りました。


それからは受験勉強の休憩時間は二人で触るようになってました。
最初の失敗があるので、出さないうちに止めてました。


でも、やっぱり二人とも我慢ができなくなってきて、僕は彼女の下も見せてもらって、そっと触るように。
彼女は僕が頼むと、恥ずかしそうに口で咥えてくれるようになりました。


ムラムラしながら勉強しててもかえって勉強がはかどらない事が判り、夕方にお互いどちらかの部屋に行くと、まず気持ちいい事をしてから勉強しました。その方がはかどりました。


具体的には、お互い下着の下に手を入れ(親が急に帰ってきても戻せる程度)ずらします。僕は彼女の服をたくしあげて胸を揉み、唇で愛撫して、彼女が小さく声を上げます。


下の方はパンティーの上から撫でるのしか許してもらえませんでした。でも彼女のパンティーが湿っぽくなるのはわかりました。


そうしているともちろん僕のが大きくなってるので、ベルトを外してチャックを下ろし、棒を出します。
彼女が手で撫でたりして透明なのが出てくると、口を付けて上下してくれます。


僕がいきそうなのを伝えると、彼女が咥えたまま僕の棒の根元を手でしごいてくれます。僕が発射したのを彼女が口で受け止めてくれて、終わったらティッシュに出します。


飲んでもらった事もあるのですが、「美味しいものではない」と言うので無理には言ってません。
お互いにティッシュで綺麗にしてから、すっきりして勉強したらはかどりました。


そんなティッシュが部屋にあって親にバレたらまずいので、あまりいいことではないけど、ティッシュはトイレに流してました(多い時は分割して)。

お互いの親にも「清純な付き合いをしてて、一緒の大学を目指してる」と紹介してたので、お互いに部屋で勉強する事は許されてたけど、そんな事をしてたのは知ってたかどうかはわかりません。

でもある程度は気がついてたかも。

合格発表は二人でドキドキしながら見に行って、二人で喜びました。


僕はすぐに部屋に行って彼女を抱きたかったけど、お互いの家でお祝いがあるので、カラオケでそっと触りあうだけで帰りました。

その後日、デートの時にそっと「◯◯子が欲しい」と言いましたが、「まだ高校生だからダメ」と言われて身体はダメでした。


でも「合格のお祝い」と言われて、部屋で下の方を見せてもらいました。
お互いにいつものように愛撫したあと、彼女が後ろを向いて恥ずかしそうにパンティーを脱ぎました。


丸いお尻が丸見えになり、毛の生えた谷間がちらっと見えました。
そしてこちらを向いて真っ赤になりながら横座りに座りました。


「もっと開いて」とお願いすると、もじもじしながら膝をゆっくり開きました。黒い毛の生えた三角形の下に少し毛の生えた筋がありました。


僕は「触っていい?」と聞くと、彼女が「触るだけだよ」と言いました。
僕は彼女の足の間に入って指でそっと撫でました。


「あっ」と彼女が小さく声を出して膝を絞めてきました。
「触れない」と言うと、また膝を開きました。


僕は両手で谷間をちょっと開いてみました。
そこは内臓のようにピンク色をしていて光っていました。


ピンクのヒダヒダが重なっていて、どこが入れるところかはわかりませんでした。お尻の穴は下にあったので、この谷間のどこかに入れるのだけはわかりました。


「どうしても入れたい」と言いましたが、だめだと言われました。
「写メとっていい?」ってお願いしたら、パスワードかける条件でしぶしぶ許可してくれました。


そのあと、またお互いに触りあい、彼女の口に出して終わりにしてました。
もちろん夜になってから、その写メで抜きました。


3回抜けました。4月になってすぐに抱きたかったけど、ちょうど彼女の排卵日(と思われる)前後だったので、いつものようにしてました。


ただ、あの後は下も触れるようになり、指もちょっとだけ入れるようになりました。お互いに大胆になり、部屋で裸で愛撫するようになりました。


もう時間の問題でした。万が一の場合を考えてコンビニでゴム製品を買い、部屋に置いてました。


入学式やオリエンテーションも終わり落ち着いた頃、弁当(彼女が作ってくる)を食べた後の昼休みに彼女が言いました。

「今日、親遅いから。・・・いいよ」(ばんざーい!やったー!)
午後の講義は身が入りませんでした。


講義が終わると急いで彼女の家に。
もうお互い目の前で裸になるのは全然平気になってました。


二人でシャワーを浴びて、大急ぎで部屋に。キスをして、そのままベッドに彼女が仰向けになって、僕は横から胸を愛撫して舌で転がしました。


彼女が「あっ」と言って仰け反り、その仕草にぐっと来て首筋や耳たぶをそっと噛みました。
彼女が僕のを見て、「そんなの入らない」とか言いました。


「優しくするから大丈夫だよ」と声を掛けて、一生懸命彼女をいかせる事に専念しました。
そっと下に手をのばして手のひらで彼女の前の毛から谷間にかけてを圧迫するように前後しました。


こうすると彼女が感じる事がわかってました。
しばらくしてから彼女の谷に指先を入れてみるとニュルっとして透明なものが指についてきました。


僕のはもうとっくに最大値に達していたので、財布からゴムを出してつけました。練習していおいたので、すぐにつけました。


もう一度彼女に「心配しないで」と声をかけ、彼女が頷き、いよいよ待望の瞬間です。彼女が膝を開いて僕が入りやすいようにしてくれました。


僕がその間に入って膝を立てます。ネットで見てだいたいどうしたらいいかは二人ともわかってました。


彼女の横に両手をつけて、結合予定部を見ながらゴムをつけた自分の棒を近づけました。棒が上を向いているので体を起していたら入らなさそうなので、彼女に密着しました。


彼女の胸と僕の胸が密着して気持ちよくなりました。
そのまま下の状態を予想しながら、彼女の顔を見て入れようとしました。


彼女は目を瞑っていましたが、ぎゅっとすると目を開けました。
僕を見て「ちょっと違う、下・・・だと思う」と言いました。


「ん?」とか思いながら、尻を落として合わせようとしました。
彼女が「・・・そのへん・・・かな?」と言うので、ぐいって押しました。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2018-04-10(Tue) 21:10:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*