FC2ブログ
アクセスランキング

漫喫にいた巨乳の泥酔女をラブホに連れ込んだ一夜限りの体験 2

ドキドキしながらトランクスを脱いで、いざお風呂へ!
入ってみると、案の定寝てやがる。

湯船に入った。

目の前には綺麗な巨乳が見えている。

思わず乳首を触ってみる。


反応なし。


俺のチンコは爆裂するぐらい勃起中。

しばらく目で楽しんで、俺は後ろに回る事にした。

このほうが触りやすいしね。


後ろにまわった俺は、腰にチンコを押しつける。


反応なし。


恐る恐るオッパイを揉んでみる。


「いやぁ~ん・・。

もう・・・」




反応あり!

調子に乗って揉みまくる。

乳首もクリクリ。

乳首硬くなってるし。

5年間触ってなかった女体、オッパイ、飽きるまで揉み倒す。


熱い・・・。

気が付くと彼女も真っ赤。

俺はチンコをお湯の中で洗って、女のアソコも洗ってみた。

ニュルっという感触。


濡れてるじゃん!

遠慮なく弄ってみると、普通に喘ぎだす女。

指で洗ってやって抱きかかえる。

ちょっとしか体を拭けなかったけど、ベッドに寝かせた。

もう俺は遠慮しなかった。


オッパイにむしゃぶりつき、乳首を舐めまわした。


「んっ・・・あっ・・・ダメ・・・うっん・・・」

アソコを触ってみると大洪水。

クリトリスをクリクリやってやると、どんどん喘ぎだす。


「はぁ~はぁ~イイ・・・ソコッ・・・イイの・・・」

俺は指を入れた。

中指でGスポットを撫でまわす。


「あぁ~っ!気持ち・・・イイっ・・・あっ・・・んはっ・・・」

人差し指も入れて、2本の指でかき回す。


「ダメっ・・・イっちゃう・・・あっ・・・イクっ・・・!」

酔っ払ってたくせに。

って思った瞬間、女の目がカっと開いた。

俺の顔をキョトンと見る女。


「えっ??誰??何??」

焦った俺は、とりあえず指を動かした。


「いやっ・・・だれ?・・・あん・・・ヤダ・・・」

言いながら喘いでるじゃん。


俺は指を抜き、すかさずチンコを入れた。

大洪水だったから、ニュルリと簡単に挿入完了。

入れた瞬間、仰け反る女。


「あぁ~~っ!ダメだってばぁ~~誰なの・・・あっ・・・」

俺は何も言わず出し入れを開始した。


何か聞かれると焦るから、何も言えないぐらい激しく動いた。

すると女は完全に喘ぎ出した。


「あっあっあっ・・・イイっ・・・もっと・・・はぁ~~~っイイっ・・・」

俺は女の唇を吸った。

初めはイヤと言い顔を背けたが、強引に吸いつくと、自ら舌を絡めてきた。

揺れる巨乳を揉みまくる。


思い出してきた。

5年ぶりのセックスの味。


彼女がだ好きだった腰の動き。

奥までズッポリ入れて、チン毛でクリトリスを擦る。

子宮の近くを亀頭でグリグリこねくりまわして、クリトリスを擦りあげる。


この女も気に入ったようだ。

俺の首に手をまわし、抱きついて来て首を持ち上げてキスしてくる。


「はっあっ・・・んっ・・・イっちゃう・・・イっちゃうよ・・・ねぇ・・・あっ・・・」

俺はスピードをあげた。


「イク~~っイックッ・・・!!」

女は俺に抱き付き、しがみつく様にしてイった。


「もうイっちゃったのか?淫乱だなぁ~」

俺はそう言いながらチンコを抜いて、女をうつ伏せにした。


「バックも好きなんだろ?」

チンコをあてがうと、女は腰を浮かせてきた。

もう完全にセックスを楽しんでいる。


俺はチンコを入れて、横っ腹から手を入れる。

そしてクリトリスを刺激しながら、ガンガン突きまくった。


「これっ・・・イイっ~~っ。

大好きなのぉ~~あぁ~~イイぃ~~」

腰が円を描く様に動いている。

完全にメス化してやがる。

リラックスしてきた俺は、女の耳元で言った。


「可愛い顔して淫乱だなぁ~、自分で腰ふってるのか?ここが気持ちイイのか?」

「そう!イイ~のっ!そこが・・・あっ・・・」

無我夢中でクリトリスを擦り、ガンガン突きまくる。

スグに女はオーガズムを迎えた。


俺はチンコを入れたまま、背中に舌を這わせる。


「今度は上になって腰を振ってごらん」

そう言って女を上に乗せた。

女はチンコを握り、自分であてがって入れた。

そしてジョリジョリと前後に動き、クリトリスを擦る。

酔っ払って力が入らないのか、俺に抱き付きながら腰を振る。

右手でケツを叩いた。


「あん!」

ん?こいつはマゾか?
もう一度叩く。


「ダメ~ン・・・」

完全にマゾだ。

俺はケツを引っ叩いたり、強引に腰を掴んで動かしたりした。

ドンドン締め付けてくる。

そしてまた勝手にイってしまった。

しかも俺の舌を吸いながら。


こんな可愛い子とのセックス。

もういつできるか分からない。

久し振りのセックスで正直バテていたが、俺はまた正常位入れた。


何度もイってるくせに、入れるとまた喘ぐ女。

オッパイを鷲掴みにして、ガンガン出し入れをした。


「どこに出して欲しい?」

「胸に・・・あっ・・・胸に・・・」

可愛い。


この時点で80%以上惚れちゃってました。

要望通り、俺は胸に大放出。

すげぇ~出た。


そして一度やってみたかった行為。


お掃除フェラ。


すぐさま俺はチンコを女の顔に持っていき、

「キレイに舐めて・・・」

すると女はおもむろに亀頭をパクリ。

口の中で舌で転がしながら、ギュっギュっと吸いつく。


可愛い・・・惚れた・・・。


しばし横になる二人。

気が付くと女はまた寝てやがる。

さっきまでじっくり観察できなかったから、俺は女のアソコを見た。

足を広げて、思いっきりガン見。


陰毛は薄かった。

恥骨の辺りにしか薄らと毛がない。

クリトリスやマンコの割れ目周辺は無毛。

そのせいでハッキリオマンコの全貌が見れた。


こんな可愛い顔してやらしいマンコだ。


顔とマンコを交互に見る。

やらしい女だったな。


俺はもう一度湯船に浸かった。

そしてベッドに戻り、女の横に寝る。

とりあえず腕枕なんてしてみたり。

女も俺に抱き付いてくるので、幸せ感いっぱいで眠りについた。


ゴソゴソと動く気配で目が覚める。

横を見ると、女が毛布で体を隠しながら俺を見ていた。


「おはよ・・・」

女は動揺していた。


「あの・・・ここどこですか?」

「新宿のホテルだよ。

何も覚えてないの?」

「はい・・・確か漫喫に行ったんだけど・・・」

俺はかなり脚色しながら説明した。

酔い潰れていて、助けたのが俺。

そして誘ったのはそっちで、セックス中も凄かったと。

何度もイって、腰をフリまくっていたと。

いろいろ説明していると、セックス中の記憶が蘇ってきたようだった。


ホテルから出ると、逃げるように去って行った彼女。


俺は満足だった。

どうせ俺のものになんてなるような女じゃないし。

あんなイイ女を抱けたし、何度もイかせたし。

お掃除フェラもさせたし、しばらくはこれで抜ける。


ナンパなんて一度もした事無いしできなかった。

けど今なら簡単にできそうな気がする。

あんな可愛い女とやったら、気が大きくなるのかも。


もう一発ヤリたかったな・・・。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


泥酔 | 【2018-04-07(Sat) 22:10:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*