FC2ブログ
アクセスランキング

漫喫にいた巨乳の泥酔女をラブホに連れ込んだ一夜限りの体験 1

金曜の夜、俺は会社の飲み会で新宿にいた。


ウザいぐらい上司が飲ませてくるから、いつも漫喫に泊まるハメになる。

この日もそうだった。

結構イジメられキャラだから、いつも飲まされるんだ。

酔っ払って帰る気力も無かった俺は、いつもの漫喫にGO!
客の入りは上々。

金曜の夜だしね。

俺はできるだけ奥の方を選んだ。

だって寝てるのに、ジュース取り行くヤツの足音で起きるの嫌だし。


とりあえずネクタイと上着を脱いで、アツいコーヒー。

パカパカとエロサーフィン。

気になったエロ動画をDLして、ヘッドフォン装着。

コキたいけどこの状況じゃね。




TV見て寝ようかと思ってたら、足音が近付いてきた。

カーテンの隙間を凝視してたら、女の子が通過。

しかも俺の隣。

ゴソゴソと動く音。

なぜかそんな音にも興奮する俺。

すると女の子が出てきた。

ちゃんと顔をチェックするしかない!と思って俺も出る。
目の前を歩く女の子は、ちょっとフラフラしてる。

俺と同じ酔ってる感じだ。

飲み物コーナーに向かったので、ワザとらしくならないように顔チェック。

結構可愛いじゃん!
『ヤリすぎこーじー』とかの後ろにいる感じの子。

なぜか嬉しくなる俺。


個室に戻って隣の音に耳を立てる。

静かだ。

TVでも観てるのか。

するとまた女の子が出て行った。


ダメだと思いながらも、俺は隣を覗いた。

バッグ置きっぱなしで出て行っちゃったよ。

不用心だな・・・と思いながら、立ったついでにトイレへ。

目が冴えてきた俺は、チラホラ漫画チェック。


しばらく経って戻ってみると、マジで心臓が止まるほどビックリ!
だってその女の子が、俺のスペースにいるんだもん。

しかもイスに座って寝てやがる!

小心者の俺は焦って逃げ出した。

ウロウロしながら、どうしたもんかと考え中。

多分20分近くウロウロしてたと思う。

戻ってみるとやっぱり寝てる。


俺は勇気を出して言った。


「ちょっと・・・ここ・・・俺のとこなんだけど・・・」

肩を揺すったが起きる気配なし。


「ちょっと・・・!」

今度は強く揺らしてみる。


揺らしてて気が付いたんだが、白いTシャツの前がモッコリ盛り上がってる。

巨乳ジャン!おれの大好物な巨乳ジャン!

「んあ・・・イイの。イイの」

意味の分からん言葉を発して、起きる気配のない子。


俺は思った。

この状況なら、おっぱい揉んでもイイんじゃね?
Tシャツ捲って、乳首舐めてもイイんじゃね?
良く見ると、結構遊んでそうな感じだし。

俺のスペースに勝手に入ってきたんだし。


でも俺は小心者。


とりあえずまた外に出てウロウロ。

10分ぐらいかな。

戻ってみる。

やっぱり寝てるよ。



女の匂いを嗅いでみる。

イイ匂いじゃ~ん。

首元の匂いを嗅いだ時、マジで焦った!
この女、「あふぅ~ん・・・」とか言い出しやがった!
深夜の漫喫で、その声のトーンは犯罪です。

完全にエロい事をしてる声だってバレバレじゃん。


やっぱり勇気を出して起こしてみる。


「ねぇ~ねぇ~起きてよ。ちょっと・・・」

「大丈夫だってば・・・もう帰るから。

う~ん・・・はい」

意味が分からん。


俺は考えた。

これは強引に抱き起こして、隣に寝かせるべきなんじゃないか?
それとも荷物を移動させて、俺は隣に行って寝るか?

女が部屋に陣取ってから、既に1時間以上が経過。

酔いもすっかり醒めて、無い頭をフル回転させる。

触れるし、もしかしたらオッパイも揉めそうだし・・・。

隣に運ぶか!

俺は女の前に立って、両手を俺の首に回させた。

前から抱きかかえるようにして立たせる。

完全にグロッキーじゃねーか。

重いよ・・・。

身長が結構あるせいか、マジで重い。

一回持ち上げる事を断念して戻す。

そんでもう一度チャレンジ。


オッパイが胸に当たる。

柔らかい・・・デカい・・・勃起する。



フッと力を入れると、女が俺に抱きついてきた。


「うぅ~ん・・・ダメ・・・う~ん・・・水飲みたい・・・」

ふざけんな!俺は召使いか!

俺はもう1度女を座らせ、とりあえず水を取ってくる。

持ってきたよ~と飲ませてやると、うんうん言いながら飲んでやがる。


「お風呂入るぅ~」

声がデカい!

「ちょっと・・・ここ漫喫だよ?起きてよ」

「イイからイイから・・・」

完全に泥酔してる女。


考えた。

これはお持ち帰りしちゃってイイんじゃね?
ホテルに連れ出して、途中で気が付いたらまたここに戻ればイイし。


でも俺は小心者。

アレコレ悩んだ。


こんなチャンス、後にも先にもこれっきり。

行かなきゃ男がすたる!

覚悟を決めて俺は聞いた。


「じゃ~お風呂があるホテルに行こうか?」

「うぅ~ん。

お風呂が・・・おふ・・・」

隣に行き、彼女の荷物を取ってくる。

俺もそそくさと身支度をして、彼女の肩を首に回す。


あ・・・会計しなきゃじゃん。


彼女をもう一度寝かせて、レジへ向かう。

カードの裏を見て、名前をチェック。


彼女の名前・・・加藤ゆかり。

会計を済ませて、俺は彼女を抱きかかえる。

エレベーターに乗って考えた。

近くのホテルってどこだろ。

なんせここ5年以上彼女無し。

新宿のホテルなんて5年間近寄ってない。


なんとか考えながら、夜の新宿を徘徊する。

女を抱えて。

千鳥足だが、彼女も歩いてくれている。


あった!あそこだ!行った事のあるホテルだ!

ホテルに無事ついて、女を寝かせる。

心を落ち着かせる為に、とりあえず冷蔵庫からコーヒーを出す。

タバコに火をつけて、寝ている女を観察してみる。

やっぱりイイ体してやがるぜ。


お風呂にお湯を入れて(入りたいって言ってたから)戻る。

コーヒーを飲みつつ、お湯が溜まるのをしばし待機。


お湯が溜まったから、覚悟を決めて女に言ってみる。


「お風呂入れるよ」

「う~ん、分かったぁ~・・・」

そう言うと、この女!自らジーパンを脱ぎだしやがった。

白いパンティー。

レースが可愛いじゃねーか。

グシャグシャになったジーパンを受け取り、なぜか畳む俺。

う~んと唸りながら、待ちに待ったオッパイのご開帳!

Tシャツを脱ぐと、思った通りのデカいオッパイ登場。

ブラがあっていないのか、乳輪がちょっとはみ出てる。

もう俺のチンコはギンギン。

ていうか、俺はこの時はすでにトランクス一枚。

モゾモゾ動きながらブラを取る女。


出たー!真白なおわん形の巨乳ちゃん。


パンツも脱いだのだが、動きが止まる。


「お風呂イイ~よ~」

そう促すと、また動き出した。

俺はドキドキしながら肩を貸して、女をお風呂に連れて行く。

そして湯船に座らせた。


一度お風呂を出たのだが、よくよく考えると危ない。

溺死した日にゃ~取り返しがつかない!
俺も入ってやるか。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


泥酔 | 【2018-04-07(Sat) 21:10:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*