FC2ブログ
アクセスランキング

ドSな後輩に乳首責めされて頭が真っ白になった

去年の冬のはじめ頃の話です。
当時、付き合ってた子がいた俺なんだけど、全然うまくいってなかったんですわ。
そんなこともあってか、ちょっと疲れ気味になっていて、ちとフラつく時があったんですわ。

で、実は俺はその彼女の影響でコスプレにはまってまして、次の日にイベントがあることをすっかり忘れていて、彼女と共通の友人にネクタイと包帯を借りることになったんですわ。

その友人とは家が近いこともあり、夜の11~12時頃に渡してくれるように頼んだ。

その子は一個下の女の子。
仮に名前は『綾』としておきます。

綾に小道具を借りた後、1時間ほど最近のこととか話してた。
そしたら、「先輩さあ、最近どう?」と綾が切り出してきた。

「どうって・・・理沙(俺の彼女の仮名)とは全然進展がないなあ・・・」

綾とは中学校が同じということもあり、俺のことを先輩と言う。

「ふ~ん、先輩さあ・・・もっと強気に出てもいいんじゃない?ちょっと束縛するくらいで・・・」

しかしそんな事が一番嫌いな俺。

「ん~、俺はそんなことは嫌いだし、第一できないよ・・・」

「理沙ねえ、先輩にもっと引っ張って欲しいらしいよ?」




しかしそう言われてもイマイチ軽い束縛の意味が分からない。
考えているうちに綾が意味の分からないことを言って来た。

「なら先輩さあ、ヤオイって分かる?」

分かるも何も、彼女はその手の本が大好きだから痛いほど知ってる。

「何だ急に!?」

「ヤオイってさあ・・・攻めが受けに対して軽い心の束縛をする話が多いんだぁ・・・ちょっとやってみる?」

(何をだ?!)

考える暇もなく、綾が俺の後ろに来て、パーカーの中に後ろから手を突っ込んだ。

「ちょ、ちょっと何するんじゃ!?」

その時は、綾のマンションのロビーで座りながら話していたこともあり、恥ずかしくなってしまった。

「先輩って受けみたいでさ・・・前からいじめたいって思ってたんだよね~」

(ヤバい、綾の目の色が変わってる・・・)

抵抗しようとした次の瞬間、綾の手が俺の乳首まで来ていた・・・。
俺は元来感じやすい性質らしく、そんなことをされると腰が砕けて力が抜ける。
ましてや疲れていたから抵抗のしようがない。

綾「うわ・・・先輩可愛い声出してる・・・」

その時、俺は艶っぽい声を出していた・・・らしい。

「綾、お願いだからやめてくれ・・・っつ・・・」

「ありゃ、先輩まさか・・・本当に受けなのぉ?もっとイジメちゃお~」

首筋に手を伸ばしてきた綾は、おもむろに首回りを撫で上げてきた。
本当に何も抵抗ができなくなってきた俺。
喘ぎっぽい声がマンションのロビーに響く・・・。

「よ~し、下はどうかな~?」

もちろん下だってヤバいことになっているのに、触ってきた・・・。

「うわ、おっきい・・・ねえ先輩、イカせていい?」

その頃になると彼女への申し訳なさが出てきた。

「俺には理沙がいるんだよ・・・頼むからやめてくれ・・・」

「あっそう。やめていいの?先輩が苦しくないのぉ~?」

確かに俺の全身が熱い・・・。
そしてつい、「お願い・・・」とねだってしまった。

「んじゃあいくね・・・」

綾は俺を後ろから包み込むようにパーカーの中に左手を突っこみ、右手でパンツ越しに下を擦ってきた。

「あ・・・ん・・・ッツ!」

その時ほど頭の中が真っ白になったことはない。
俺は下を向きながら、うなだれるしかなかった。

「先輩・・・可愛いなぁ・・・」

言葉責めと乳首責めもあってか、まだ直に触られていないのにイキかけていた俺・・・。

「綾・・・俺・・・イキそ・・・」

涙目になりながら言う俺を見て、綾はさらに興奮したようだ。

「イッていいよ」

そう言いながら綾は笑うと、擦る動きを速めてきた。

「っ・・・んっ!」

・・・イッてしまった・・・。
パンツの中が湿っているのが分かる。
そして冷静に考えてみた。
俺は息を荒くしながらも、「綾・・・これって浮気だよな・・・」と泣いてしまった。
そんな俺を見てか綾も素に戻った。

「先輩・・・ゴメン・・・」

これは一時のお互いの過ちということで話がついた。
それからというもの、綾にはまったく恋愛感情はなく、今は別れてしまったが、彼女には男らしさを見せれた・・・と思う。
将来、笑い話にでもできたら嬉しいです。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2018-03-27(Tue) 17:10:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*