FC2ブログ
アクセスランキング

愛人セフレ関係では済まなくなっている…【人妻体験談】

世の男には随分と変り種も居るようだ。
オレが愛人セフレにしている女は凄い美人の人妻。小学校に通う娘二人の母親であり歳は36歳。胸こそ巨乳ではないものの、抱き心地満点の最高にいい身体をしている。

その美人妻を放っておいて不倫していた夫が、妻に叱責されると開き直って「そんなに言うならオマエも男をつくればいいじゃないか」とほざいたらしい。

怒り心頭の妻は、それならと早速職場の同僚である若い独身男(オレ)に白羽の矢を立てた、という次第。

オレが言うのも何だが、彼女の選択は実に的確であり巧み。
というのも、職場がかなりの競争社会であり、勝ち抜かなければ蹴落とされてしまう環境にあるため、絶対的に信頼できる仲間というより、同志を得ることは仕事面でも心理面でも有利。

そして若い女に食傷気味だったオレの心理を巧み衝いて誘惑し、満たされないすべてのものを手に入れるとともに性の世界に目覚め、未知の世界に足を踏み入れたのだった。

そうやって8歳年上の美貌の人妻千鶴とオレが愛人セフレ関係になって丁度1年。




先週末に泊り込みで1周年記念のセックスパーティをしたのだが、膣だけでなく口も肛門もオレのペニスに繰り返し犯され、シーツ全面水浸しになるほど潮吹きと失禁を繰り返し、何度失神したかわからない。

夫とのセックスでは絶頂に昇り詰めることさえめったになかったという千鶴だから、もう完全にオレとのセックスの虜になっている。オレも同様だが。

当初は割り切った関係で始まったものの、今千鶴はオレを死ぬほど愛してしまっている。その表れなのか、オレの体液を自ら求めて尿まですべて飲み干すまでになっている。

そして先週末の記念日、千鶴は決定的な言葉を告げた。
「あたしもうあなたが居ない人生なんて考えられないし、あなたの赤ちゃん産みたいから離婚するわ」

唐突に打ち明けられたオレは返す言葉を失った。

「排卵日まで1週間無いけど、できたら産むから中に好きなだけ出していいわよ」と言われてやっと愛人セフレ関係では済まなくなっていることを理解した。

愛人関係になって2ヶ月が過ぎた頃、
「お望み通り若くて逞しい彼氏ができたわ」と夫に告げたところが、さして反応を示さず当分離婚には応じないとだけ言ってきたと打ち明けてくれてはいた。


だが、不倫相手の子供を妊娠したとなると話は違ってくる。
勿論千鶴の娘達や職場の同僚達は驚くだろうが、何より千鶴に私生児を産ませるわけにはいかない。

千鶴の娘達にも一度逢ったが、母親に似て賢く素直でとても可愛い。
現状の歪な家庭環境に彼女達を置いておくより、オレの家族になった方が遥かに精神的に安定し幸福な筈だ。


そこまで計算ずくの千鶴なのである。

今現在は娘達を連れて実家に戻っているが、明日午前中には独りオレの家に駆け込んでくる筈だ。
それから日曜日一杯まで好きなだけ性愛に溺れ狂い合う予定。
但し丁度排卵日だろうから、本当の意味で覚悟を決めねば・・

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


セフレ | 【2018-03-27(Tue) 07:10:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*