FC2ブログ
アクセスランキング

旦那が単身赴任で寂しい妹の友達の人妻を慰めた体験談

顔見知りになった娘の友達、美香ちゃんの奥さんの淋しさを紛らせる為に慰める事になった。

数か月前、遊びに行ってなかなか帰って来ないので、迎えに行ってと言われ迎えに行く。

その家に行くと丁度家から出て来たところで奥さんと顔を合わせ、少し話をしてその後時々顔を会わせる事もあって話す様になっていた。


三十路の俺好みの顔をした美人の奥さんだった。奥さんの旦那さんは2年の予定で単身赴任していると美香ちゃんから前に聞いていた。

この前半年ぶりに帰って来ていたが、任地へ戻ったばかりで二月程経っていると聞いていたが少し前、会社の帰りにたまたま出会った時に、それとなく話をして誘ってみた。


その後二三度会う内に、何となく雰囲気が良くなってきていた。
話すうち、淋しいでしょ?と聞くと奥さんは顔を赤らめていた。

やりたい盛りに半年もヒマになっているのだからさみしいことだろうと思ったので、その機会があったらと言うとうなずいた様だった。


そしてそんなに経たずにその機会がやって来た。折り合いをつけたその日、家には会社の都合で遅くなると言っておいた。




帰宅途中に奥さんと待ち合わせて、ラブホヘ誘った。
さっそく下着姿にして、ふくよかな肉体の奥さんを抱いてみると、すでにその雰囲気があふれていた。

ブラを取ってふっくら膨らんだ乳房を揉み、撫でて摘まむ「アアいけないわ」と言いながらもピクンピクンと感じて顔が火照っている。

ベッドに寝かせてパンティーを脱がす時に開いた股間の陰毛が黒々と生えているのが見えた。そのまま足を持ち上げると陰唇に半分隠されたピンクに濡れたマンコが見える。


「アッだめ」と悩ましい声を出している奥さんの股間へ手を入れてクリを撫でて摘まんで擦ると尖って来る。

「ウッ、ヒッ」
感じて声が漏れる。そのままさらに奥へ手を入れてスポットを摩るとすぐにジュワジュワッと濡れてくる。

「奥さんずいぶんよくなっているじゃないですか、こんなに濡れていますよ、遣りたいでしょ」指を動かして探りように撫でると「ア、ア、イヤ」とビクビクと反応している。

よし遣り頃だと思って、足をもって「アッダメ」と言う声を聞きながらそのまま股を広げて身体を入れ、まず一発決めて仕舞おうと、腰を抱えてもろ見えのマンコにチンコを押し当てると一気に突き入れた。


すでに潤っているマンコへ「アッウ~ン」ズブズブッ、と奥まで突き入れしっかりとハマったのを確認して「奥さんイイですね、良い気持ちになりますよ」

ギュッとしごかれる様な感触をチンコに感じながら、ゆっくりと腰を動かし抜いたり突いたりをはじめた。

それを感じて「いけないわ、だめよ」の声はかすれて小さくなって途切れ、すぐに滑らかになり、アア、アン、ハアハアと吐息が漏れだして、腰が振られていた。

しばらく腰を振って具合を味わってから、一度抜いて乳房やマンコを摩ったり撫でたりして刺激しながら広げた股間を探り、クリを撫でたり摘まんだりしているとビクビクと揺れる。

指を滑り込ませてスポットをいじるとアッアッビクンビクンと反応して裸体をくねらせている。

「奥さん、淋しかったでしょ、ゆっくり楽しくしましょうね」とさらにいじっていると刺しこんだ指は愛液でグッショリと濡れて、ウウ~ア~ハアハアよがり声が漏れて息が荒くなっている。

ずいぶん濡れていますねと言いながら、マンコに吸いついてクリを吸うと、アアッヒィ~悲鳴に近い声を上げて大きく悶えている。舌を使って舐めながら

「もっとしますか?入れてほしいですか?」
「ああ~お願い、早く~」
「着けますか?」
「いいの、早くお願い、もうダメ我慢できないわ」

二か月近くもいじられずにさみしくしているマンコを刺激されて我慢が出来なくなっているようだ。

広げた股間はもうグッショグショに濡れて流れ出した愛液が光っている。腰を抱えてチンコを当てがいグググイッと突き入れる、滑らかな入れ具合と擦れる感触をチンコが感じながら、何度も抜き差しを繰り返した。

「アアア~~、ウウ~~、イイ~~」
よがり声をあげて悶えている。

「さあまだこれからですよ」と一息ついてここから体位を変えてゆっくりと奥さんを攻める。

まず、正常位から座位にして突いて揺すり、そして屈曲位で突いて捏ねゆすり、騎乗位にして突き上げて捏ね、向きを変えて背後位から抱えて突く。

突きと揺すり、捏ねを繰り返すと悩ましい喘ぎ声を出し続けていた。

「もうダメ~」と喘ぐ奥さんを正常位にしてさらに突き続け、ウウウ~と絡めた手足で締め付けられ、気持ちのいい擦れを感じてドピュドピュドピュッと大量の精液を奥さんへ注ぎ込んだ。

ハアハア息が荒くなって横たわっている奥さんからそっと離れる、股を開いたまま満足そうに横たわっていた。

「さみしさも少しは忘れられたでしょ」
「アアもう~~こんなに、はずかしいわ」
「イヤァ、イイですよ、良い身体していますよ、奥さん」
「いやね、私こんなになってしまうなんて、でもいい気持ちよ」

それならまた気持ちよくなろうと、さらに続けて二発をたっぷり注ぎ込んで楽しませてもらう。

いきなりマンコを吸われるなんて思ってもいなかっただろう。
「とっても良かったわ、ふふふ」
奥さんを満足させたようだ。

淋しい奥さんを喜ばせる事ができたようだし俺も充分楽しむことができた。「また良いですか」「ええ」と別れた。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2018-03-24(Sat) 00:30:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*