FC2ブログ
アクセスランキング

町内会のイベントでエッチな出来事に遭遇した話【人妻体験談】

もうかなり昔の事だけど…当時、住んでいた町内の役員さん達から、子供会のイベントの手伝いを依頼された。夏休みに、他県にある廃校となった小学校を借りて、2泊のキャンプを行うというイベント。


引率者として、数名の大人(参加する子供達の親)はいるが…この時は、男手が全く無い状態だったらしく、「是が非でも…」と頼まれたので、渋々ながら手伝う(参加する)事になった。

打ち合わせ初日…事前に聞いていたのだが、俺以外の引率者は3名で、A子(30代前半)B子(30代後半)C子(30代後半)と、全て女性。


皆、年上ながら…スタイルは申し分なくて、(これなら…誰と間違いがあっても、良いな…)と思えるメンバーだった。
参加する子供達は、男の子5人女の子5人の計10人。


皆、中学1年との事で…監視という状況など無縁だというセリフも聞こえた。
実施前日まで、幾度となく打ち合わせや下準備を行い、女性陣3名だけでなく、参加する子供達ともコミュニケーションは十分に出来て…キャンプ当日を迎えた。


賑やかな移動…何のトラブルもなく、無事現地に到着。
のどかな山間の廃校の体育館をベースに、子供達ははしゃいでいた。


夕方になると、陽は思いの他早く沈み…辺りは、静寂に包まれた。
夕食を済ませると、就寝時間までは自由時間。




子供達は、体育館で談笑したり、『夜の探検』と称して周辺を散策したり…と、思い思いにキャンプ初日の夜を楽しんでいた。

俺と引率の女性陣は、明日の夜行う予定の『肝試し』の下準備に取り掛かった。


明るい内に確認していたルートを描きながら、小道具の準備・当日の役割分担の確認などを進めた。

ひとしきり、準備が終わると…A子さんが「これから、現場の確認をしておいた方が良くない?昼間は判らなかったイレギュラーがあるかも…」と言い出した。


「確かに…」B子さんとC子さんは、A子さんの提案に全面的に賛成したが、同時に「言い出したのだから、A子さんが行くべき…」と断言して、夜道だと言う事もあり…A子さんと俺が、確認する事になった。

単純に歩けば、往復10分程度の道程だが…夜道で、見知らぬ場所だという事もあり、折り返しポイントに到着するまで、かなり時間を要した。


「まぁ、時間は掛かるだろうけど…ルートは問題無いよね…」
A子さんは気丈に言ったが、明らかに怖がっているのが判った。

すると「俺さん…明日、あの2人がスタート地点で…私達は、それぞれが途中での見張りでしょ…別々に、待機する事になっているけど…万一の為に、同じポイントに待機する様にしません?」と提案してきた。


俺は、一緒でも一人でも構わなかったので「良いですよ…」とだけ即答して、折り返しポイントから復路となるルートを、ゆっくりとチェックしながら帰る事にした。

復路…往路とは違って、比較的歩き易い道という事もあり、A子さんのチェックはアバウトそのもの。


「怖い…」という気持ちが、全てに勝っていたのは、一目瞭然だった。
ゴールである廃校のグラウンドまで、あと1/3強という辺りについた時…「ガサガサ…」という音が、夜の暗闇に響き渡った。


瞬間…俺とA子さんは立ち止まり、無意識に懐中電灯音の灯を消して、音がした辺りに視線を向けた。

音の正体を見極めようと、少しではあるが暗闇に馴れ始めた目を細めていると…獣道らしき脇道を発見した。


「狸か何かですかね?」と、俺が呟いた瞬間…丁度、2人の影が重なった様なシルエットが見えた。

「何?あれっ…」
恐らく、A子さんの思考回路は、恐怖一色だったのだろう…俺の腕にしがみついて、小さく震えていた。


「確認しに行きますよ…」と俺が呟くと、A子さんは無言のまま、動け無かった。「子供達なら、どうします?万一があったら、大変ですよ…」と言うと、A子さんは『仕方ない…』といった表情を浮かべて、俺にしがみついたまま、ゆっくりと歩き始めた。


万一を考えて、物音を立てない様にしながら、ゆっくりと慎重に脇道を進む。先程、シルエットが見えた辺りに到着すると…小さな堀っ建て小屋が現われた。


どうやら、地元の人が使っているようで、小屋の周囲は綺麗に整備され、片付いていた。

「子供達だと言う補償はないから…」と、息を殺し足音を立てない様にしながら、まず小屋の周囲を確認した。


小屋の裏手の一部が、壊れているのを確認。簡単な補修の為に、小屋の中を覗く事が出来る位の穴が目視出来た。


すると、何やらヒソヒソ話をしている様な声が、小屋の中から聞こえた。俺とA子さんは、顔を見合わせると…小屋の裏手から、中を覗きこんだ。


目が暗闇に馴れ、ボンヤリではあるが、小屋の中の様子が判る様になると、俺とA子さんは唖然としてしまった。
ボンヤリではあるが、小屋の中の2人は、キャンプに参加している子供が2人。


向かい合っていたかと思ったら、ゆっくりとキスを始めた。…驚きはするが、それ以上は無い。


この時、唖然としてしまったのは、そこにいた男の子2人だったからである。2人は、キスが終わると…ズボン(子供達は、全員ジャ-ジ着用)を手際良く脱いだ。


「今日は、○○からな…」と聞こえたかと思った瞬間…1人が膝まづき、もう1人のチ○○を咥え、フェラを始めた。
俺がA子さんの様子を伺うと…言葉を失ったまま、その光景をジッと見ていた。


男の子達は、69での肛門の舐め合い・同時フェラと進んだ。子供達は、学校のジャージ着用としたが、俺と女性陣3人も、子供達に合わせる様にスウェットを着ていたのだが…この辺りになって、四つん這いで覗いていたA子さんの息遣いが、何となく荒くなっていった。


俺がA子さんの様子を伺うと…言葉を失ったまま、その光景をジッと見ていた。男の子達は、69での肛門の舐め合い・同時フェラと進んだ。


子供達は、学校のジャージ着用としたが、俺と女性陣3人も、子供達に合わせる様にスウェットを着ていたのだが…この辺りになって、四つん這いで覗いていたA子さんの息遣いが、何となく荒くなっていった。

小屋の中の様子を覗きながら、時折A子さんの様子を伺っていたのだが…先程、膝まづいた男の子が四つん這いになって、もう1人がアナルへ挿入してピストンを始めた。


声を殺しながらも、快感を露にする男の子達に、妙な興奮を覚えていると…「あぁ…」と、A子さんが声を漏らした。フッと、A子さんに視線を向けると…男の子達の営みを、ジッと見つめたまま、彼女の片手はズボンに入っていた。


俺は、ゆっくりと移動して、A子さんの後方に…ツンと突き出されたお尻一杯に顔を近付けると…彼女の掌が、自らの股間を弄っているのが、ハッキリと判った。

俺は、急いでズボンとパンツを脱ぎ…彼女のスウェットに手を掛けると、一気に降ろした。


目の前には、密壺に出入りする指と、露になった肛門。
「あっ…」A子は、視線を向けたが、動きを止める事が出来ないまま、慌てていた。


「勿体無い…1人Hなんて…」と、耳元で囁くと…A子は、真っ白になったみたいで、言葉を失った。それ以上の言葉はなく、俺の勃起したペニスを彼女の目の前に突き出す。


彼女は、驚いた表情を見せたが…ゴクッと喉を鳴らすと、ゆっくりと咥えた。小屋の中の様子を覗くと、営みは続いていた。


俺は、A子の頭を軽く掴み…チ○○を咥えさせたまま、ゆっくりと前後させた。抵抗する素振りを見せたので、チ○○を抜くと…A子は、小さな声で「違うの…」と言って、慌てて再び咥えた。


堪能したが、射精までいかない俺は、やや強制的に中断させて、横たわらせた。
「えっ?」少しパニクっているA子に、覆い被さる様に身体を重ねて、一気に蜜壺にインサートした。


「あっ…あぁ…」A子が声を出し掛けたので、唇を重ねて、舌を滑り込ませ…キスをしながら、ピストンを始めた。間もなく、A子は俺に身体を密着させるかの様にしがみつき、全てを受け入れた。


ピストンを繰り返し…絶頂を迎えると、A子は両足を俺の脚に絡めていた事もあり、膣内に放出した。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2018-03-11(Sun) 10:10:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*