FC2ブログ
アクセスランキング

合コンで恋人同士が鉢合わせ 1

「じゃあね」

「おぅ」

手を繋いでいた二人は名残惜しそうに手を離すと、喧噪の溢れる駅で別れた。
彼等の姿を見れば皆一様に、お似合いの仲の良いカップルに見えるだろう。
しかし、二人はお互いに嘘をついていた。
それは軽い気持ちだった。

相手に対する罪悪感は確かにあったが、これが堅固な愛情の崩壊のはじまりなんて考えもしなかった。

その日、信二は始めて合コンに行くことになった。
カラオケのバイト仲間に誘われたからだ。

最初信二は合コンに行く気などなかった。
仁美という彼女がいることもその一つの理由だが、そもそも唐沢を筆頭とするバイト仲間と以前から反りがあわなかった。

唐沢達はいわゆる不良で、高校を中退した後、様々な悪事を繰り返しているという悪い噂しか聞かない。
バイトに対する姿勢など信二とは相容れないものがあった。

その信二が彼等と合コンに行くことになったのは、普段にはない言葉使いでどうしてもと頼まれたからだった。

「頼むよ水橋。俺だってよっぽどの事がなきゃお前に頼むわけないだろ」

「でもなあ・・・」

「なっ頼むよ。あのM短大の子達が合コンしてくれるんだからさ。どうしても人数合わさなきゃならないし、お前の他にその日都合のつく奴がいないんだよ」

「・・・わかったよ」

少しの逡巡の後信二は了承する。

「ホントか、助かるよ。じゃあ、土曜な、恩にきるよ」




信二は携帯をテーブルに置いた。
一度は断ったが、本当のところ合コンには前から興味があった。
仁美に不満があるわけじゃないが、単純に合コンを経験してみたいという気持ちが勝る。

高校のときから仁美と付き合っている信二は合コンの経験が一度もなかった。
周りの楽しそうな噂を聞いてはどこか羨ましく思っていた。
それに唐沢達も付き合ってみればそれほど悪いやつじゃないかも知れない。
信二は胸に微かな罪悪感を覚えながらも、合コンの日が待ち遠しかった。

「ねっ、お願い、仁美この通り」

そう言うと、ユミは手を仁美の前で合わせた。

「だから、無理だって、彼氏がいるんだから」

「大丈夫だって、適当にその場の雰囲気に合わせていてくれるだけでいいから」

「でも・・・」

「何よ、仁美は彼氏がいるからそうやって余裕かましてんの」

「何いってるのよ。違うって」

「仁美、あたしたち友達でしょ。いっつも、彼氏の話あたしの前でしてるのって、彼氏のいないあたしに対するあてつけだったの」

「そんな・・・」

「もういいよ、バイバイ」

ユミは怒って立ち去ろうとする。

「待って・・・わかった。付き合うだけだからね」

仁美はユミの背中に向かって言った。
ユミは直ぐに振り向くとすでに顔は笑顔で・・・。

「ありがとう!!さすがユミだね。じゃ詳細は後で連絡するから」

そう言うと、ユミは瞳に抱きついて大袈裟に嬉しがった。
仁美は内心不安だった。
信二にばれたらどうしよう。
信二は嫉妬しやすいから。

そもそも仁美はこれまで合コンに行ったことがないし、王様ゲームなど噂でいい話も聞かない。
仁美は仕方なく承諾したが、合コンのその日まで不安が尽きることはなかった。
ただ初めての世界への胸の高鳴りも不思議とあったのも事実だった。

信二は駅で仁美を見送った後、待ち合わせ場所のバイト先に急いで向かった。

「おっ、水橋こっちこっち」

唐沢達は既に待っていて、信二を見つけて手招きする。

「今日は助かったよ。命の恩人だ」

「なんだよ。大袈裟だな」

「当たり前だろ。こっちは飢えてるんだからな。もう何日も女とやってないよ。もちろん水橋にもちゃんとアシストするからな」

唐沢は笑顔を浮かべ信二と肩を組んだ。

「でも、俺彼女いるからなぁ」

「ばれないって。それに、彼女も他の男と遊んでるかもしれないぞ」

唐沢は苦笑いをしながら、何心配してんだよという顔で溜め息混じりに言う。

「はっ・・・」

信二は仁美の顔を思い浮かべ、まさかなと首を振った。

「まっ、いいや。遊びだよ遊び。気楽に行こうぜ」

「そうだな」

そう思うと何だかわくわくする。

「よし、じゃ行くか」

信二と唐沢達は意気軒昴に合コンに向かった。

仁美は信二に手を振る。
罪悪感はあるが信二は鈍感だから気付いている様子もない。
待ち合わせ場所に着くと既にユミ達が待っていた。

「仁美、すごいお洒落してんじゃん。やる気満々だね」

「そんな事ないよ」

確かに仁美はいつもよりお洒落をし、化粧も念入りにしていた。
それにしても、信二が朝からその事に気付かない事に仁美は少し不満だった。

「信二のやつ何も見てないんだから」

「どうしたの?今日の合コンの事でも考えてるの?」

ユミはいやらしく聞いた。

「ちがう、ちがうよ」

仁美は慌てて手を振って否定する。
その様子にユミは堪えきれず吹き出す。

「まっ、なんにしても、やる気があるのはいい事よ。でも、あたしが気に入った子に手をだしちゃダメだからね」

「わかった、わかった」

仁美もユミの様子に可笑しくて笑ってしまう。

「じゃ、そろそろいこっか」

仁美とユミ達は昂揚する気持ちを互いに隠せず、キャアキャア騒ぎながら合コンに向かった。

信二達は約束より早く女の子との待ち合わせ場所に着いていた。

「で、どんな子達がくるんだ?」

「それがよ、M女子短大の子がうちのカラオケに来て、そのときお近づきになったんだよ」

「唐沢、バイトで何やってんだよ」

信二は溜め息をつく。

「何やってんのって、お客を楽しませるのも仕事だろ」

まぁ、揉めたくないので、一理あるとこの場は思っておく。

「おい、来たぞ」

唐沢の言葉に信二は急に緊張しだす。
女の子達はこちらの様子を窺うように互いに耳打ちをしている。
信二達からは逆光になって女の子の顔がよく見えないが、その中の一人の女の子が小走りで近付いてくる。

「唐沢君、待った?」

「いや、俺らも今来たとこ。それより可愛い子誘ってくれたんだろうな」

「任せといてよ。あたしの友達の中でも選りすぐりの子ばかりだから」

「ほんとかよ」

唐沢は疑うように女の子達を物色する。
女の子達はまだ耳打ちしあっている。
信二は一見興味無さそうに振る舞っているが、それとなく女の子達を伺っていた。

その時、唐沢と喋っている女の子と目があう。
女の子は信二を物色するように見て微笑んだ。
女の子は信二から目を逸らすと、後ろを振り向いて様子を窺っている女の子達に手招きした。
女の子達はひそひそ話をしながら近付いてくる。
信二に女の子達の顔がだんだんと伝わり、ハッキリと分かった瞬間、信二の顔は引き攣った。

「・・・仁美?」

信二はいるはずのない仁美の姿に呆然とする。
仁美は信二のことが遠目に気付いていた。
そして信二の姿を近くで見て確信し、同じく呆然としていた。

信二は仁美を怒りを帯びてじっと見つめる。
仁美も信二を不安げに見つめ返す。

「どうしたんだ、水橋?」

唐沢が信二に訪ねる。

「・・・いや、なんでもないよ」

口ではそう答えるが、なんでもないわけがない。
信二は再度仁美に目を遣るが、仁美はすっと目を逸らしてしまう。

「それじゃあ、揃ったみたいだし行こうか」

唐沢がそう言うと、二人を除いて皆気持ちの昂りを押し隠しながら歩み始めた。

男5人と女5人がカラオケのパーティー用の個室に緊張しながら向かい合って座る。
信二の前にはユミが座り、仁美の前には唐沢が座った。
信二は対角線上に座る仁美を見る。
仁美も信二を不安げに見ている。

「それじゃ、自己紹介しようか。まず、俺は唐沢大輔、二十歳じゃあ、次は君」

唐沢は仁美に促す。

「えっと・・・、小倉仁美です。私も二十歳です」

仁美は信二と楽し気に喋る時の半分くらいの声の大きさで話す。

「あたしは神戸ユミです。あたしも二十歳。じゃあ次は君ね」

ユミは信二に笑顔を向けて促す。

「水橋信二です。二十歳」

信二は抑えようとしても少し声に怒気が混じる。
その後、全員の自己紹介が進み、ユミが皆の飲み物を注文し料理が並ぶと、合コンは和やかに進んでいく。
皆少しずつ打ち解けていき、男女が入り乱れての会話が弾む。

「仁美ちゃんは彼氏いるの?」

唐沢は仁美に親し気に聞く。
信二はユミと話していたが、唐沢と仁美の会話に聞き耳を立てる。

「・・・うん」

仁美の返答に信二は少しホッとする。

「そうなんだ、残念だなぁ。でも、今日合コンに来たという事は彼氏と上手く言ってないの?」

「そんな事ないけど・・・」

仁美は信二を軽く伺うと少し曖昧に答えた。
信二は途端にむっとする。

「ねぇ、ってば。信二君聞いてるの?」

ユミは上の空になっている信二に言う。

「えっ・・・うん、聞いてるよ」

「ホント、なんか上の空だよ。あたしと喋るの退屈?」

「そんなことない、そんなことないよ。すごい楽しい」

信二は大袈裟に頭を振る。
ユミは一瞬疑わしそうな顔をしたが、信二の焦ってる様子におかしそうに「わかった」と言うと笑った。

「信二君ってかっこいいね。彼女いるの?」

今度は仁美が信二を伺い見る。
信二はその様子に気付いて。

「いるけど、あんまり、上手く言ってない」とさっきの仁美に仕返しのつもりでそう仁美にも聞こえるように言った。
仁美はその言葉に戸惑い、目の前のチューハイをぐっと飲んだ。

場は酒の勢いもあって次第に盛り上がっていく。
信二はトイレに行きたくなり立ち上がると、暫くしてトイレに唐沢も入ってきた。

「よっ、気に入った子はいるか?」

唐沢は信二の隣に立つと楽しそうに聞いて来た。

「うん。どうかな」

「なんだよ。しっかりしろよ」

唐沢は信二の身体を揺らす。

「おいっ、危ないな。お前にかけるぞ」

「おっ、止めろよ」

唐沢は大袈裟に避ける。

「お前の前に座ってるユミって子、お前に気があるぞ」

「ほんとか」

仁美のことが気になってそれ所ではなかった。

「ほんとだって。結構可愛いじゃん」

「そうか」

確かにユミは仁美とは違った今時の子っていう可愛さがある。

「それでな、俺は仁美ちゃんにするよ」

唐沢のその言葉に信二は驚き唐沢の顔を見る。
唐沢はにやっと笑う。

「仁美ちゃんのおっぱいでかいよな、あぁー揉みたい」

「で、でも、彼氏いるって言ってたぞ」

信二は慌てて言う。

「バカか、何いってんだよ。その気があるから合コンに来てんだろ」

唐沢はそう言うとまたにやっと笑うとトイレから出ていった。

「おい、ちょっと・・・」

信二は言い様のない不安に襲われていた。

同じとき、仁美もユミと化粧直しに手洗いに来ていた。

「ねぇ、信二君ってかっこいいと思わない?」

「そうかなぁ」

「もう、仁美は見る目ないね。まっ、仁美のタイプじゃないか」

「・・・うん・・・」

「仁美は唐沢にしときなよ」

「もう、私はその気ないから」

「まだ言ってんの。まぁいいけど。私は信二君にアタックする」

「・・・そう」

仁美はユミの言葉に不安と共になぜか嫉妬する。
ユミは女から見ても可愛いし、信二は私が合コン来た事に怒ってるしもしかしたら。
仁美は不安な気持ち募る。

唐沢はユミ達が戻ってくると席換えを提案した。
唐沢はすぐに仁美の隣を確保する。
信二の隣にはユミが座る。
ユミは少し酔っているのか信二をうっとりと見つめる。
その様子を仁美は嫉妬と不安から逃さず見ている。

「仁美ちゃん、今度何処かに一緒に遊びに行こうよ」

「うん、そうだね」

仁美は唐沢を見つめ信二に聞こえるようにそう返答する。
信二は仁美の行動に何考えているんだといら立ちが募る。
信二と仁美はもうお互いの気持ちが推し量れ無くなっていた。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2018-03-10(Sat) 22:10:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*