FC2ブログ
アクセスランキング

感度が良すぎて失神しちゃったメル友 2【SEX体験談】

彼女の舌は長くて亀頭に涎を纏わりつかせながら生き物のような動きをしていた。

なんかすっごく気持ちいい。

彼女の髪の毛に隠れてよく見えなかったけど、亀頭を口に含んで舌で舐め始めた。

「んっ」と声が漏れてしまったくらい彼女のフェラは上手だった。

片手で優しく扱きながらゆっくりと上下に咥えながらストロークしている。

ジュバジュルルルと唾液を肉棒に纏わりつかせて耳でもイヤらしさを楽しませてくれる。

自分は遅漏なのでフェラでイクことはないけど、彼女のフェラは風俗で仕込んできたんじゃないのかと思うほど巧みなモノだった。

重ねた枕を背に足を伸ばしている様な格好の自分の股間に四つん這いでフェラをしている彼女。

お尻の丸みからくびれた腰のラインを眺めながら股間に視線を移すと頭がストロークしながら前後左右に動いてる。

チュバチュバ聞こえてきて、なんか気持ちよすぎて頭がクラクラしてた。

「んはぁ・・食べきれないのぉ・・」

そう言いながら口の奥深くまで何度も咥えようとしている。




その台詞と行為にムラムラした自分はベッドの上に立ち上がって彼女の頭を両手で添えた。

仁王立ちの状態で彼女は膝立ちになり、自分の肉棒を舌を出して下から舐めあげてる。

口に咥えてしゃぶり始めた時、頭を押さえて喉元奥深くまで肉棒を突っこんだ。

「ん・・グフッ・・ゴホッ・んん」

亀頭の先が喉の奥に当たっている感触が伝わってきた。

ゆっくり腰を引いてまた奥に当てる彼女は苦しそうな表情を浮かべるものの口から離そうとはしない。

普通そんな事をすると今までの相手は引き離して必ずむせるのに彼女は咥えっぱなし。

ちょっとS心に火がついて彼女の髪の毛を掴み強引とも思わせる勢いでイラマチオ。

「んぐっ・・んんっ・・んぐうっ・・」

口元から涎が垂れてきて乳房に落ちる。

自分に好き放題にされる彼女を見て興奮度が上がる快感も半端じゃない。

「ジュボッジュボッキュボッ」

汁っ気満載の擬音が部屋に響き、興奮しまくった自分は尚も彼女を苦しませる。

しばらくその光景を楽しむ。

「エホッ・・ゲフォッ・・んはぁっはぁっはあっ」

彼女の口から引き抜いた肉棒は涎でべっとべとな状態で、自分の太股まで垂れてきてた。

涙を浮かべながら目をトロンとさせた彼女は口を開けた状態でこちらを見ながら肩で息をしていた。

大きいソファに移動してハァハァ言ってる彼女を股の間に座らせる。

「はぁっ・・はぁっ・・んぐっ」

再び肉棒を口に含ませると彼女は自発的に深く咥え始めた。

「んぐっ・・んぐっううぅ」

奥まで咥えたと同時に髪の毛を掴み押さえつけ、左右に揺さぶる行為を何度も繰り返し、ますます興奮覚めやらぬ自分。

その行為を嫌がらず従順になってる彼女だけど、時折肉棒を離し「んはぁっ」と大きく呼吸していた。

手コキをさせながら亀頭を舌を出して舐めまくらせてると段々とイキそうになってきた。

「んっ」と声に出てしまう程、彼女のテクがすごい。

ツボを抑えてるかのようだ。

「なんだかイキそう、口に出してもいい?」

涎で顔がテラテラ光ってる彼女が・・・。

「うん、いいよぉ・・出してぇ」

フェラと手コキでイったことがないのにとても信じられない出来事だった。

「ジュッボッジュッボッジュッボッ」

彼女が手コキと同時に咥えながら上下に頭を揺らす姿を見ながら限界が近づいてきた。

「あぁ・・もうイクよイクよ」

イク寸前まで我慢しながら彼女の喉奥に向かって勢いよく射精した。

「ドクッドクッドクッドクッ」

すごい快感が脳天を貫いて、女性みたく喘ぎ声が出るんじゃないかと思った程だった。

無意識に彼女の頭を押さえ込んでた手が緩み、彼女はゆっくりと上下運動をして余韻を楽しませてくれた。

その余韻の途中でもドクッドクッと射精が止まらなかった。

こんなに気持ちがいいのは何十年ぶりなんだろうかとも思った。

彼女はゆっくりと口を肉棒から離し、こくんこくんと精液を飲み干していた。

肉棒を手に掴んでゆっくりと扱きながら彼女が言った。

「はぁはぁ・・すっごいたくさん出たねぇ気持ちよかった?」

「うん、すごい気持ちよかったよ苦しくなかった?」

ワインのボトルを取りラッパ飲みしてクチュクチュしながら飲み込んだ後、彼女が言った。

「苦しかったーっもう無理やり奥まで突っ込んでくるから呼吸ができなかったもん。ムフー」

「ご、ごめんね」

「でもねぇ、私ってドMだからさあんな状況でも興奮しちゃうんだよねぇw」

「そうなんだw・・ていうかセックス好きだよね?」

「うん!もう淫乱だと思うwフェラも大好きだから何時間でもしちゃうw」

彼女のドMカミングアウトを聞いて自分もまた興奮、肉棒を弄りながらまじまじと見つめる彼女。

「でも◯◯のコレすごいねぇ、まだカチカチだよぉ~」

尿道を舌の先で刺激してから亀頭をペロンと舐めてくる。

「うん、おいでよ」

「えw・・・」

彼女は嬉しそうに微笑むと自分の上に跨がってきた。

亀頭が乾いてうまく入るかなぁと心配したけど。

アソコに先っちょが触れた時、蜜が溢れててそんな心配も一瞬で消えた。

亀頭全体を蜜で絡ませゆっくりと彼女が腰を落としていく。

「・・・ん・・あ・・あぁ・・ぃた・・」

ぬぬぬぬと彼女の中の暖かい肉襞に包まれていく。

中は狭く、きつい感じがした。

「・・はぁはぁ・・入ったねw」

彼女はそう言うとゆっくり腰を動かし吐息と共に喘ぎ声を出し始めた。

「あぁっ・・おっきい。◯◯のがアソコ一杯に広がってるのぉ・・」

自分の肩に手を添えてスローな動きで腰をうねらせる彼女、その後ゆっくりと腰をストロークし始めた。

「ぁはぁっ・・ぁあっ・・あぁっ」

「どう?痛くない?」

「うん・・だいっ・・じょうぶ・・はぁ・・あぁ」

彼女の腰に手を添えて動きに合わせてストロークを早めてみる。

「ああっぁあっぁああっ・・ちょっ・・すごいっすごいぃ裂けちゃうよぉ◯◯~」

クチャックチャッって音が聞こえてくる。

結構蜜の量が多いのがわかった。

動きもスムーズだし、無茶しても大丈夫だろうと判断。

数分もしないうちに彼女が豹変し始めた。

「奥・・奥に当たって・・イイッイイッイクイクイッちゃう~イッちゃうよ~っ・・」

身体を後ろに仰け反らせて硬直させピクピクと痙攣している。

ハァハァ言いながら彼女は自分にもたれかかってきた。

(なんかあっという間にイっちゃったなぁこの人。まだまだこれからなのに)

以前、別のコと仲良くなった時、そのコも感じやすい体質で攻め続けてたら失神してしまった事があった。

彼女も同様、いやそれ以上に感じやすい体質だ。

このまま彼女を攻め続けてくとどうなるのかな。

目標が出来た。

再びS心に火がついた自分。

腰に当てていた手を小ぶりなお尻に移し鷲掴み、そのまま下から突き上げピストン運動開始。

「あああああぁあぁぁぁぁああぁあぁ」

彼女が必死になって自分にしがみ付いてくる。

「ちょっ・・ま、まって・・ぁああっだめぇっっぁああっ」

硬く目を閉じて喘ぎ声を出す彼女の口は常に開きっぱなし。

髪の毛を掴んで強引にディープキス。

「んふぅっむふぅっあぁぁあっ」

何かを言おうとしてるけど口を塞いでるから何言ってるのか判断できない。

当然鼻呼吸になるからむふむふ言ってるだけ。

それでも下からの突き上げは止まらないから、鼻呼吸じゃ追いつかなくなる酸素を求めて離れようとするが、自分が髪の毛を掴んで後ろから押さえ込んでるので離れられない彼女。

散々藻掻いて髪の毛を掴んでいた手の力を緩めると口元がズレた。

「んはああぁっはぁっはあっはあっ」

彼女の顔がピンク色になってた。

「はぁっ・・もうっ・・酸素が・・足りない・・はあっはぁっあぁっあぁっあぁっ」

再び上り詰めた彼女。

「・・すごいイイっすごいっ・・イクゥぁああああああっ」

女性上位だと楽だから冷静に彼女を見ていられる。

突き上げながらも彼女に腰を振らし前後左右上下と目まぐるしい動き・・・。

「ぁあっあぁっもうダメっダメっお願いっダメェっ」

彼女は冬だけど暖房が止めてあるのにも関わらず汗をかいて、身体を相変わらずピクピクさせている。

身体を起こし彼女を持ち上げソファの上に横たわらさせて正常位の体勢に。

片足を上まで持ち上げて肉棒を再び蜜壷に差し込み怒涛の如く撃ち込み始めた。

身体を仰け反らせ声にならない声を上げる彼女、その視線は自分を見ず宙を彷徨ってるかの様。

「・・・ああああああぁあああぁっダメっいやあぁあああ」

彼女に打ち据える肌と肌の音が響き、喘ぎ声もさらに大きくなった。

「気持ちいい?」

「うんっうんっあぁっ気持ちイイっすごいっすごいっああっああっ」

何度目か分からない絶頂を彼女が迎えながらも、奥で腰を回転させつつ撃ち込み続けると・・・。

「だめぇっもうっ私壊れちゃうよぅっああっああっああああぁ・・・」

頭を左右に振り続け自分の腕を必死になって掴んでいた手の握力がふと緩み彼女の腕が落ちた。

彼女の動きが止まり、顔を覗き込むと少し開いた唇の端から涎が垂れていた。

失神してしまった様だ。

まさか失神するとは思ってなかったけど(結構慌てた)実際目の前で起こるとなにやら達成感が湧いてきた。

ゆっくりとストロークさせながらテーブルに手を伸ばし水を飲むふと時計を見ると4時前!

(もう朝じゃん!)

流石に眠らなきゃ起きてからの予定が狂うと思い、彼女を起こすことに。

頬をぺちぺち叩きながら声をかける。

「おーいおきろよ~、おーい」

目が少し開いた彼女。

「ん・・ぁ、あれ?・・どうしたっけ?私寝てた?・・」

状況が把握できてない彼女に、「イキすぎて気を失ったんだよ、涎たらして」と教える。

「え・・あぁ、ホントに?あっまだ繋がってるじゃんw・・」

上半身を起こして口元を腕で擦って照れ笑いしながら唇から舌を出してた。

「失神って・・初めてかもw」

「うん、いきなり動かなくなってたからねぇ」

「いやー、気持ちよすぎて訳わかんなくなっちゃったー」

「何回イったかわかんないでしょw」

「うん、わかんないw」

「って言うかさ、もう4時だよ、そろそろ寝ようか。明日も仕事でしょ?」

「え、もうそんな時間なの?徹夜はしんどいから寝なきゃね・・って、さっきから何腰動かしてるのよぉ」

彼女の腰を持ってゆっくり動かながら会話してた。

「だって動かしてないと萎んじゃうでしょ?」

「もう・・寝るんじゃなかったのぉ?」

「うんwそうだねシャワー浴びて寝ようか」

クスクス笑いながら彼女はキスをしてきた。

自分の舌に長い舌を絡ませ、腰をゆっくり回転させながら・・・。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


ネットでの出会い | 【2018-03-09(Fri) 22:10:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*