FC2ブログ
アクセスランキング

感度が良すぎて失神しちゃったメル友 1【SEX体験談】

メル友に会いに、週末上京。

夜景が見える高層階に部屋を取って、夜、ロビーで待ち合わせた。

ケータイがブンブン唸って、着信画面を見ると彼女から・・・。

『今ロビーに着いたよ~』

『わかった、降りてくよ』

上着を羽織ってロビーに降りていくと彼女が待っていた。

仕事上がりの彼女は・・・。

「お腹がすいた~どこのお店で食べる?」

「どこでもいいよ、おいしい食べ物ならなんでも」

二人で夜の街をてくてく歩き、イタ飯屋に入る。

彼女と会うのは二回目、まだぎこちない会話をしながら運ばれてきた料理を摘み酒を飲む。

自分より年上で性格は結構さばけてて、付き合ってる彼氏以外にも男がいるみたい。

自分と彼女は身体の関係は勿論なくって、自分は敬語で会話をしてるくらい。

楽しい会話と食事を終えて一旦ホテルの部屋に戻り、最上階のバーに行く。

彼女はお酒が大好きで、自分の2倍の量の酒を飲んでるにも関わらず・・・。




「いつもはもっと飲むんだよ~」

「本当に?すごいねぇ、もう俺はイッパイイッパイですよー」

「でも今日は結構酔ってきたかなぁ」

「そうかぁ、今日はもう疲れてるんだねぇ」

そんな他愛のない会話をしてるともう12時をとっくに過ぎてしまってて・・・。

「あー終電もうなくなっちゃった」

「そうだねぇ、部屋に泊まっていくといいよ、会社もここから近いんでしょ?」

「うん、近い近いここから15分くらいで着くと思う」

「じゃぁ、泊まっていけば?」

「お言葉に甘えてそうしようかなぁ、ベッドも広かったし」

この時点で自分は彼女の身体を求めていなかった。

仲のいい友達だったし、自分は既婚者だから相手もそう思ってないだろうと勝手に思ってた。

部屋に戻ってミニバーに合ったワインを飲みつつ、彼女と会話してると・・・。

「このワインおいしいねぇ~」

彼女カパカパ飲んでる。

10分足らずでもうビンの底が見えてきた。

「でもねぇ、この前失敗しちゃってさ、酔っ払って会社の同僚の男の子襲っちゃってさーw」

デヘヘと笑ってる。

「え、襲ったw?それでどうしたの?」

「まぁ未遂で終わったんだけどね、なんとか誤魔化したのw」

そのとき自分の股間がムクリと動いた。

(あ、しちゃってもいいのかなぁ?いいんだよねコレ?下ネタふってるし・・・)

彼女は背が低くて、体型は普通、胸もそんなに出てない。

理想のタイプとはかけ離れてたんだけど、最近嫁とセックスしてない。

っていうか、月1くらいしかしてないんで溜まってたのもあるんだろうな。

彼女がシャワー浴びてる間、なんかそわそわしてしまった。

バスローブを着た彼女が出てきて、自分もシャワーを浴びて出てくると、「もう眠~くなってきたぁ」とベッドにダイブ。

そのまま中に入り込んでくつろぎ始めた。

時間を見るともう25時を過ぎてる。

そりゃあんだけ飲んでこの時間なら眠くなるわ。

自分も眠いんだけど、やはり身体が浮いたような状態で寝付けない。

隣にメル友とはいえ、そんなに喋ったことない女性が寝てるんだし。

少し時間が経つと彼女の寝息が聞こえてきた。

照明を絞って薄暗い部屋の中をふと見ると彼女の胸が呼吸で上下してる。

仰向けの体勢から彼女が寝ている方に横向きになって、そっとバスローブの胸の位置に手を置く。

心臓がバクバク股間のアソコもはち切れんばかりにギンギンになってたな。

彼女は気付かないので襟を軽く引っ張って、片方の胸を露わにさせBカップくらいの大きさの乳房を揉んでみた。

彼女はとても色白で乳首もピンク色、ますます興奮してきた。

反応がない。

しばらく揉みながら乳首を指先で転がしてると彼女の寝息が変わった。

「ん~・・・ぅう~ん」

甘い吐息と喘ぎ声が混ざり始め、彼女は目が覚めたようだ。

バスローブを両側に引っ張り完全に胸を露出させると片手で乳首を転がしながら、反対側の乳首を吸うと・・・。

「ぁあっうう・・ん・・あは・・んん・・・」

彼女が感じ始めてきた。

乳首を吸い、舌で転がし唇で挟む乳房を掴んでいた手で背中腰太股と優しく撫で回していく。

「はぁ・・はぁ・・はぁん・・いいぃぃ・・あぁ・・・ん」

彼女はバスローブの下に何も身に着けていなかった。

臍の下から股間に向けて指を這わせていくと小さい丘に茂ってる陰毛に触れたからだ。

自分の指が股間に近づく度に彼女の身体はピクピク反応する。

散々焦らして指を谷間に這わせて下に滑らせていくと暖かい蜜で一杯になっていた。

中指ですくってクリトリスの上を軽く一回りさせると・・・。

「はぁっあああぁぁあぁぁ」

彼女がひと際大きく悶える。

優しく刺激しながら攻め続けているとピクピク身体を痙攣させながら喘ぎ声を漏らす。

「ぁあああっはぁっはぁぁィックぅぅ・・イックイっちゃぅ」

彼女の身体が発汗しはじめ腰を浮かせながら痙攣してる。

乳首を吸いながら中指の動きを早めて時々溢れる蜜壷に滑り込ませる。

「あぁっイクっイクっんんーーーーーーーーーっっ」

彼女は絶頂を迎えた後も自分は指の動きを止めず、蜜壷からはさらに蜜の量を増やしていた。

「はぁっはぁっ・・・んはっあぁっあぁ・・」

ここで自分の上半身を起こして彼女の両足を広げ、片腕で片方の太股と腰を固定しながら、もう片方の腕で片側の足を固定すると彼女の股間が薄明かりの中で露わになった。

蜜壷の周りは蜜で光ってる毛も薄くて形がくっきり分かるなんか外人みたいにツルツル。

「ぃやあ・・恥ずかしいぃ・・」

両足をM字開脚した状態で腰を抱えられてるからお尻が宙に浮いている。

そのお尻の中央に中指を立ててゆっくりと蜜壷の中に沈めていく。

「ぁああああっ」

ゆっくりと蜜壷の中を掻き回すと彼女の腰が動き始める。

「ああああ・・ああぁ・・は・・ぁああ」

中指第2関節を立てて、壷の上を強弱をつけて上下させると彼女の声が大きくなった。

「あぁっああっぁあっ気持ちイイっイイっ」

5分もしないうちに彼女はまた絶頂を迎えて痙攣。

それからしばらくGスポットやらアナル側をこれでもかというぐらい掻き回し続けた。

どうやら彼女は一度イクと早い時間で絶頂を迎えるタイプらしくSな自分に火がついてしまった。

「あぁっぁあっあぁっあぁっはあっまたイクっ!イクっイクッぁああああああーーーー」

彼女は自分ばかり攻めてずるいずるいと言いながら、枕を抱き締めて快感に捕われ絶頂へと導かれていった。

それから彼女が横に仰向けにと体勢を変え、四つん這いになったりお尻を突き上げながら感じまくって、自分の攻めを堪能してるのかなぁと思ってた。

「ちょっ・・休憩しよっ・・はぁっねっ?・・はぁっ」

小1時間近くしてたからそれもいいかなと思い。

「うん、いいよ」

返事をして煙草に火をつけたままベッドにあぐらかいてポーっとしてた。

ハァハァ言ってた彼女はグラスに残ったワインを飲み干し、ソファで煙草を吸い終わった後ベッドに帰ってきて隣で横になった。

手を横になってる彼女のお尻に伸ばし、そのまま愛撫をする指を股間に滑らせてみると、相変わらず密が溢れてる。

「ぁあん・・」

彼女は一声漏らすと手を自分の肉棒を優しく掴んで下着の上から上下に扱き始めた。

一息ついてたからすっかり大人しくなってしまってたけど、彼女に扱かれてるとムクムク大きくなってきた。

大きくなると共にピンクの亀頭が下着の上からこんにちわと現れる。

「ちょっと・・なんかすっごく大きくない?◯◯の。パンツからはみ出てきたよw」

「ん、まだ半立ちだよ」

「え・・」

彼女の細い指先で弄られるように扱かれると完全に怒張した自分の肉棒を見て彼女がなんだか呆然としてる。

自分のは結構でかい部類に入ると思う。

今まで関係を持った女性が皆同じ様な台詞を言う。

「でかい」と。

おもむろに自分の下着を脱がし・・・。

「ちょっ・・なにこれぇ、こんなの今まで見たことないw私の手首と太さおんなじじゃんw」

そう言いながら片手で扱き、もう片方の手は亀頭を指先でゆっくりとクルクル撫で回していた。

「こんなに大きいの入るのかなぁ・・・」

なんとなく嬉しそうな表情を浮かべて四つん這いの様な体勢になり、舌を出して亀頭を舐め始めた。

<続く>

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


ネットでの出会い | 【2018-03-09(Fri) 21:10:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*