FC2ブログ
アクセスランキング

性格もよくて色気のある美人系のホステスと友達と俺

俺にとっても友達なんだけど、その子について説明すると、容姿は色気のある美人系で、その事に自覚が無いっていうか、鼻にかけてないんだ。

顔つきは常盤貴子っぽい感じかなぁ。
スタイルも良い。胸もでかいし、脚もきれい。
モデルスカウトも18歳くらいの時にあったらしい。

頭もきれるし、性格も面倒見がよくって、男にも女にも人気あるんだけど、
(27歳になるんだから「女の人」なんだけど、かわいいんで「女の子」)
昼はOLで夜は高級クラブのホステスしてる。
とりあえずA子ってしておくか...。

元々俺の友達がその店の客でA子のこと結構気に入っててよく指名してたんだ。
(そいつは素直じゃないから「あいつが暇そうだし」とか訳わかんない言ってたけど)

店の外で会ってもすっげーいい子で、本当にホステスやってんのかな?て思うくらいで、俺達の社会人サッカーチームを見に来たときも、美人だし、性格いいしであっというまに人気者。

最初は俺の友達の女かな?て思ってた。
でもある夜遅くTELがA子からあって
「今一人で飲んでるから、良かったらくる?」とのこと。

友達に一応
「A子が来る?って言ってるんだけど、いいのか?」
ときいたんだ。




すると意地張っちゃって
「おぉ、行けよ。俺の女じゃないしな。」だって。
慌てて車飛ばして行ってA子のところへ...。

その日はA子も酔ってるし俺もプライドとかあって手はださなかったんだ。
その事でよけいにA子の中で俺のランクはUPしたらしい。

友達抜きで会ったりとかするようになったし、俺としては
「イケルっ」って思ったよ。

何度目か2人で会ったとき、俺精神的にまいってて
「今日は一緒にいてくれ」って頼んだんだ。

A子は少し考えてOKともNOとも言わなかった。
きっと俺の友達の事考えてたんだろう。
A子は俺と俺の友達の両方とも好きだといったから...。

俺はその日はどうしてもA子と一緒にいたかった。(友達の事も考えたが)やや強引に車に乗せて口説いてた。
A子はバイトの仕事柄かうまくかわすんだ。
大人の女だった。今思うとね。

もう駄目だと思ったときにA子の方からキスしてきた!
Hなキスだった。
唇がはなれると、A子はくすくすと笑っていた。

「何で?」って聞くと「男の人に悪いんだけど、かわいかったから」だって!
「あいつとは?」て友達との事をきいても「さぁ?」ときたもんだ。
絶対あいつもA子に躍らされてると確信した。

良い意味で、くぅ~って感じだった。
キスされて黙ってる訳にはいかないんで、何も言わずにホテルに直行!
A子は何も言わなかった。

抱き着いて、キス。何度も舌を入れた。
俺の舌に応えるんだけど、なんかやらしいんだ。(うまいのか)

そしてベットへ...。服をぬがせて胸にキス。
乳首を舌で転がしたりなめたり、A子は感じているのか閉じた瞼が震えてた。

乳首にも刺激を与えて、パンツの上からクリトリスを指でじらすようにさわった。
それだけで十分過ぎるほど濡れてきた。
パンツをぬがしてみると、クリトリスが膨れていた。
舌でねっとりとこねくりまわす。

かわいい声が漏れるたびに、俺は熱中して刺激をくわえた。
指を中に入れて、クリトリスを舌で転がし、空いた手で乳首をつまんだ。

「そんなにいじわるしないで」とA子が泣きそうな声でいうもんだから、指を残したままキスをして、何も言えないようにした。

喘ぎながら「じらさないで、お願い」と言ったので、ゆっくりA子のアソコを確かめるように入れた。
絡み付いてくるようで、すぐにイキそうだった。

泣き声に似た喘ぎ声をききながら何とか我慢して突き上げては、掻き回した。
しがみついてくるA子を見てキスをするとA子の中に出してしまった。


翌朝なにもなかったかのようにA子は振る舞っていた。
今晩も会えるかと聞くと、俺の友達と約束があるので駄目だと言った。

「だって不公平でしょ」と言った。
俺はA子とあいつはできてるのかもしれないと思ってる。
でも俺とも寝たA子。もしかして俺達2人はA子の手のひらで躍らされてるのかもしれない。

2人とも当分A子から離れられないんだろう。
今俺は友達にA子との事を話すべきかどうか正直迷っている。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


飲み屋の女 | 【2018-02-23(Fri) 17:10:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*