FC2ブログ
アクセスランキング

勤めている雑貨のパートの人妻との不倫体験談

私の勤めている雑貨店のパートの人妻との体験を投稿します。
その人妻は36歳で幼稚園の女の子と旦那さんと3人暮らしだそうです。

身長155cmほどで、いつもぴっちりしたジーパンを履いていて、下半身がムッチリしてました。胸は服の上からもわかるくらい大きくて、いつか誘ってみたいと思っていました。

ある日の昼休み、2人きりになった時、思い切って「今度デートしようよ」と誘ってら、「えっ本当、誘ってくれるの」というので、明日の仕事終わった後近くの公園の駐車場で待ち合わせすることにしました。

3時30分に仕事が終わるので、4時に俺は自分のワンボックスカーで待ってました。すると彼女の軽自動車が、隣に止まり、社服を脱いでブラウス姿の彼女を俺のワンボックスカーの後部座席へと案内し、俺も後部座席へ移動しました。

俺の車の後部座席の窓には、ミラースモークシールが張ってあるので、外からは見えないようになってます。

まずは、仕事の話やら、お互いの家庭のことなどから話を進め、だんだんとエッチな方へ、話を持って行き、だんなさんとの事を聞いたら、半年ぐらいエッチはしてなくて少し欲求不満だといってました。

結婚前は、不倫も経験済みだとも言ってました。
俺もだんだん興奮してきて彼女の肩を抱き、「キスしよう」といったら、「外から見えるんじゃない?」というので、「大丈夫。シール張ってるから見えないよ。」というと安心したらしく、俺は彼女の唇にキスし彼女の唇を割るように舌を差し込むと、彼女も舌を絡めてきたので、ブラウスの上から胸を触って見ました。




すると、彼女はうーんと体をよじらせて、息も荒くなってきたので、ブラウスのボタンをはずし、ブラジャーの中へ手を差し入れ直接乳首に触れたら、とても大きく硬くなってたので、ブラジャーをはずし俺の唇でれろれろ嘗め回したら「あー、いやー、すごい気持ちいい。ダメ感じる。」と、腰の辺りをくねくねさせてます。
俺も興奮で、ズボンの前がパンパンです。

「ねー今度は俺のもして。」といったらうなずいたので、ズボンとパンツを一気に彼女にひざの辺りまで脱がされ、ピーンと赤黒く上を向いたちんぽが飛び出しました。
彼女の顔を見たら、目がとろーんとして俺のチンポを見ています。

「口でしてくれる?」といったら無言で、先走り液でぬるぬるのチンポをくわえ右手で、玉をもみもみしてくれました。

2,3分フェラされたらいきそうになったので、「このまま車でやっちゃおうか?」と聞いたら、
「ここじゃなくホテルのほうがいいなー。」というので、発射寸前でしたが、車で5分ぐらいにラブホテルがあるので、俺と彼女は身支度を整え運転席と助手席に別れ、車を走らせました。

ホテルの駐車場へ車を入れ部屋に入るとすぐ、立ったまま彼女を抱き寄せディープキスの始まりです。
舌を絡ませ、彼女も激しく俺の舌を吸ったりしてきます。もう二人の唾液が床へこぼれ落ちるほどでした。

もう立っていられなくなりベッドへ倒れこみ、まず彼女の上半身を裸にして、張りのあるおっぱいと、先っぽが大きい黒ずんだ乳首を指でつまんだり唾でべちょちょべちょにして、いよいよジーパンを脱がしにかかりました。

ジーパンのボタンをはずし、ジッパーをおろすと彼女は脱がせやすいように腰を上げてくれました。
ジーンズを脱がすと花柄の白地のパンティーが現れました。

足をM字に広げると、パンティーのあそこの部分まで汁が染み出てるのがわかります。

「もうパンティーまで濡れ濡れだよ。」と言うと、「そんなこと言わないで、恥ずかしいよ。」「旦那さんも子供もいるのにこんな事してていいのかなー。」と、からかうように言うと、「もう、そんなこと言わないでったら。意地悪。」と、両手で顔を隠します。

その仕草にますます興奮した俺は、パンティーに手をかけゆっくり脱がせました。そうしてまたM字の格好にして、まじまじと彼女のマ○コを眺めてやりました。

結構毛深くぱっくりと割れたマ○コを両手で押し広げると、赤く勃起したクリトリスと、濡れそぼった割れ目を舌で愛撫してあげました。

少し甘くお〇っこの入り混じったような匂いに酔いしれて、だんだん激しくチュウチュウ音を上げながら嘗め回したら、彼女の体は痙攣するように「アー、いっちゃうだめいっちゃうー」と、がくがくさせ1回行ったようでした。

そしてすばやく俺も裸になり、彼女の唇にチンポをもっていき、咥えさせました。彼女はまだ息をハアハアさせながら、さっきの駐車場での続きのように、さおを口に含み玉を手でさすりながら、フェラしてくれました。

俺はアナルも舐めてほしくなり、彼女に顔面騎乗のような格好で、チンポを手でさすってもらいながら、俺のアナルを彼女の唇のほうへ近づけると、なんと、嫌がらず、アナルまで舌を這わせてくれるんです。

俺はますます気持ちよくなり、自分で両手で尻を引っ張りアナルを開くようにして、彼女に舐めさせたら、行きそうになったので、「そろそろ入れるよ。」といって、ゴムなしで、入れました。

中はとろとろで、するりと入り、彼女の大き目の乳首を舐めながらピストンしたり、クリトリスに腰を擦り付けるようにまわしたり、彼女を攻め続けます。

彼女は結構声が大きくうーとかアーとか、獣のような声を出し、「またいっちゃうー」と言うので、「このまま中に出していいか?」と聞いたら「ダメだめ中は絶対ダメ。」と言うので、俺は最後は、バックで行くのが好きなので、彼女を四つんばいにして、彼女の恥ずかしい格好をうしろから十分楽しんでから、挿入し行きそうになったので、彼女の背中に発射しました。

時間は、5時を回ってたので、彼女の子供が帰ってくるから急いで帰らないと、と言うので二人でシャワーを浴びまた会う約束して、その日は終わりました。

会社では、普通に接しています。
その後も、月一ぐらいで関係は続いてます。

彼女は独身時代に付き合ってた不倫相手に、いろいろ教えられたそうで、それで、アナル舐めも抵抗が無いといってました。
好きもの主婦っているんですね。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


職場・取引先など | 【2018-02-18(Sun) 21:10:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*