FC2ブログ
アクセスランキング

帰省の時に子連れでやって来た妻の友達と【不倫体験談】

妻の友達優子が、帰省の時に、子連れでやってきた。
優子は妻の友人として知り合ったが、妻より先に知り合っていたら、たぶん付き合っただろうなと思える女だ。

自宅で夕食を食べる際、ビールを飲んだので泊まる事になった。
子供たちは9時頃眠りにつき、妻と優子と3人で12時頃まで飲んだ。

優子、妻、俺と風呂へ入り、風呂から出ると二人とも布団に入っていた。
リビングで深夜番組を見ていると、寝れなくてと優子がリビングへ入ってきた。

Hな話題もし、盛り上がった後、遅くなったので寝ようとした優子を後ろから抱きしめた。

優子はビックリして「どうしたの?」と言って来たが、そのまま優子にキスをして胸を触ると「ダメ。ダメ」と首を振り唇が外れたので、そのままひざまずき、ズボンとパンティを足首まで脱がした。

優子はその場に座り込み、お尻をついて倒れ、俺は優子の上に覆いかぶさった。
優子は「起きちゃう。やばいよ」と抵抗したが、妻は酔って寝ると朝まで起きないのはわかっていた。(しかしチョット怖かったが)


クリを触ると、さっきのHのリアルな話題のせいか既にしっとりと。
服をあげ、ブラを取ると、35とは思えない張りのある胸で、乳輪の小さな乳首だった。




舌でコロコロすると、声をあげ始めたので、タオルを口に
しばらくすると優子はずぼんの上から股間を触ってきたので、パンツの中へ優子の手を持っていくと、シコシコと手を動かした。

我慢ができなくなり、優子の中へ挿入すると、

「え。。入れたの??やばいよ。中はダメよ」

腰を動かし始めると優子もそれに応えてくれ、最後はお腹に。

テッシュで拭き取り、フローリングで痛いので下半身をタオルで隠しソファーに座った。
余韻の残る優子の股間や太腿を触っていると、優子が身を寄せてきた。

優子が小さな声で「もう1度・・」というので、チンコに精子がついているといけないので、テッシュで拭き取ろうとすると、優子が「私が綺麗にしてあげると」フェラをしてくれた。
そして、座位の状態で優子を受け入れ、最後は優子の口の中で。


朝、優子は何も無かったように、実家へ帰っていった。

その後お互い直接連絡をとることをせず、3年後、優子が家に来た時に、またビールを飲ませ、お泊りコースに。
皆が寝静まった頃、リビングにいると優子がきて、再び抱き合った。

服を脱がすと、ピンクのレースの下着。
レースのパンティからはヘアが透けて見え、優子に言うと、「恥ずかしい、せっかく買ったのに・・」と顔を赤らめた。

「綺麗だよ」とパンティを脱がさず、下半身にキスをし、股間からパンティの中へ指を入れると、大洪水。
パンティを脱がし、股間さわると濡れていて、糸が引いた。

その様子を優子が見ていて、恥ずかしいと言いながら、俺の膝にまたがり抱きつきキスをしてきた。

そして、自分もズボンを脱ごうとすると、優子の汁がズボンにお漏らし状態になっていた。

すっかり感じている優子の声がでないようにと、タオルをかませ、優子に挿入した。

そして翌日何も無かったように帰って言った。
今度いつ会えるだろうか

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


不倫・浮気 | 【2018-02-15(Thu) 10:10:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*