FC2ブログ
アクセスランキング

仲居さんとなぜかエロに発展して【セックス体験談】

家族旅行で、某温泉地に冬に行きました。
父親と僕が四駆の車を所持していて、仕事がどうなるかわからなかったので僕だけ現地集合でした。

結局仕事は予定よりもずっと早く終わり、「これなら別じゃなくても良かったな」と思いつつ現地に到着すると、とっくに到着しているはずの家族がいません。


父親に電話すると、なんと父親に土壇場で仕事が入ってしまい、なんとか「やっつけて」向かっているとのこと。
高速道路も結構混んでいて、かなり時間がかかるだろうと言ってました。


当然旅館には予約を入れていますし、待っていることもない。
先にチェックインしました。

部屋には若い仲居さん(由紀さん)が案内してくれました。

「お若いんですね。
失礼ですが、仲居さんってもっとご年配の女性が多い様な気がするので、ちょっとびっくりしましたよ。しかもお綺麗ですね。」

『まあお上手!でもそんな事おっしゃっても、何にも出ませんよ。』




僕は冗談抜きで若くて綺麗だなと思ったので口にしたのですが、由紀さんは笑いながら答えました。
まあまんざらでもない様ですが。

窓際に座って外の雪景色を眺めていた僕に、由紀さんがお茶を持ってきてくれた時にことは起きました。

畳の縁につまずき、僕は左半身にお茶をかけられてしまったのです!
幸い冬で厚着をしていたのでそんな熱くはなかったのですが、お客様にお茶をかけてしまうという凡ミスに由紀さんは恐縮してしまいました。


『申し訳ありません、本当に申し訳ありません。』

「いや、これくらい大丈夫ですよ!濃い色のセーターですから染みも目立たないし。」

『何かして差し上げられることはありませんか?』

結構冗談も通じそうだったし、僕はちょっと意地悪してみようと思いました。

「だったらそうだなあ、じゃ仲居さん、オッパイ見せてくださいよ?
それでチャラにしますよ。」

『え?お、オッパイですか?』

「はい、オッパイを。」

『・・・・』

さすがに頭ごなしに断れない様です。
僕は十分冗談っぽく言ったつもりでしたが、うろたえている由紀さんがおかしくてもうちょっと言ってみました。
考えればそこで許して上げれば良かったのに。

「ダメ?」

『は、はい。わかりました。あの、オッパイだけですよ?触ったりしないで下さいね?』

何と由紀さんは帯を緩め、前をはだけました。
本当に由紀さんのオッパイを見れてびっくりしましたが、ムラムラきた僕は由紀さんを押し倒していました。

キスしている間に由紀さんを手早く全裸にして、オッパイをなめながら股間に指を突っ込みました。

『今は仕事中だからダメです!それ以上はやめてください!』

「え?今は?後ならいいんですか?」

由紀さんは耳まで赤くしながら言いました。

『は、はい・・』


深夜由紀さんに言われ旅館の外で会った僕らは、終日開いていて誰でも利用できるある公衆浴場(無人でもちろん無料)に「準備中」の札を出し、中で想いをとげました。

だんなさんとはセックスレス状態の由紀さんは、昼間とは打って変わって淫乱。僕が無理に犯すはずが結構求められました。

硫黄が結構含まれている泉質のお湯に、僕の精子と由紀さんのジュースが混じった湯船にゆっくりつかり、お互いをカラダの芯から暖めあいました。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2018-02-14(Wed) 10:10:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*