FC2ブログ
アクセスランキング

誘われた時点でそのつもりだった熟女【出会い系体験談】

セフレ掲示板で女性のほうからメールが来るのはほとんどないのですが、
ホントにたまぁ~にはあるんですね。

彼女からの「プロフィールを見てなんとなく・・」
というメールが来たのが始まりでした。

携帯の方が頻繁にメールができるからと、すぐに携帯メールでのやりとりになりました。

どちらからともなく「一緒に飲みたいね。」
ということになって彼女のセッティングで飲みました。


「楽しかった、また飲もうね。」とハートマーク入りの携帯メールが・・
それから一ヶ月ぐらいあと、今度は私のセッティングで飲みました。

今度は「何かちょと物足りなかった・・」とのメール
結構楽しく飲んで話も弾んでいたので、分からないもんだなと思っていました。


それからは彼女の方からのメールがあまり来なくなって、
こちらからしてもそっけない返事が多くなりました。

三回目を誘っても乗ってこなかったのですが、
それでもやっと約束をして会うことになりました。




二回目以降のことをいろいろと考えた結論として、
今回はダメもとで思い切って誘ってみるつもりで行きました。

駅で待ち合わせて、居酒屋へ、そこは予定どおり定休日でした。
違うところを探しに歩き始めました。

冬の寒い日だったので自然に腕で腰の辺りを抱き寄せるようにしたら、抵抗なく彼女も体を押し付けるようにしてきました。


そのままホテル街へ歩いていきすんなりとホテルの中へ・・
部屋へ行くまで待ちきれなくて、エレベーターで激しいキス

部屋へ入ってすぐに長いスカートを捲り上げて、
パンティの中へ手を滑り込ませると、もうすっかり潤っていて、
指で刺激すると「アァ~ン!」と声を出してしゃがみこんでしまいました。


すでにギンギンの状態の私のものを、彼女の口に含ませ前後に動かすと苦しそうにしながらもしっかりと咥えていました。


逝きそうになったのでそのまま床の上に押し倒して服を着たままでしました。
風呂に入って見ると胸とお腹のあたりは、少し弛みがあって熟女特有のいやらしい体をしていました。

湯船で後ろ向きに抱っこして指で刺激しながら、今までの話を聞きました。
亭主の浮気のこと、会うことになったときには誘われたら最初からそのつもりだったこと。


二回目に会った時も誘われなかったので、もう止めるつもりでいたこと。
今日は自分から誘うか迷っていたことなど、一気に話してくれました。

風呂から出た後は溜まっていたものを全部吐き出すように思いっきり乱れました。
私が攻めているときはされるがままに激しく反応し、
ちょっと休んでいると、すぐに男のツボを刺激して
その気にさせるといった具合で、何度も迫ってきました。


最後は一緒に逝きたいということで、両足を抱え上げ深く入れて思いっきり突いてやりました。

悲鳴みたいな声を出して彼女が逝くのと同時に、私も彼女の中へ思いっきり放出しました。

今でも月に一度ぐらいのペースで会っています。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


ネットでの出会い | 【2018-01-28(Sun) 13:10:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*