FC2ブログ
アクセスランキング

可愛い五十路貧乳おばさんと公園でSEX【出会い系体験談】

出会い系で知り合った50代の人妻熟女とエッチしてきました。


よしえという年増おばさんで小柄で痩せ型なので、あまり目立たない感じですが、かわいい系の五十路熟女。


相手は人妻なので平日の午前中に逢う事になりました。


JRの駅までよしえが車で迎えに来てくれ、その赤い車に同乗して、ちょっと離れた公園へと向かいました。


初めて会った時はお互い緊張していましたが、よしえの方が年上の為か色々話しかけてくれて移動中は楽しい時間を過ごしていました。


公園に着くとさすがに平日のため空いていました。


メールで色々話していたせいか?古い友人のような感覚で公園の中を手をつないで散策デートしました。


僕は独身の上彼女がいないので女性と手をつなぐのは久しぶり


一人で舞い上がっており、会話も上の空というか妄想状態となっていました。




公園は丘状になっており、木がたくさん茂っていたので、僕らのいる場所は表から見えにくい状況であったし、木陰の下にベンチがあったので、可愛い五十路おばさんのよしえを誘導してそこへ二人で座りました。


座ったらよしえの方に手を回し彼女を引き寄せましたが、まったく抵抗せず話を続けています。


僕は勝手に自分の第一印象がよかった。気に入ってもらえたと思い、大胆に髪の毛をさわりながらキスをしてみました。


まったく抵抗しないのでワンピースの上からAカップの貧乳を触ると、よしえも息が荒くなってきました。


僕はこんなに簡単に事が進むものか驚いていました。

後から色々質問してみると、元来頼まれると断る事が苦手な感じだそうです。

気が弱いとゆうよりおおらかという感じです。


ブラは取れなっかたけど、そのブラ以外の下着は脱がし、二人でいちゃついていました。


すると近所のおやじ、50ぐらいの人が足音を立てず近づいてきており、ハッ、と気がついた時にはかなり近くでおやじとと目が合いました。


よしえは目をつぶっているのでまだ気がついておらず、僕は固まっているとスケベおやじが

「いい事してるねー」

と小さな声を出しました。


よしえもさすがに気付きビクンとして目を開けました。


その時はよしえの姿は僕がワンピースの前の小さなボタンを全てはずし、ブラのめくりあがった物体以外は前から胸を含め裸体が丸見えです。

二人は抱き合い隠しました。

逃げようと考えましたが、よしえは走れる状態ではありません。


おやじと喧嘩しても状況は悪化するし、おやじはカメラ持って撮らしてと騒いでる。


おやじは、八百屋の主人のような雰囲気?だった。


数分間一方的におやじが話しかけているうちに、よしえが「顔は撮らないでね。」と小さな声で言うと僕は男にならず、成り行きを見てみることを選択してみた。


そのおやじは手招きをして、よしえの微妙な裸状態を撮影しながら、ぼくらを自分の車(1BOX)まで誘導して車の中へ入った。


おやじは職案へいかずに公園でいちゃつくカップルを探していたようだ。

男性から見ると車の中が凄い準備万端状態であった。

おやじは顔が分からないようにと目隠しをよしえにした。

死んでも君は撮らないから目隠しは無いと僕に言った。


目隠しの在庫は1本らしい。

僕もかなり興奮して大分、おやじのリカバリーをしていた。

おやじも気分をよくして僕に指示を与えてきた。


「彼女とキスして!」「胸をつまんで!」

よしえビクンビクン反応しながら感じてきたころに

「彼のをなめて!」といいながらバンバン写真を撮っている。


なめる動きが早くなると、いい生地の目隠しなのでホドケて、よしえの顔が少しずつ見えている。

よしえの顔も大分写真に納まっていると思うが、当の本人は舞い上がっているのか約束を忘れている?


よしえはなぜか何か声を出しながら僕のをなめてくれた。

主婦のなめ技は気持ちがよく、僕は早く入れたくなり、おやじの指示を待たず押し倒して挿入。


よしえは身長が155cmぐらいでコンパクトなため、正上位では僕の体にスッポリ入り、動きがスムーズに出来、思いっきり突けた。

写真撮られながらのエッチは初めてなのでかなり気持ちがよかった。

20分ぐらいで中だしでイッテシマイた。


息きらして振り返ると助手席のおやじの手にはビデオがあった。

僕の顔が画面に映ったのか、おやじはビデオを切った。

おやじは、後部座席へ移動してきてよしえを起こし、自分の物をなめさせた。

よしえがなめている間、僕はよしえに呼ばれ、ずっとよしえの近くにいた。


というか背後から胸を揉んでいた。おやじは道具を使って長い愛撫をしていたが、よしえがイキソウになったと言うと、おやじはよしえに挿入した。

おやじのモノは僕と同じぐらいだった。


おやじはとてもしあわせそうな顔をしながらゆっくり腰を動かしていた。

よしえもおやじの動きにあわせて長い声でよがっていた。

エッチの時よしえは両手を頭の上に伸ばすのが癖らしい。

おやじの体の向こうにはよしえの手しか見えない。


僕の居場所が無くなり助手席へ移動すると、よしえの鞄があけられて免許書が表に出ていた。


おやじが出しっぱなしにしていた。おかげで彼女の住所と名前がフルネームで分かった。

とり合えず鞄に財布や免許書を放り込み座席に座っていた。

30分くらいでおやじは終わったと思う。

中だしだと思う。


この状態どうするよ?と思っている僕におやじは

「写真DATAを君に複写してわたすから安心しな」

「旦那じゃないんだろ?」「どう見ても夫婦じゃないよ」

「彼女は既婚者だろ」

「彼女を先に返してお茶しよう」

と言った。

よしえはまだグタングタンで目を閉じている。


5分程度後おやじと二人でよしえの服を着させて自分の車に乗せた。

おやじは自分がとった写真とビデオDATAを近くの喫茶店でパソコンを駆使してCDRにして僕に渡してくれた。

おやじはメールアドレスを僕にくれ必要な時は連絡くれといった。


まったくシモベ状態になってしまった。

家に帰って画像を見たが総合的に愛撫のところ意外はあまり良く写っていなかった。

しかしよしえの声と顔はところどころばっちり写っていた。


後日よしえに連絡をとったが本人はビデオ撮りは知らないし、自分の住所がばれているとは思っていないのですんなり許してくれた。

よしえは3Pは初めてと言っていた。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


ネットでの出会い | 【2018-01-25(Thu) 21:10:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*