FC2ブログ
アクセスランキング

妻への思いが再び燃え上がりました【エロ体験談】

妻と結婚して十数年、平凡な生活を送ってきましたが、あるサイトを偶然覗き見たことから私の妻への思いが再び燃え上がりました。


そのサイトは、人妻を盗撮し、それを見た人たちが思い思いのコメントを書いてゆくという、他愛のないものでしたが、セックスレスになりかけていた私(と妻)には、刺激剤のようなものでした。


某所に家族で泳ぎに行った時の妻(38歳)のワンピース型の地味な紺色の水着姿に寄せられる卑猥なコメントと「いつのまにこんな画像を!?」といえる、水着股間のアップ画像を私は食い入るようにながめ、不覚にもオナニーしてしまうほどの衝撃を受けました。


「妻を盗撮された屈辱」より、妻がネット上で「不特定多数の男たちの性欲を刺激」しているということに激しい興奮を覚えたのでした。


それからというもの、妻で他の男を刺激したいという願望が膨らむと共に、そんな妻と自由にセックスする事のできる自分に「強い優越感」さえ感じました。

私の休日に妻と2人して数年ぶりくらいにラブホテルに行き、その水着を着せたまま妻とのセックスを楽しみました。




「どうしたの?ラブホテルなんかに?」とか「水着着るの!?ベットの上で!?」といった妻の質問をのらりくらりとかわしつつ、不特定多数のコメントを思い出しながら水着を脱がさないままに激しい挿入を繰り返すうちに、妻も久しぶりの激しいセックスに「火がついた」かのように大きな叫び声をあげて身を捩じらせるのでした。


水着の上から妻の乳房を揉みしだき、股間部分に顔を埋めながらも画像を見た不特定多数のコメントが頭によみがえりました。

「地味な感じの水着ながらデザインや股のカットがいやらしく、オナニーせずにいられません」とか

「競泳水着のようなカットと身体に張り付く水着のフィット感がこの人妻をいやらしく見せているようで、この格好のままでセックスしたい!!」
という同様の三十近くものコメント・・・

妻はそんな事すら知らず、水着姿で声を張り上げています。


そんな彼らに「妻の恥部を晒したい」、「妻とセックスさせてみたい」との想いが湧き上がると同時に激しい射精感が襲ってきました。

「ああっっ!!久美子っ!いくぞっっ!!」と叫びながら妻の膣内に大量の精液をぶちまけました。

妻も放心したように股間から私の射精した精液を垂れ流し、目をしばたかせ横たわっていました。

「どうしたのあなた?今日は激しすぎよ・・・」

その上気したような表情から結婚前の妻の顔を思い出し、また妻の身体をむさぼりました。


延々4時間もの激しいセックスに、帰宅と同時にソファーに倒れこむ妻でしたが、心なしか綺麗になったように思えました。


某サイトで妻とのセックスを晒しています。
あなたも目にする事があるかと思うと、また今夜も抑えきれずに妻を求めてしまいます。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2018-01-22(Mon) 06:10:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*