FC2ブログ
アクセスランキング

ご近所の可愛い巨乳奥さんを口説いたバツイチ男【人妻体験談】

離婚して5年、一人暮らしにも慣れてきたころ近所に気になる人が出来た。

半年くらい前に出来た建売りに越してきたHさんの奥さん。

童顔だけどかなりのグラマーで、オッパイはGカップくらいかな?


越してきた当時から気になっていたので、まずはお近づきに・・・


毎朝、旦那は早くに出かけて、その後8時過ぎくらいに一人娘を幼稚園のバスに乗せ、それを見送ったあと家に戻るのを見ていたから、そこを狙って声をかけた。


「おはようございます」の挨拶から始まって、天気の事や近所の噂。


そんな世間話をするようになり、かなり親しげに接してくれるようになった。

恵○子という名前もそんな会話から知った。



先週の木曜日、朝から家の前で洗車してた時、いつものように奥さんがバスを見送って戻ってきた。






「おはよう!」と声をかけると「素敵な車ですね!」と、僕のアルファロメオを興味深そうに覗き込んできた。


これはチャンス!・・・


「良かったらちょっとドライブしませんか?」

「え!?・・でも・・・」

「いいじゃないですかお昼までに戻れば」

「・・・・・」

「なんだったらランチでもご一緒に」

と、ちょっとおどけて誘ってみると


「ほんとですか?・・・じゃ着替えてきます」と!!


しばらく待つと、身体にフィットした白いTシャツに7分丈のミモザ色のパンツ、ヒールの高いサンダルに着替えた奥さん登場!!


『かわいい!!』そして胸が目立つ!!


近所の目もあるのでそそくさと助手席に誘い、すぐに車を走らせた。


何処に行くでもなく車を走らせ、他愛もない世間話をしてお互いの家庭の話になった。

僕は今ひとり身である事、仕事は設計関係で自宅が仕事場である事・・・そんな事を。


彼女は僕より10歳年下で結婚して8年、実家は隣の県だという事。


しばらくそんな話をしてから「旦那さんとは上手くいってる?」と、ちょっと突っ込んだ質問をしてみた。


すると・・・


「子供が生まれてからあまりかまってくれない」だって!!


後は早かったな。


「じゃこれからは僕がかまってあげるよ」とか冗談めかしに言って笑わせて、ちょっと会話が途切れた時にさっと手を握って

「案外嘘じゃないんだよ」ってマジな顔で・・・(笑)


彼女は顔を赤くしてうつむいた。


こうなったら速攻!

午前中にもかかわらず、ハンドルを切ってホテルに突入!!

駐車場に停めてビックリする彼女をまたまたマジな顔で

「ごめん、君の事を放っておけないんだ・・・」

と下心一杯でささやき、肩を抱き寄せると抵抗なく僕の胸の中に・・・


そのままチェックイン。

部屋に入るなり後ろから抱き締めて首筋にKiss・・・

振り向かせて抱きしめ今度はディープKiss・・・

後はお互い身体を愛撫し合いベッドに倒れこんだ。


Kissを繰り返しながらTシャツを脱がす。


透けて見えないようにするためか、ベージュの飾り気のないブラを彼女はつけていた。


恥ずかしそうに顔を覆うしぐさがたまらなく可愛い!


7分丈のパンツは細身だからちょっと脱がしにくかったけど、そっと下げると白のレース飾りのついた小さなショーツを履いていた。


出かける前に履き替えてきたのかな?などと考えながら僕も下着一枚になり、改めて彼女を抱きしめた。



耳たぶから首筋、鎖骨から胸元へ唇を這わせブラの上から乳首に口づけをした。


ちょっと息が荒くなってきた彼女の顔を見ながらブラの肩紐をはずし、形の良いおっぱいとご対面!Gカップは大げさだったけどかなりナイス!


小さめの乳首もうすい茶色って感じですでに勃っている。


優しく舌で転がしてあげると、いよいよ荒い息に声が交ってきた。


彼女は僕の背中に腕を回し、自分に押し付けるようにしてきた。

両乳首を味わったあと唇をだんだんと下に・・・


「あ!・・・」という彼女の小さな声を聞きながらショーツに顔を埋める。


足を閉じ腰をくねらせるようにする彼女を優しく愛撫しながら内ももに唇を這わせ、舌でなぞるように舐め上げた。


ショーツの上から秘部に下を這わす・・・


「ダメ・・・シャワーを・・・」


もうお構いなし!そっと太ももを開かせ、ショーツの隙間から舌を入れ花弁をかき回すように可愛がると、またまた声が大きくなってきた。


彼女が腰をひくつかせたのでそっとショーツを取り優しくクンニ・・・


彼女の指が僕の髪をかきむしるように乱れてきた。


ひとしきり感じさせた後再び上に移動し抱きしめてKiss



すると彼女の手が僕の股間に!

ボクサーパンツの上から形を確認するように撫でてくる。


「欲しい?」


彼女は無言でうなづく・・・

僕は四つん這いの形で「いいよ」と言った。


彼女はずるずると下にさがっていき僕の下着を下げ直接手で包んでくれた。


「恵○子・・・」名前で呼んでみた。


彼女は、ちらっと僕の方を見て優しくほほ笑むとそっと口に含んでくれた。


ちょっとぎこちないけど、それがまたたまらないフェラで、もう我慢できなくなりそう!!


玉の裏あたりがツーンとなりそうなのでガバっと体勢を変え僕が上になり、抱きしめるように彼女に覆いかぶさった。



正常位で挿入し、ゆっくりと腰を使い逝きそうになったところで体位を変え、横~後ろと楽しんだ後フィニッシュは再び正常位。


恵○子の可愛い顔を見ながら最後のスパート!!


彼女も何回か逝ったようで最後の押し殺したような喘ぎ・・・


さすがにもう我慢出来ず「恵○子!!」と叫びながら、彼女のお腹の上に果てた・・・


そのあとは、二人でシャワーを浴びてちょっと横になっていちゃいちゃして、気が付いたら昼を過ぎていたので慌てて家に戻った。


約束のランチは出来なかったけど、それはまた今度という事で・・・

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事





エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2018-01-13(Sat) 12:10:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*