FC2ブログ
アクセスランキング

バツイチ子持ちでHカップのバスガイドと交際しています 前編

今、私には一目惚れしてアタックし、お付き合いしている可愛い女の子がいます。
私はT県でバスの運転手をしていて、彼女は隣のF県で僕とは別の会社でバスガイドをしています。

4年前、観光バスを運転して行ったY県で初めて出会ったとき、彼女は人妻で、6ヶ月の赤ちゃんがいるということでした。

今年の2月に偶然再会したとき、彼女は×イチになっていて、彼氏もいないという。


4年前には挨拶程度しか会話しなかったので、正直なんとも思っていなかったのですが、時を経て会ってみると、色白で可愛く、スレンダーなのにHカップの巨乳、そして、東京育ちの私にとってとっても新鮮な彼女の訛りと方言。

話していても彼女は明るくて、しかも同業者ということで話しの内容もあいました。
私はこの年まで独身できたが、結婚するなら田舎の子がいいと思っていたので、私の女の子に対する理想とピッタリ一致する彼女にすぐにベタ惚れしました。


再開後、すぐにメル友になりアタック開始。
1月後に初デートしました。

私の住んでいるT県のN高原でドライブ。
4歳の子供は実家に預けてきました。




途中、山の中にある温泉旅館に寄り、お風呂に入りました。
混浴の露天風呂もあり、私が呼ぶと、タオルで前だけ隠し恥ずかしそうに彼女がやってきました。

でも、さすがガイドさん。
湯船にタオルを浸けるようなマナー違反はしませんし、肩を並べて素っ裸で話しをしていても、物怖じしません。
他に家族連れが入ってきても平気で、度胸もあるようです。

私は温泉めぐりが好きなので、混浴にも快く応じてくれた彼女が益々気に入りました。

その晩は、ラブホテルに泊まったのですが、離婚して以来3年ぶりというSEXに彼女も燃えました。
彼女のアソコは、ショーツを脱がすといっぱいに蜜を湛えており、シャワーも浴びずにクンニしました。

ふぁんと香る、フェロモンに、ヨーグルトのような甘酸っぱいアソコ。
私は匂いフェチでもあり、無味無臭よりも、有味有臭の方がずっと好きです。

夢中でクンニしていると、彼女が私のチンポを咥え、あまり上手とは言えないけど、心のこもったフェラを恥ずかしそうにしてくれました。

『入ってきて』と彼女に言われ、スキンもつけず生身のまま入ってゆきました。
私の決して自慢できるようなものではない粗品チンポでも、彼女の子宮口にコリコリ届き、奥のヒダヒダが雁の部分に絡み付いてきます。

ピストンするたびに、なにやらアソコの中からチャプチャプと音がしてます。
『グチョグチョだね』って私が話しかけると、
『誰がこうしちゃったの?』って恥ずかしそうに微笑み、それから夢中で舌を絡め唇を吸ってきました。

普段は子供っぽい無邪気な笑顔の可愛い彼女が、私とのSEXで喘ぎ、感じ、紛れもない大人の女性の表情を見せてくれています。
綺麗で美しい表情でした。

たまらなくなり力いっぱい抱きしめて猛烈に突きますと、イキそうになってきました。

『イキそうだよ。何処に出す?』と聞くと、
『外に…』というので、ギリギリまでピストンを続けました。

目測を誤って、一射目が子宮口を直撃し、二射目以降が彼女のお腹に。
体を離すとシーツがオネショのような世界地図。

彼女いわく初めての潮吹きだったらしく、中に漏れた精子と一緒にシーツに染み込んでしまいました。

彼女はイキ疲れたのか、私の腕の中ですぐに寝息をたて始めました。
私の熊のプーさんのような体型で安心感があるのか、無防備な寝顔を見せてくれました。


結局、翌朝のチェックアウトまでに、4発も燃えてしまいました。
後の3発は外出ししました。

長くなりましたので続きは次回にします。
次回は初の中出し2回戦の時の話です。
最後に、彼女のこと愛しくて、可愛くてたまりません。
一生大切にしてゆきたいと思ってます。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2018-01-06(Sat) 22:10:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*