FC2ブログ
アクセスランキング

めちゃ臭マンでしたよ~涙【エロ体験談】

俺が就職して、一から育ててくれた先輩(男)が実家の家業を継ぐ事になった。
仕事でもプライベートでも世話になった先輩。実家は遠い。もう会う事が無いかもしれない。

俺は先頭に立って会社のとは別に、仲間内の送別会を計画した。
先輩にその話をすると
「じゃあ、合コンをセッティングしてくれよ 大人数の合コンがいいなぁ、最後位言う事聞いてくれるよな」
……その時の話です。


その日集ったのは、男は会社の先輩、後輩、同期連中15人
女は、俺と後輩の友達と、その友達と、その友達…合わせて14人
集めるのに苦労した。合コンというより、出会い系のパーティー並の大人数。

でもその甲斐あって合コンは大盛上がり
先輩も楽しそうだ。内心『良かった』とホッとしていた。

「おい、I(俺) 最高に楽しいよ今夜は。ありがとな」と先輩。続けて
「よーし!2次会行こうぜみんな!カラオケカラオケ!!」

何台かの車に分乗して、みんなは向かった。
俺は幹事だったので、精算をし、酔い潰れている後輩をTAXIに乗せるまで、責任持って店に居た。
そして自分も向かおうとして店を出ると…

「Iさんカラオケ行きますよね、私トイレ行ってたら乗りそこねちゃって」
「えーっと…君は…」
全員自己紹介したのだが名前が出てこない。

「ヒトミでーす。乗せてって下さい」 




あれだけの大人数。一言も話してない子が居ても不思議ではない。
ヒトミを車に乗せ出発。ヒトミは後輩のツレのツレ
23歳で身長はミニモニクラス。顔はちょっとバカっぽい山田優風

先輩との関係や、さっきあった話をしながら車を走らせる。

「あの…ちょっと話がしたいんですけど…」
意味深な言葉を投げかけてくるヒトミ
さすがに初対面の子に『やだね』と言えず、近くの海辺に向かい車を停める。

「何?話って?」早くカラオケ行きて~
「あの…」

『やだね』と言わなかった事を後悔した。
真っ赤な顔して喋る喋る!その内容は殆どヒトミの事
前彼の事、恋愛の事、出会いの事…正直('A`)マンドクセ
俺は早く先輩の所に行きたかった。イライラ

「ねーねー、I君聞いてるー?」…('A`)ハア?
何時の間にかタメ口になっている。イライラが募る

「もうみんな待ってるから行こうよ、ね?」俺は切り出した。
「えー!もうちょっとー!」
「ダメだよ。こんな車の中で2人っきりでいたら俺キスしたくなっちゃうもん」
観念するはずと思い言ったのだが…

ヒトミは顎を突き出し目は開けたままで「ん~」
完全におちょくってる。俺もいい歳こいてキレちゃいました。
ヒトミの頭を両手で掴むとキスをし、舌をねじ込んだ。

「ん゙ー!!」

ヒトミはビックリして俺から離そうとするが、所詮女の力
心ではオラオラオラオラオラオラーーーー!!離しません

暫くヒトミの舌を味わって離す。ヒトミは口を拭っている。ヘヘーンゴチ
何事も無かったかのように「行こう」クサイ笑顔を振りまく俺

「…」
「どした?行かない?」
「…」
「そんな黙ってるとオッパイ、揉んじゃうぞー!」我ながら汚い笑顔だ
「…」

ショックだったのだろうか黙ってしまう。しかし俺に罪悪感は無い。
ヒトミの顎に手を当てこちらに向かせる。

拒否られるのを覚悟でキスにTRY 今度は目を瞑った。
なーんだヤル気じゃん。妙に冷静な俺
ねっとりとしたキスをし、オパーイを服の上から触る。かなりのモンだ

「あっ…」ヒトミが声を漏らす。シャツのボタンを外し、黄色いブラが現れる。
ブラを捲り上げようとすると「いやっ…」とヒトミ
はいはい、イヤヨイヤヨも好きのうち~♪オパーイオパーイ♪…

あ、あ、あれ!? あのオパーイはドコ行った??
…_| ̄|○パッドカヨ

『いやっ』ってそういう事か…

めげずに、小ぶりのオパーイを揉んで舐めて転がす。
「あっ…はぁっ…」
ミニを捲り、オソロのパンツ登場。ドテ部分をさわさわ・・そのままオカの部分へ
湿ってんじゃーん(・∀・)ニヤニヤ …と、ちょっと待て

車内に異臭がたち込める。
 
…_| ̄|○マソコクサイーヨ

言葉には出さなかったが『はああぁぁぁー』深いため息
何か偽物を掴まされた時の感情に似ている。
今までのイライラとが重なって、もうコノ野郎!状態

パンツを少しずらし、指2本挿入 「うん・・あっ・・あっ・・」よがるヒトミ
オリャオリャオリャオリャオリャオリャオリャーーー!!俺の指達よ、溶けて無くなったらゴメン…
あまりのチーズ臭に本気でそう思った。 

「I君…イレて」

ヒトミが哀願するがヤナこった。とてもあの中に入れる気にならない。

「お前はこれで我慢しろ」
一瞬、団鬼六先生が憑依した。

ウリャウリャウリャウリャウリャウリャウリャーーーー!!指マソを激しく続ける
「あっ、あっ、あっ、イクッ、イッちゃう……んんん…あ゙っ、はぁはぁはぁ」

ヒトミは果てたようだ。

「これしゃぶりたいんだろ?」
一心不乱にしゃぶるヒトミ。ジュポジュポとイヤラシイ音が響く。
センターコンソールで苦しい態勢になっていたが、ヒトミはハンドルと腹の間でチムポにむしゃぶりついていた。

「あっ、イクぞ」

コクリと頷くヒトミを確認し、口の中にブチ撒ける。

「全部飲め!溢すなよ!」

ゴクンゴクンと喉を鳴らせながら飲込む。

着衣を直し、「満足した?」と聞いてみたが無言のヒトミ
ヒトミを見てなかったので、首を縦に振ったか横に振ったかは未確認
その後皆と合流したが、そこに先輩の姿は無し…

「そーいえば居ないッスねぇ Fちゃんと良い雰囲気だったから、2人でどこかしけ込んだんじゃないッスか?」
とは後輩の談 …_| ̄|○アエナカッターヨ


翌日、先輩から電話
「おう!昨日はどうだった?」
「は?何スか?」
「ヒトミちゃんだよ、とぼけんなよー。昨日さぁ、あの子俺にずっとお前の事聞いてたからさぁ、俺がヒトミちゃんにこうしろってレクチャーしたんだよ。店に残ってたろ?俺とアイツはまた会えるから大丈夫、2人で消えちゃえってさ。どうよ?ヤッちゃった?」

先輩の悪知恵が噛んでた事を知り、なんであの状況になったかが把握できた。
でも俺はそんな事より『また会える』の言葉が嬉しかった。

俺は涙が溢れるのをこらえながら
「めちゃ臭マソでしたよ~     」

最後の会話は続いた

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


職場・取引先など | 【2017-12-28(Thu) 01:30:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*