FC2ブログ
アクセスランキング

会社の後輩の女の子との一夜の情事【セックス体験談】

初めて書き込みします。
もう半年前になりますが後輩の女の子との一夜の情事ですが…彼女は弘子と言って社内でも噂が後を絶たないモテる彼女です。

社内の打ち上げ的な飲み会があり何人かで一緒に電車に乗りましたが、僕と弘子は一緒な方向で別の後輩とはうまく別れて二人っきりになり、終電もなくなり、どうしようかと途方に暮れて、とりあえず寝るためにラブホへ…

ラブホに入りエレベーターに乗った後、僕の理性はすでになく野獣になり、思わず彼女の耳たぶに熱く吐息を吹きかけ、君が欲しいとささやけば弘子は色っぽくすでに吐息を…

そして部屋に入り、すでにいきり立ってる僕のあそこを彼女の秘部に押しつけながら彼女の気持ちを高ぶらせる。

部屋に入り彼女を誘うがなかなか彼女も理性をリセットできず、なかなかじらすがそこはやはり男と女が二人っきり。

弘子もしたいはずなのに拒否するが、欲しいとささやけば弘子もまんざらでもない様子だが、まずは臨戦態勢を整える為に僕がシャワーを浴び、汗と酔いを覚ます。

そして弘子にもシャワーを勧めると弘子も汗だくだったのか素直にシャワーへ向かう。




僕は弘子がシャワーを浴びてる所にいきなり何もないかのように彼女に襲いかかってみれば、さすがの彼女も理性の歯止めは利かず、そのままベッドへなだりこむ。

いちようバスタオルでおっぱいを隠し、恥ずかしさを滲み出すが、それを僕は強く剥ぎ取り、彼女のDカップの綺麗なおっぱいが厭らしくさらけ出され、思わず吸い付けば彼女は吐息を漏らす。

そしておまんこに手を伸ばしてみると、彼女自ら触ってもらうのを待ってましたと言わんばかりに股を開き、ぼくの右手は彼女のおまんこに吸い込まれていく。

彼女は濡れないと強がるが身体は素直。すでにおまんこはグチョグチョでクリトリスは大きくなってる!

弘子は決して舐めてとは言わないが、僕がおっぱいから下に身体を下げていくと、舐めてと言わんばかりに足を大きく広げる。

そして足を開き、おまんこに舌を這わせると彼女は舌の動きに合わせてリズミカルに腰を浮かして僕の舌に合わせて腰をくねらし、一層大きく悶えて背中を仰け反らせる!

その時の僕はもうマックスにいきり立ってる!
彼女の口許にあそこを近づけてみると彼女は自ら僕のちんぽを愛おしく扱きながらゆっくりと舌を這わせながらしゃぶり始める!

そんな弘子を見てると僕は彼女のおまんこに入れてる指をより激しく掻き回す!

彼女は欲しいと僕に目を潤ませながら訴えている。彼女の訴えに僕は生で挿入しようとしたが彼女はそれだけは拒否しゴムを装着し、まずは正常位で挿入。

今までで一番の大きな悶えが部屋中に響き渡る。
弘子のおっぱいが激しく揺れ動き、彼女は息を出来ないほど激しく仰け反りながらエクスタシーの快楽に浸っている。
そして彼女のおまんこの中に熱く一回目を発射した。


そして彼女を腕枕しながら会社のことや同僚たちのこと、僕のことなどをしばらく話してると弘子の手が僕のちんぽをしごきはじめて、目を潤ませながら
「弘子もう一回したくなっちゃった」
と言い、いきなり今度はうって変わって積極的にちんぽをしゃぶりはじめる。

しばらく快楽に身を委ねていたが弘子のおまんこをいじってあげようと、お尻を触っていると弘子はいきなり僕の上に跨り、おまんこを口に擦り付け69になる。

弘子のおまんこだけでなくアナルまで綺麗に舐めまわしてやると、弘子も感じるのか、一層激しくちんぽをしゃぶり激しく扱く。

耐え切れず僕から弘子に入りたいと訴えてみると、弘子は騎乗位で激しく腰を振りながら快楽に耽って悶えている。
下から激しく突き上げると弘子も大きな悶えで応える。

最後は弘子が一番好きなバックから突き上げてみると、まるで普段の彼女からは想像もできないほどの隣の部屋にも聞こえるような大きな悶えで僕のちんぽに感じている。

そして彼女と一緒にエクスタシーへと向かった。
最初で最後であろう情事でした。

一緒にエクスタシーへとむかいたい女の子いないかな~?
来週また彼女と飲み会で一緒になります。その時はまた。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[エッチ体験談][OL][生ハメ][中出し][セックス]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


職場・取引先など | 【2017-12-22(Fri) 16:10:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*