FC2ブログ
アクセスランキング

バイト先の塾長は、30代前半の良い女だった【エロ体験談】

大学時代のことです。当時、僕は進学塾で塾講師のバイトをしていました。その塾の塾長は30代前半の女性、真由美さん。いつも明るくって笑顔がとても素敵な人。

仕事の話だけではなく、世間話や趣味についてなど、普段から様々な話をしていました。
その人の引越しを手伝いに行った時の話です。



パソコンのセッティングとかラックや棚の組み立てなんかを手伝い、気がつくと夕方。長居するのも迷惑だろうと、「じゃ、そろそろ俺…」と声をかけると、真由美さんは「帰っちゃうの?」「いや、長居しても迷惑でしょうから」

笑ってその場を離れようとしたのですが…「寂しい…とか言われると困る?」一回り歳の離れたその人が、まるでお姫様のように見えました。

その後、一緒にご飯を食べ、二人でベッドに入りました。経験したことがないくらい、激しいキス。キスだけで、凄く感じてくれる真由美さんが愛しくて、可愛くて、もっと気持ちよくなって欲しいと感じました。


耳、首、乳首…真由美さんの身体はどこも綺麗で、そしてエッチで少し舐めるだけで「んっ・・あぁっ」身体がビクンと反応します。やわらかい胸をもみしごき、乳首をツンツンとつっつき、コリコリとひっかくみたいに弾き、親指と中指で摘んだり指の間で転がします。




「んっ、ダメ、固くなっちゃう・・恥ずかしい」

真由美さんの新鮮な反応が楽しくて、今度は舌先でぺろりと舐めあげ、口に含んでチューチュー吸ったり、レロレロとしゃぶり、そして唇と歯で甘く噛みます。乳首を責めながら、下着の中に手を入れると、溢れた愛液が指に触れます。

「凄い濡れてるよ。可愛い」「んんっ、はずかしぃ・・ダメェ」

人差し指と薬指でおま●こを広げ、中指でクリを優しく刺激すると「ああっ!」と真由美さんはひときわ大きな声をあげます。

指を上下に動かして、弾くみたいにクリをいじると、真由美さんの口から「んっ、ぁあ、ぁあん」甘いというより、狂ってしまいそうな位大きな声が溢れます。

その姿を見ながら、自分のモノも…まるで中学の頃のようにビンビンになっているのに気付きました。それまで同世代の子と交わっても、そんなことはなかったのに、本当に棒のように固くなっていることに気付きました。自分が年上好きなのだと気付いた瞬間です。


今度は中指を中にいれ、入り口の辺りを刺激します。肉襞がもりあがってきて、指を押しつぶすように絡み付いてきます。

「んっ、あぁ、だめ・・いくっ!いくぅっ!」

指でいってもらった後は、舌でご奉仕。足を広げ、真由美さんの顔を見ながら、クリを舐め挙げると、真由美さんは綺麗な顔を快楽にゆがめます。本当にお姫様みたいに可愛くて、犬のようにぺろぺろと舐めます。

壊したくなって、指と舌で1時間くらい奉仕してたと思います。

「こんなにいったの初めて・・ねえ、欲しい」

そんな言葉が嬉しくてギンギンになった自分のモノを見せると、真由美さんも「こんなに固くなってくれて嬉しい」と喜んでくれました。

撫でさすってもらい、ぺろぺろと舐めてもらい、熱いお口と舌がたまらなくて「だめ・・そんなにしたらいっちゃうょ」恥かしいことを言ってしまいました。

真由美さんに覆い被さって挿入。中はとても熱くて、凄く絡み付いてきて、出し入れするたびに、ビクンビクンと締め付けるように反応します。

たくさんキスをしながら、こんなに腰をふったことがないくらい、腰を振り続け、俺のものが入ったまま「ああっ。。だめ、いくぅっ」と真由美さんは何度も絶頂に達し、そして僕も絶頂に達しました。

そんなにたまっていたわけでもないのですが、生まれてはじめての射精量。終わったあとは、腕枕して色々な話をしました。ますます、愛しくなりました。


初めての時から、薄々感じてはいたのですが…真由美さんはMっ気が強く、その後、真由美さんを年上の可愛いお姫様として調教していくことになるのですが、それはまた別のお話。それまで、同世代としか付き合ったことがありませんでしたが、実は年上のお姉様好きなのだという自分の嗜好に気付いた瞬間です。

その後、真由美さんは結婚され、もちろん会うこともなくなりましたが、またあんな幸福感と悦びを感じられたら、と思い、自分はこのサイトに登録したのだろう、と思います。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[エッチ体験談][年上女性][愛撫][クンニ][生ハメ][絶頂][セックス]

関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


職場・取引先など | 【2017-12-19(Tue) 12:10:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*