FC2ブログ
アクセスランキング

風俗で近所の美人奥さんと出会って…【風俗体験談】

つい先日、仕事が急にキャンセルになり時間をもてあました。
たまたま目に付いた夕刊紙の風俗案内で昼間の割引サービスがあるエステにいくことにした。

人妻専門の濃厚サービス・・・とあったが期待しすぎてもいけないので、一抜きしてもらうつもりでいった。

店に入り指名もないのですぐにサービス可能な女性を店に任せた。

自分の番が来て小さな個室に入る。その瞬間凍り付いた。

なんと目の前に見たことのある女性が。向こうもすぐに気がついたようだ。

目の前にいたのは私の娘の幼稚園の同級生の子の母親。
よく私の妻とマンションの入り口ではなしている女性であった。

確かKという名字で、銀行マンの奥様で結構金持ちと聞いていたのだが、こんなところにいようとは・・・

「Kさんですよね?」「はい」消え入るような返事だった。

「お互いまずいところで会いましたね。驚きました」
「ちょっと事情がありまして・・・」

「私、帰りましょうか」
「そんなことされたらお店に怒られますから。サービスさせてください」

そう言うとかいがいしくスーツを脱がせてくれた。




「シャワー浴びていただきますから、裸になってください」

私はパンツを脱いだ。最初、驚いて縮んでいた息子もKさんの香水やショートパンツから出ている意外に肉感的な太股、そして下は裸であろうマッサージ着の胸の膨らみをみて勃起していた。

Kさんは妻よりも2-3歳年下と聞いていたから34歳くらいか。
それにしてもこんなところで近所で評判の美人人妻にサービスしてもらえるなんて、儲けものという気分になった。

シャワーに案内され体を流すとバスタオルをもったKさんが立っていた。
体を拭いてくれた。

伏し目がちに私のペニスをみて「お元気ですね」と言ってくれた。
「美人をみると興奮するからね」と返すと一瞬笑みを浮かべた。

二人とも随分と落ち着いてきて、Kさんも私も開き直っていた。

個室に戻ると定番のマッサージが始まった。
うつぶせになっているので表情は見えないが、一生懸命マッサージする指の動きが伝わる。

「もうここでどのくらいやっているの」と聞くと
「もう1ヶ月ほど・・・でも昼間で週に2-3回だから」

「じゃあ、あまりお金にならないね」
「はい。一般的なマッサージも多くて」

そういえば私は懐具合が今日は良く、割引券もあったのでVIPコースを選んだが他のコースはその半額だし、Kさんの実入りも比例して少ないのだろう。

「スペシャルVIPコースにしてもらおうかな」と言うと
「そんな無理しなくていいですよ」

「でもこんなチャンスめったにないし、Kさんと長くいたいからね」
とフロントに電話して直してもらった。これで時間はたっぷりだ。

「ところでスペシャルVIPコースってなにやるの?」と聞いてみると
「ハイ。私も裸になって、そして最後は素股で・・・」と消え入りそうな声。

「やったことあるの?」
「初めてのご注文です。これまではVIPコースも1度だけで・・・」

「言いたくなければいいんだけど、事情教えてくれる?」と思い切って聞いてみた。

マッサージしながら小さな声で語ったのは、何のことはないご主人がリストラされて失業中で職探し。子供を実家に昼間だけ預けてのバイトだった。
ただマンションのローンがあるので少しでも実入りのいいバイトということでこの世界に飛び込んだらしい。

マッサージ、オイルマッサージと続いて、仰向けに寝てくださいといわれKさんの目の前にペニスをさらした。いよいよエステのサービスが始まる。

Kさんはマッサージ着を恥ずかしそうに脱いだ。大きな乳房がこぼれ落ちる。子供が2人いるはずだが崩れていない。

腰にはしっかりと詰まったような肉があり肉感的だ。色は白く乳首もさほど黒くない。

下のパンツとパンティも後ろ向きに脱ぐ。こんもりと盛り上がった尻の形がいい。

年が若いせいもあるが女房の体とは全然魅力が違う。

振り向く。意外に密生した陰毛。だが手入れをしているのかきれいに生えている。

サービスの一環なのか覆い被さり体を密着させて乳首を嘗めてくれる。
手で持てないくらいの大きな乳房をもみ、乳首を指でいじる。心なしか固くなる。
顔を寄せてきたので唇を出したが交わされる。

「お店ではキスはだめなんですよ」とたしなめられた。

手を伸ばして陰毛をかき分ける。
「Kさん、きれいな体ですね。とても魅力的だ」というと
「お世辞がうまいですね。Tさんのご主人も立派なものをもっています」
といいながら、手でペニスをしっかりと握りさする。

久々にギンギンに勃起していて痛いくらいだ。
ちょうどいい角度にきたので乳首を口に含む。立っている。
Kさんが演技なのかのけぞり鼻息を漏らした。

オマンコに手を伸ばしてまさぐる。何となく熱く湿り気が感じる。
クリトリスを探り当て指の腹で転がす。

「だめです。声がでちゃう。お客様はじっとしていてください」
「こんなチャンスめったにないからいいじゃないか。私にサービスさせて」
といって体を入れ替え、Kさんを下にして覆い被さり乳首に吸い付く。

「大丈夫。キスはしないし本番もしないよ。素股もいらないから私の好きにさせて」というと体をずらし狭いマッサージ台の上でクンニに移る。

横向きの69の形で苦しいが、まだ崩れていないオマンコを堪能する。

その間、Kさんは小さな悲鳴とため息、時折思い出したかのようにペニスに舌をはわして生でフェラチオしてくれる。たぶん生は禁止なのだろうが。
確実に私の唾液以外の愛液がオマンコから感じられた。

「もうだめです。勘弁してください」というとKさんは体を起こした。
そのタイミングで強引に唇を奪った。抵抗しないうえに舌を絡ませてきた。

抱きしめながら乳房やオマンコを愛撫する。
やっと離れると
「Tさんのご主人、からかわないでください。サービス続けます」といって私の股間にうずくまりフェラチオを始めた。

あまりうまくはないが一生懸命しごき吸い付き唾液をはわす。
たわわな胸をもみながら興奮は絶頂にきた。

「Kさん出していいかい」というと銜えながら返事をする。
まさか近所の奥さんの口に射精できるとは・・と考えると我慢できなかった。

たぶん相当の量が放出されたであろう。腰が抜けるほど射精した感じだった。
Kさんは丁寧に最後までペニスを銜えながら搾り取ってくれた。
テッシュに出した精液を出して「Tさんすごいですね。お若いわ」という。

「あなたのご主人よりたぶん7歳くらい上ですよ。」というと
「全然若いですよ。それに大きいし・・・」少し自慢気になった。

シャワーを浴びてさっぱりすると着替えた。
時間がまだあったのでマッサージ台に腰掛けて話をした。丁度手持ちの自由な金があったので3万円ばかり渡した。

「お互いの口止め料にしましょう」というと断ってきたが強引に渡した。すると「私も口止め料払います」といってきた。

では外で会いませんかというとOK。こんなにうまくいっていいんだろうか。
携帯の番号を交換。連絡は彼女からということになった。

時間が来て出るときにKさんを抱きしめ唇を求めた。Kさんは自分から積極的に舌を絡ませペニスの上に手をはわせてきた。

手の中にあるこの体をそのうちに自由に弄べる・・・そう考えるだけでまたペニスは固くなった。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


風俗・デリヘル | 【2017-12-06(Wed) 06:10:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*