FC2ブログ
アクセスランキング

一夜のアバンチュール 後悔していません【セックス体験談】

離婚して3年、市内のスーパーでパートをしていました。

一人になって最初の2年位はそれなりに楽しくてよかったですが、1年ほど前からは夜の一人寝が寂しくなって、無性に男性が恋しくなりました。

ネットでHな画像や動画などを見ては一人で慰めていますが、満足できません。何か日中もイライラして落ち着かないのです。

そこで先日の夜ですが思いきって一人で隣の市の歓楽街といわれる場所に行き、ちょっと中に入った薄暗い通りをぶらぶら歩いてみました。

そこは飲み屋、バー、旅館などが点在しています。
やはり女一人では恐くなり、早足に通り抜けようとしたとき、中年の男の人に、お茶でも飲みませんか…と声をかけられました。

見ると普通のサラリーマン風の人で優しそうに見えました。

なんとなく男の後について行くと、小さなバーに入りました。

男の人も初めての処のようでしたが、私は勧められるままに、カクテルを2~3杯頂きました。

とても口当たりがよかったのでついつい短時間に杯を重ねてしまッたのです。
カクテルとは言っても結構強いお酒だったようです。




そこで男と話した内容はもう忘れましたが、そのうちに慣れないお酒で頭が朦朧として、カウンターに顔をつけたのまでは覚えています。


恥ずかしいですが、気がついたきは旅館の布団の中に…。
いつの間に脱がされたのか全裸でした。

男の片方の手が首に巻かれ、乳首を口に含んで吸いながら舌先で転がしています。もう一方の手は陰毛をかき分けて指が膣の奥まで入れられ出し入れします。

その時私はほんとうに驚きました。
いつも心のどこかでこのような場面を想像していたのは確かですが、それが今現実になって行われているわけですから。

ですから、もうこうなったのも仕方がないと…。そう思いましたら、なにか自分でも信じられないくらい心に裕ができたのです。


男は私が気がついたのがわかったのでしょう。
興奮した口ぶりで、奥さんいい体してますね…と。
そして正常位で入れてきました。

それからはいろいろと体位を変えて攻められました。

終わると男が、ありがとう…よかったよ…というのです。
男もきっと満足したのでしょう。

はっきりいいますと、私も一時は気を失うほど感じてしまいました。
暫く横になったままで直ぐには起き上があがれませんでした。

全く見知らぬ男に身を任せてしまったのですが後悔はしていませんでしたし、むしろ久しぶりに男の肌の感触を堪能したのです。

私たちはそこを出てから駅前で別れました。
男がなごり惜しそうに次の約束をと言っていたようでした。

私は急いでタクシーを拾い、そのまま真っ直ぐ家に帰りました。
一夜のアバンチュールでした。

その半年後、いい人と巡り合って今は幸せな生活をしています。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[エッチ体験談][アバンチュール][セックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


会ったばかりの人と | 【2017-11-27(Mon) 16:10:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*