FC2ブログ
アクセスランキング

射精意欲がどんどん減少した50歳近い彼のエッチ

年が明けると、彼と毎年の儀式を行います。

大事なこの日はラブホテルで、まず剃毛…。
バスルームで、立って片足をバスタブに乗せたかっこうで、かみそりで彼に剃り落としてもらいました。

あ~、前の部分がつるつる、ふにゃふにゃ、くっきりした割れ目から、エッチな部分が見え隠れしてる・・・

セクシーなオープンランジェリーを身につけます。
薄いパープルの、敏感な部分の露出した、ランジェリー
ベッドでいつものように目隠をし、両手首を縛って上へ、足はM字で固定されました。
そして腰枕を入れられて、あそこをいじられやすい格好に・・・


50歳近い彼は、最近は射精意欲がどんどん減少し、自分の快感よりも私を責めることにやりがいを感じています。

「今日は・・・このつるつるの可愛いおまんこがイくのを3回以上は見てから挿入する・・・」
「ああ~ん もたないよう・・・」

恥ずかしい部分をさらしたまま、ランジェリーのすきまから、乳首を念入りにいじられているうち、軽く何度もイってしまってどんどん蜜が流れてきます。




「どうなっているかな?」
指先で軽く下からなぞられ、大きい声でよがってしまいました。
感じすぎる膣口を、そっと撫でられ、うるみが拡がります。
クリトリスのまわりだけをなぞって、じらされます。
まだ触れられていないクリトリスが、固く大きくなって、愛撫を待っています。

くるん。
彼がクリトリスを丸く撫で上げました。

「ああーーーーん!!」
「ぬるぬるだよ」

クリトリスが濡れたところで、彼が何かを取り出します。
花びらを指で開かれ、しっかり剥きだされたクリに、小さいわっかがはめられ、吸い込まれていきます。

「あああんん~!!!!」
「まずはおサネを大~きくしようね」

飛び出したクリトリスに、クリキャップがはめこまれ、そのまま吸引されました。

「あっあっあっ!!!」

吸引されながら、同時に膣の入り口を指が責めてきます。



軽く指を挿入され、思わず腰をふると、クリキャップがぷるぷると動いて、吸引したクリトリスを根元から振動させます。

「あうううう・・・・もうだめええぇ・・・はあはあはあ・・・・・・」
「そろそろいいかな」

クリキャップをゆっくり引っ張りながら、ポンと外されました。
「あう~ん!!」

「クリが大きくふくらんだな~」

彼のあたたかい舌が敏感なクリトリスをとらえてころがします。

「毛がないと舐めやすいよ」
「あああああーーー…」
「今年はじめての絶頂は、自分でイってごらん」
「いやあん」

手首をほどかれ、手を自由にされました。

「オナニーして・・・。見られながら、自分の指で、深く深くいくんだ・・・手伝ってあげるから」

彼が、両乳首の愛撫を始めました。
ちゅっと吸い上げたり、舌や指で先端を舐めたりつまんだりしてくれます。
二つの乳首を刺激されつつ、自分の指先で、ふくらんだクリをそっとこすり上げていくと、快感が腰からわきあがり、熱くなってきました。

一番敏感な三ヶ所責めです…
「ああーいっちゃうう・・・っ」

彼の指が入ってきて、Gスポットをなであげ、私はそのままクリトリスとGスポットの両方で最高に深く達してしまいました。

「落ち着いて・・・まだイかせるんだからね・・・」
「はあああん・・・」
また手首を拘束され、
「次は、ローターでイってもらおうね・・・」

ブイーンという音がして、まだ敏感なクリトリスにピンクローターがそっと押し付けられました。

「きゃああ~ん、だめだめいっちゃうう~!!あっあっあっあ~ん!!」

すぐに2回目に達し、身体をのけぞらせていると彼が抱きしめてくれました。

「まだまだこれから・・・3回目、4回目、潮も吹かせてあげる・・・」

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[エッチ体験談][ローター][Gスポット][潮吹き]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2017-11-19(Sun) 16:10:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*