FC2ブログ
アクセスランキング

まさかあんなところで…【エッチな体験談】

特急列車の車両と車両の間?でやられました
まさかあんなとこで…

急に特急に乗る用事が出来たんですが、夏休みで週末の昼間だからかそれなりに混んでいて、空いている列がなくて、どうせ特急で一駅(30分くらい)だし、車両間のスペースに立っていようと思ったんです。


ちなみに20代前半の女で、服装は胸元までボタンがあるポロシャツ素材の膝丈のワンピースでした。

列車が発車する直前に、スーツ姿の30代後半~40代くらい?の男性が乗ってきて、最初は席を探してうろうろしてたみたいですが、発車してからまた私がいる所へ戻ってきました。

一番端の車両だったので、男性が戻ってくるまでに車掌さんが乗車券を確認して立ち去った後でした。

そのスペースはちょうど私の胸元から上が映る程度の鏡張りになっていて、誰もいなかったのをいいことに、軽く化粧直しをして、汗を拭いた首筋にボディパウダーをはたいてたんです。

そんなことをしていたら男性がいつの間にか背後に迫ってました。
特に私をじろじろ見ることもなかったので、この時点では不審には思ってませんでした。




でも列車が一度大きく揺れた時に、がくんと私に触れられるくらい体ごと倒れかかってきて、大丈夫ですか?と言おうとしたんですが、何故かどいてくれませんでした。

過去にも色々遭っているので、不安になりました。

男性は何も言わずに、自分の太股で私のお尻に触れているような体勢でした。
そのうち手が胸元に近づいてきました。
ボタンは二つだけ開けていたんですが、男性の手で更に下まで外されました。

するっと手が伸びてきて、ブラに触れたと思ったら、すぐにブラの隙間に辿り着いて、直に揉まれました。

Dカップあるので、結構大きいんだね、と小さい声で言われました…
耳元で喋りかけられて、耳が弱いのでうつ向いてしまいました。

男性は両手を使って胸を揉んだり、乳首をつまんだりしてきました。
何故か一番に、誰かが来たらどうしよう、とだけ思いました。

胸だけで済むかと思えば、そんなことはなく、服の上からお尻をじっくり撫でられました。

一駅までがすごく遠く感じられて、うつ向いていると、そのままスカートをたくし上げられました。

男性はパンツを見て、可愛い下着だねとか、あんまりエッチとかしないの?と言ってきました。

変な話ですが、私はちょっと声フェチなところがあって、男性の声が心地よいものだったので、じんわり感じました。

男性はパンツをするっと下ろし、そのまま私に脚を上げさせて、私はパンツを完全に脱がされてしまいました。

反射的に足を閉じようとしたものの叶わず、私がじんわりと感じてしまっている部分へ男性の指が伸びてきました。

濡れてるね、と言われて顔が熱くなりました。
男性は一旦私から離れると、力が入らない私を乗車口の扉の前へ引っ張って、そこでまたスカートをまくられました。

スピードが出ているとは言え、外から見えてしまうんじゃないかと恥ずかしくなりました。

そのとき乗車口ではない車両の扉が開いて、若い男性らしき誰かが通り過ぎました。

男性はスカートをさっと戻してくれましたが、バレたかも知れません…
男性はそのまま私のあそこを指で撫でてきて、クリトリスを攻めてきました。

私が気持ちがよくなって、気が緩んだところで、男性の指が中へ入ってきました。
さすがにそこまでされるとは思わず、パニックになりそうでしたが
きついね、と言われながら、慣らすように指をゆっくり出し入れされました。

時々両手の指で私のあそこを大きく開くような動作をしたり、愛液を内腿に塗りつけたりしてきました。

私のあそこは指が入ってくる度に、ぎゅっと締め付けるような感じになってました。

指の出し入れはだんだんと早くなって、列車の走る音にまぎれてくちゅくちゅいってました。

なんと言うか、ちょっと惜しい感じで、もう少しでイっちゃうのにと思っていたときに、指がすっと抜き取られ、満足したのかな、と思ったら、勃起したモノを露出されました。

私の濡れている股の間に擦り付けようとするので、入れられるのかと本気でこわくなって、やだ止めてくださいと言ったら、
そっか、と言って意外とすんなり止めてくれました。

そのあとは、私は胸元のボタンを閉めて、ノーパンのままで次の停車駅で降りました。
男性は降りてこなかったので、そこまでです…

長い割にオチがなくってごめんなさい。
確かにこわい出来事だったんですが、変なMっ気もあって、何だか体の奥の方がうずうずして、いまいち眠れずにいます。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2017-11-06(Mon) 13:10:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*