FC2ブログ
アクセスランキング

歓迎コンパ帰りの3人の女子大生【タクシードライバー体験談】

私は地方都市でタクシー運転手を16年勤めているものです。
16年も経つと色々と経験しています。

先週末は、某大学の歓迎コンパか何かだと思いますが、23時を廻った辺り、両脇に先輩らしき女性に担がれた泥酔している女性が居ました。

正直、「ゲロ吐かれっと面倒なんだよなぁ・・」と思い、通り過ぎようとしたときに、介抱している女性が手を挙げた。正常な女性が愛内里菜に似ていたため、即停止。目的は、愛内似の自宅を押さえるためだった。

タクシーには、愛内似、泥酔女、そこそこ女の3人を乗せ、指定する地域へと車を走らせた。場所は大学近くのアパートが建ち並ぶ地域であった。

すると、最初に愛内似の女が下車。
その娘は、車を見送るためにずーーーと立ちすくんでいた。
しょうがなく、泥酔女とそこそこ女を乗せ、指示する場所へ移動すると、次にそこそこ女が降りた。

そこそこ女曰く「お金は今支払いますが、彼女の家はすぐそこの交差点を曲がったところにあるアパートですので、起こしてあげてください」とのこと。

こんな事例は稀にあるが、「いいんですか??」と声がけしても、「すぐそこですから」と素っ気ない返事・・・。
まぁ、お金をもらったので、あとはアパート前に着ければいいや。と思い、指定する交差点に行く。




周りは、田んぼばかりの地域。アパート前に着き、起こそうとして声を掛けても泥酔女は反応しない。しょうがなく、運転席のシートの間から躰を揺すっても、全く反応はしない。

そうしている内に、泥酔女の顔が見えた。なんと、安めぐみに似ており、チョー美形!俺は自動ドア側に廻り、起こす振りをし、彼女の顔をじっくり眺めた。

酒臭い匂いはするが、顔立ちはやはり美形である。
「お客さん」と声を掛けながら、肩を揺するが、唸るだけ。
肩を揺する振りをしながら手は彼女のオッパイを揺する。
それでも反応はない。

とうとう俺は、声を掛けずに彼女の両方のオッパイを揉んでしまった。
柔らかい!2・3分揉んでいたが、全く反応はなし。

彼女の歓迎会かどうかは分からないが、幸いなことにワンピースの服装だったため、今度は静かにスカートを捲ってみた。

すると、白い太ももがあらわになり、その奥から水色のパンツが見えた。
脱がそうとしたが、横たわって脚がクロスしている状態なため、ヘアがチョット見えただけだった。

もっと悪戯をしてやりたかったので、背中に手を回し、服の上からブラのホックを外した。またまたオッパイを触るとブラがずれてきて、生乳を触ることができた。
気づかれるとまずい(この段階でアウトですが)ので、乳首は悪戯せず。

それでも起きないので、彼女のカバンを漁る。学生証と部屋の鍵が出てきた。やはり大学新入生であった。

部屋の鍵を見つけ、起きる前に彼女の部屋に進入しようと思い、アパートに行ったが、どの部屋か分からない。

しょうがないので、1部屋1部屋鍵番号を確認して歩いたら、2階の階段近くという事が分かった。

チャイムを押しても誰も出てこないので、ゆっくり鍵を廻す。
中にはいると、まだ整理し切れていないのか、段ボールの箱がいくつかあった。

狙いは彼女の下着類。いくら段ボールを開けていないだろうが、下着は毎日使うのだから、整理しているはず。

読みは的中!プラスチックの衣装ケースの中に小さなお菓子箱を発見。
開けると、赤、紺、黒などのブラやパンツ。それを近くにあったゴミ袋に入れ、室内干ししてあった下着類もゲット。

更には洗濯機に行き、洗濯前の下着もゲット。長時間いると彼女が起きるかも?という予知がはたらき、鍵をかけ直し、車へ戻る。

ゲットした下着類はトランクへ。
車内にいる彼女を見るとまだ寝ている。またまた声を掛けると反応なし。少々よだれを垂らしている。

躰を揺する振りをしながらブラをダメもとで抜き取ろうとしたら、幸いにも肩ひものないヤツで、簡単にゲット。パンツとお揃いの水色だった。
こうなると、パンツと彼女の躰も欲しくなり、半ば強引に仰向け体勢にした。

するとパンツは簡単に脱がすことができ、ヘアも全開。
この段階で理性はすっ飛び、クビ覚悟で挿入しようとしたが、下半身がすっぽんぽんで気づいたのだろう。

いきなり彼女が目を覚まし、
「えっ?あっ?もしかして家に着いたのですか?」「あーーー寝てたぁ。ゴメンなさい」とただただ本人が謝っている。

俺は、「いや、友達が途中まで一緒に乗っていたんだけど、ちょうど今着いたところ。起こそうと思ってドア開けたら、お客さんが起きたんだよ」「お金はさっき降りた友達からもらっているから大丈夫だよ」と安心させるカンジで話をしたら、
「あーーーまたやっちゃったぁ」と言いつつ、車を降りた。

俺はバレル前に(車番や会社名)そそくさと出発。交差点の信号待ちの時、ルームミラーで彼女を見ていたら、一生懸命バックを探して鍵を探している様子。

部屋に戻ったらビックリするだろうね。
何せ、ノーパンノーブラで部屋の中の下着類は一切無いんだから。
こんな派手な酔っぱらい介抱も初めての経験でした。

長文を読んでくれてありがとうございます。
また次回、別な体験談を載せます。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


泥酔 | 【2017-11-02(Thu) 12:10:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*