FC2ブログ
アクセスランキング

経験の少ない従妹に女の悦びを教えた不倫中出し体験談

私は、28歳の商社マンです。

春先に従妹が結婚し、披露宴で初々しい花嫁姿を見て、新郎にいささか嫉妬を覚えました。

従妹は24歳で見合い結婚でした。

従妹がお盆に里帰りした際、私の家にも挨拶に来て帰る際、車で送っていくことになりました。

助手席に乗っている従妹に新婚生活のことをいろいろ聞いたりし

「新婚だから毎晩激しいんだろうなー」と聞くと

「なんのこと?」と聞くので「男と女のセックスだよ、女の喜びに浸っているんだろう」と話すと

「ともひろさんだから話すけど、今まで友達などに聞いてたのとは違うの、前戯はあまりせずにあそこに唾をつけて入ると、いくらもしないで終わるの、セックスってそうなの?」

と聞くので「そんなことないよ、お互いに愛撫し合って気持ち良くなって合体して、いろいろ体位を変えながら愛し合うんだけどなー」と話すと

「私このまま、彼について行けるのかしら」と涙ぐむので、ラブホテルのある方に車を走らせ

「少し休んでゆっくり話をしようか」と聞くと彼女は頷いたのでホテルに車を入れて入りました。




部屋に入り、ソファーに並んで座り

「レイ(仮名)ちゃんの花嫁姿綺麗だったよ、新郎に嫉妬してしまった」と言いながら肩を抱き寄せ

「レイちゃんが結婚したけど、女の喜びとかセックスの喜びを知らずにいたなんて思ってもみなかったよ」

と言いながらふくよかな胸を手のひらで包み込んで揉みあげながら口づけをすると、口をあけて舌を入れて絡ませてきました。

そして「ウウウー」と声を漏らしました。

彼女が「シャワーをしてきたい」と言うので彼女を放すと、彼女は浴室の前で衣類を脱いで浴室に入ったので、私も急いで拭くを脱いで裸になり浴室に入りまいると、彼女はしゃがんで陰部を洗っていました。

私は、ビンビンに勃起てるの彼女に見せつけて

「お互いに洗い合おうよ」と言って、彼女を立たせ向きあったまま手に石鹸をつけて彼女の胸や縊れたウエストを洗いながら「僕のも洗って」と言い、乳房を揉んだり乳首を指先で揉んだりし、彼女が

「ウウウー、アアアー」と声を漏らすので、指先を割れ目に触れると、陰毛は少ない方で、愛液が溢れてヌメヌメになってしまった。

クリを弄り、指で中をまさぐりながら「僕のも握って」と言うと彼女は軽く握り「凄い大きいわ」と呟き、

私が「彼のは?」と聞くと「少しだけ触ったけどこんにおおきくなかったわ」と呟き、私はシャワーで石鹸を流して、おっぱいに舌を這わせながら陰部を愛撫すると

「ウウウー、アアアー」と声を上げるので

「感じるの?」と聞くと「こんな気持ちいいの初めて、気が遠くなりそう」と言うので

「レイちゃん、もっと、もっと、良くしてあげるよ」と言って、しゃがんで彼女の股間に舌を這わせ、片足を持ち上げて肩に乗せて溢れ出てるおつゆをすすり、クリを舐めあげると

彼女は私の肩につかまり「アアー、駄目ー」と言って果ててしまいました。

ベットに連れて行き、首筋から全身を舐めあげ、フェラをしてもい、ヌレヌレになっている割れ目にビンビンに勃起しているペニスを擦りつけ押しこむと、ブッチュとおつゆが噴き出しました。

それから何度も逝かしてから奥深く中出ししました。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


不倫・浮気 | 【2017-10-30(Mon) 10:10:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*